※当ブログはアフィリエイト広告を利用しています。

アーカイブ 焚き火

モンベル【コンパクトファイヤーピット】レビュー

めだゆん

キャンプギアとコスパ系ガジェットをレビューしています。 SNS(X:旧Twitter,Instagram)ではキャンプ関連の投稿をしています。是非チェック&フォローお願いします♪ レビューのご依頼はお気軽に「お問い合わせ」またはSNSのDMへどうぞ!

最近気になっている焚き火台、mont-bell【コンパクトファイヤーピット】をチェックしていきます!

 

モンベル【コンパクトファイヤーピット】はじめに

 

おはこんばんちは!

管理人のめだゆんです。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

めだゆん(medayoon)(@medayoon_photocamper)がシェアした投稿

 

「肌寒くなってくると焚き火が恋しい季節!」

 

皆さんいかがお過ごしでしょうか。

 

これから秋も深まってくると焚き火の温もりが気持ちいい…

 

ということで自然と焚き火台を物色してしまいますよねっ!???

めだちる
もう何台焚き火台持ってんのっ??
めだゆん
5台?6台…?

( º言º)

めだゆん
…(꒪д꒪II

 

まぁキャンプギアにロマンを追求するのも趣味の一環なのでね…!!汗

 

焚き火をする前から(良くない)汗をかいてしまいましたが、本日の本題へ参りましょう!

 

今回チェックしていく焚き火台は、日本人にお馴染みのアウトドア総合メーカーの「mont-bell」のコンパクト焚き火台!

 

携行性に優れるコンパクトモデルで、焚き火はもちろん、調理にも最適なんじゃないかって思いますので、

 

「焚き火」「調理」「コンパクト」

 

の3拍子揃った焚き火台が気になっている方は要チェキですよ!!!

 

モンベル【コンパクトファイヤーピット】スペック

素材 本体:ロストル,底板:ステンレス鋼
重量 910g(950g) ※( )内はスタッフバッグを含む総重量です。
サイズ 高さ19 x 幅14.5 x 奥行き22cm
収納サイズ 高さ20 x 幅14 x 奥行き5cm
耐荷重(静荷重) 約10kg
付属品 ロストル,スタッフバッグ,底板

 

モンベル【コンパクトファイヤーピット】特徴

 

  • 折りたたみ収納コンパクト
  • コンパクトだが長い薪もそのまま使える
  • 専用オプションでさらに使いやすく

 

折りたたみ収納コンパクト

まずはサイズ感についてなんですが、

 

ボクは普段バックパックでキャンプをしていますので、道具をチェックする際には「携行性」は超重要だと思っています。

 

バックパックキャンプの装備紹介!~ロマンと夢をつめこんで‼

今回は私がバックパックキャンプで携行している装備をご紹介していきます!   バックパックキャンプの装備           この投稿をInstagramで見る                 ...

続きを見る

 

mont-bell【コンパクトファイヤーピット】もその名が示す通り、コンパクトであることが特徴

 

収納サイズ

高さ20 x 幅14 x 奥行き5cm

 

これくらいのサイズ感ならバックパックの隙間に入れて持ち運ぶことも可能。

バイクツーリングで荷物をコンパクトにまとめたい方にもオススメ出来るサイズ感なんじゃないでしょうか。

 

肝心の使用サイズですが

収納サイズ

高さ19 x 幅14.5 x 奥行き22cm

 

ボクが普段愛用しているBush craft essentials の【BushboxXL】のサイズが[12.5cmX12.5x19cm]なので、BushboxXLを2つ並べたサイズくらいでしょうか。

(【BushboxXL】は携行性と燃焼性に優れたスーパー焚き火台です🔥気になった方は以下の記事もチェックしてみてください!)

BushboxXLtitaniumチタン レビュー

BushCraftファンの方なら一度は目にしたことのある焚き火台【Bushbox】 念願かなってついに購入することが出来たので開封レビューしていきたいと思います!   BushboxXL t ...

続きを見る

 

【BushboxXL】でも一人分の調理なら十分に可能ですが、一度に2つの調理(お湯沸かしながらフライパン調理など)が出来ないです。

 

作業性を考えるなら少しワイドな焚き火台が良いとは思いますが、そうなってくると携行性に難が生じてきたり…

 

mont-bell【コンパクトファイヤーピット】なら携行性と作業利便性のどちらも両立できそうですね!

 

コンパクトだが長い薪もそのまま使える

焚き火台に必要な機能性に「薪のくべやすさ」は重要だと思います。

 

コンパクトタイプの焚き火台は小型設計になっているので、適宜焚き火台のサイズに合うように薪を裁断したりと準備が必要な場合があります。

 

わざわざ薪を切らなくちゃいけない作業はかなり面倒…。そんな方には小枝などで焚き火が楽しめるネイチャーストーブという選択肢も・・・

 

ソロストーブタイタンレビュー ペレットで焚火してみた

  どもども! めだゆんブログめだゆんです!   今回はボクが愛してやまない二次燃焼ストーブ【ソロストーブ タイタン】のキャンプギアレビューになります!   ソロストーブ ...

続きを見る

 

ですがやはり薪をくべて豪快な焚き火を楽しみたいと思うのがキャンパーの心情!

 

大丈夫です!

mont-bell【コンパクトファイヤーピット】なら長尺(30~40㎝)の薪も切断する必要なく使用することができますよ!

焚火台の前後が写真のように開くことが出来るので、長い薪もそのままくべることが出来ます。

 

またこの設定であれば料理中であっても薪の追加や火吹き棒で風を送ったりすることも容易ですね。

 

mont-bell【コンパクトファイヤーピット】は作業利便性に優れた焚火台であると思います。

 

専用オプションでさらに使いやすく

mont-bell【コンパクトファイヤーピット】はオプション(別売り)の[コンパクトファイヤーピット クッカースタンド]と組み合わせて使用することが出来ます。

[コンパクトファイヤーピット クッカースタンド]の重量は110gなので、焚火台と合わせても約1kgと軽量です。

 

完全なるボク個人の好みの話ですが、バックパックキャンプの場合だとパッキングを考慮しても焚き火台に許容できる重量は1kgくらい。

 

例えばバックパックキャンパーさんに愛用愛用者の多いWolf & Grizzlyの[ファイヤーセーフ]

created by Rinker
ウルフアンドグリズリー(Wolf & Grizzly)
¥10,780 (2024/05/18 22:49:32時点 Amazon調べ-詳細)

この焚火台で重量910gです。

 

ちなみにボクが普段愛用しているBushcraft inc. の[ウルトラライトファイヤースタンド]

この焚火台はメッシュ仕様でフレームはチタンで出来ています。

created by Rinker
Bush Craft ブッシュクラフト
¥6,748 (2024/05/18 02:27:54時点 Amazon調べ-詳細)

その重量は352g!

ウルトラライトファイヤースタンドの強度を高める設営方法!

  どもども! めだゆんブログ、めだゆんです!   今回はBushCraftInc.のフルサイズメッシュ焚き火台   【ウルトラライトファイヤースタンド】の設営レビューで ...

続きを見る

 

重量のみで選ぶと確かに軽さは魅力ですが、焚火台の耐久性(堅牢性)や機能性(使いやすさ)などを加味するとそれに見合う重量であることへの納得も必要でしょう。

 

mont-bell【コンパクトファイヤーピット】は耐荷重 約10kg で小型の焚火台でありながらしっかりとしたスペックであると思います。

 

(以前にボクが所有しているBUNDOK の焚火台[ロータス]の耐荷重をメーカーに問い合わせたことがありましたが、[ロータス]の耐荷重も約10kgと伺っています。)

BUNDOK焚火台Lotus(ロータス)【キャンプギアレビュー】

  どもども! めだゆんブログ、めだゆんです!   今回はコンパクト軽量焚火台 BUNDOK Lotus【ロータス】BD-499のレビュー記事です!   BUNDOK焚火 ...

続きを見る

 

ちなみにピコグリルでも7~8kg程度(スピット使用時)といわれているので、mont-bell【コンパクトファイヤーピット】はコンパクトでありながらもしっかりとした堅牢性を併せ持っていることがお分かりいただけるのではないでしょうか!

 

まとめ

今回のおさらいですが

■コンパクトファイヤーピット 特徴

  • 折りたたみ収納コンパクト
  • コンパクトだが長い薪もそのまま使える
  • 専用オプションでさらに使いやすく

 

折りたたみ式の焚火台本体は専用バッグに収納すれば薄くコンパクトに持ち運ぶことが可能です。

薄型収納はバックパックキャンパーさんでも嬉しい仕様かと。

コンパクトな形状ながら長い薪も楽にくべることが可能な設計になっていて、使いやすさもしっかりと配慮されています。

 

また別売りの専用オプションを使えば利便性はさらに高まります。

焚火台と合わせても約1kgの重量なので、より使いやすさをお求めであれば是非購入を検討されてみてはいかがでしょうか!

 

それでは本日はこれにて!

皆さん素敵なキャンプライフを~☆彡

 

おしまい٩(๑❛ڡ❛๑)۶

 

今回ご紹介した製品

mont-bell【コンパクトファイヤーピット】

▶製品ページはコチラから

 

めだちる
SNSのフォローも是非お願いします♪

■めだゆんOfficialページ:コチラ

▶X(Twitter):めだゆん

▶Instagram:@medayoon_photocamper

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

@medayoon_campがシェアした投稿

 

オススメ記事

ORUベースプレートセット(テンマクデザイン)レビュー

今更ながら、2019年に発売されたテンマクデザインのステンレス製超小型焚火台【ORU(オル)】が気になる!!ってことでチェックしていきます!   アイキャッチ画像出典:tent-mark.c ...

続きを見る

ソロストーブタイタン1年使った感想レビュー

  どもども! めだゆんブログ、めだゆんです!   今回は僕が愛用している   【ソロストーブタイタン】が購入してそろそろ1年が経過しようとしているので、   ...

続きを見る

ウルトラライトファイヤースタンドレビュー メリット・デメリット

  どもども! めだゆんブログ、めだゆんです!   今回はBush Craft Inc. の大人気ロースタイル焚き火台【ウルトラライトファイヤースタンド】の実際の使用感についてのメ ...

続きを見る

QUICK CAMP 焔‐homura- レビュー 焚火陣幕・リフレクターキャンプギア

  どもども! めだゆんブログのめだゆんです!   今回のテーマは焚き火陣幕 【QUICKCAMP 焔‐homura-レビュー】です!   QUICKCAMP 焔‐hom ...

続きを見る

 

ブログ村ランキング参加中!

めだゆん
こちらもポチッとお願いします♪

 

めだゆんブログ|キャンプギア&ガジェットのレビューブログ - にほんブログ村PVアクセスランキング にほんブログ村

ブログ継続の励みになりますので、よろしくお願いします!

-アーカイブ, 焚き火