アーカイブ 焚き火

ウルトラライトファイヤースタンドの強度を高める設営方法!

めだゆん

キャンプギアどばどば・ガジェットちょびちょびレビュー中⤴⤴ SNSフォロー切に願います‼

めだゆんブログ|キャンプギア&ガジェットのレビューブログ - にほんブログ村

 

どもども!

めだゆんブログ、めだゆんです!

 

今回はBushCraftInc.のフルサイズメッシュ焚き火台

 

【ウルトラライトファイヤースタンド】の設営レビューです!

 

ウルトラライトファイヤースタンド はじめに

 

おはこんにちは!

 

今回めだゆんブログでご紹介させていただくのはボクめだゆんも大好きなメーカー様、Bush Craft Inc.大人気焚き火台

 

【ウルトラライトファイヤースタンド】です。

 

ボクは過去にも数種類の焚き火台をレビューしています。

 

結果としてこの焚き火台で4台目になるのですが、お人によっては

 

「焚き火が出来ればどれも同じじゃないの?」

 

と思われる方もいらっしゃることでしょう。

▼めだゆん過去の焚き火台の遍歴についてはコチラの記事で。

ソロストーブをオススメする理由【キャンプギアレビュー】

  どもども! めだゆんブログめだゆんです!   今回はボクの大好きな焚き火台【ソロストーブ】を購入した経緯についてです。   ただただひたすらに   「めだゆ ...

続きを見る

 

ですが一言で[焚き火台]と言っても、その仕様は様々・・・

焚き火台あれこれ

  • サイズ(使用人数、使用時の高さなど)
  • 携行性(重さ・収納サイズ)
  • 燃焼効率
  • 機能性(二次燃焼の有無など)
  • ビジュアル

 

まぁボクのようにロマンギアが大好きな人間にとっては一番は見た目やカタチにまずはときめいちゃうってのが本音ですが💦

 

というわけでなんだかんだと理由をつけて今回購入したBush Craft Inc.【ウルトラライトファイヤースタンド】

 

開封から設営、使用上の注意点など画像を交えてお伝えしていきたいと思いますので、是非最後までお付き合いいただければと思います!!

 

BushCraftInc. ブッシュクラフトとは?

出典:ブッシュクラフト.JP

今回ご紹介する【ウルトラライトファイヤースタンド】はブッシュクラフターに憧れるアウトドアマン御用達のメーカー、Bush Craft Inc. の製品になります。

 

「そもそもBushCraft(ブッシュクラフト)って?」

 

BushCraft(ブッシュクラフト)は現在ではキャンプスタイルの一種として認知されつつありますが、元来は北欧などの自然の中で生活する人々の生活手段として用いられてきた技術や知恵が今もなお受け継がれているものです。

 

BushCraftは昔ながらの原始的な装備を駆使して、アウトドアにおいて自身のスキル(技術・知恵)を用いて自然に適応する、特に男性ならこのサバイバル感にワクワクされる方も多いと思います。

注意!

※自然環境はとても美しく素晴らしいものですが、野外での活動は危険も隣り合わせです。くれぐれも過信せず、注意を怠らず、常に安全を最優先に事故のないように楽しんでくださいね!

 

話を戻します。

 

Bush Craft Inc.ではそんなアウトドアにおけるBushCraftの技術をサポートしてくれる無骨なアイテムを数多く販売されています。

 

自然の中に身を投じて遊ぶ楽しさ…

 

ボクも以前は当たり前のように既製品のテントポールやアウトドアテーブル、大光量のガス式ランタンなど、文明の利器を最大限に利用して快適なアウトドアライフを満喫していました。

 

ですがあるときにBushCraftに強い憧れを持って、テントのポールを自然に落ちている木に変えたとたん、自分の中で「自然の中で遊ぶ楽しさ」を実感しその思いが爆発したのを今でも覚えています。

 

BushCraftはいわゆるキャンプの快適さやラグジュアリーさはありませんが、行為としての楽しさがモノスゴイのです!!

 

今回ご紹介する【ウルトラライトファイヤースタンド】も扱いにはやや一癖あるものの、自然の中に持ち出す焚火の手段(道具)としてはとても快適で何よりも使っていて楽しい製品です!

 

前置きが(かなり)長くなってしまいましたが、早速製品の確認をしていきましょう!

なぁ~~~~~~~~~っがい!!
めだちる
めだゆん
てへぺろ✨

 

ウルトラライトファイヤースタンド(BushCraftInc.)

出典:ブッシュクラフト.jp

内容物 ステンレスメッシュ×1,ステーブルスキッド×2,サイドバー×2
材質 チタン(フレーム)、ステンレスメッシュ(火床)
展開時サイズ 35cm×44cm×8cm
収納時サイズ 約44cm×7cm×7cm
本体重量 352g

特徴

  • 世界最軽量
  • 特許出願済
  • フルサイズ
  • シンプル
  • チタン採用

 

ウルトラライトファイヤースタンド 開封

それではまずは開封から。

今回ボクは【ウルトラライトファイヤースタンド】に加え、同社純正の[ステーブルスキッド][たき火ゴトク Pro]も合わせて購入しましたので、コチラの商品も確認していきたいと思います。

 

まずは【ウルトラライトファイヤースタンド】から。

 

この焚き火台は材質チタンフレームステンレスメッシュの天板ということで、外箱の状態からもうすでに「軽いっ!!」です。

総重量352g

 

▼外箱から出した状態。

 

▼収納袋のところに天板のメッシュがロールして同梱されています。

 

▼収納袋は光沢のあるポリエステル素材です。

 

ウルトラライトファイヤースタンド 組み立て

組み立ては至極シンプルです。

 

▼サイドバー(各2本)をメッシュ天板部に通します。

 

▼左右のサイドバーを跨ぐようにしてメインの土台となるステーブルスキッド(各2本)をはめ込んでいきます。

※この時メッシュの裏表を間違えないように。

 

▼完成です。

 

このままでも焚き火は可能ですが、焚き火で調理する場合などを想定すると五徳の設置をしたいですよね。

 

【ウルトラライトファイヤースタンド】は純正の[ステーブルスキッド]を別途購入することで五徳を設置するための本体フレームを追加することが出来ます。

▼ステーブルスキッド

 

▼組み立て方法は簡単です。本体脚部のステーブルスキッドと同様に逆さに向けて付けるだけ!

 

▼今回は【ウルトラライトファイヤースタンド】と合わせて同社製品の[たき火ゴトクPro]も購入しました。

コチラの[たき火ゴトクPro]は純チタン製のパイプ(6mm)構造になっているので、この製品もかなり「軽いっ!」です。

 

長さ400mm138mmとそれなりに大きさはあるのですが、この独特な形状と材質により軽さ利便性を高めてくれています。

▼焚き火の熱源が集中しやすい中央部にクッカーやシェラカップなどが置きやすい形状になっています。

焚き火ゴトクの設計

出典:ブッシュクラフト.jp

 

▼コチラは実際に【ウルトラライトファイヤースタンド】に乗せたサイズ感。

【ウルトラライトファイヤースタンド】は幅35㎝なので、[たき火ゴトクPro]はほぼジャストサイズで乗せられる感じですね。

 

▼なので少しズレてしまうとこのように落ちてしまいます。

これは[たき火ゴトクPro]がソロハイカーさんなどバックパッカーでも持ち運びしやすいように出来るだけサイズ感を小さく収めた結果。

ブッシュクラフトが好きな方もバックパックキャンプを好まれる方が多いと思いますので、UL化をはかりたい方にはうってつけの製品と言えます。

 

携行性は気にせずもう少し余裕のある安定したサイズ感をご希望の方は、長さ500mmの[たき火ゴトクL]もオススメです。

created by Rinker
Bush Craft ブッシュクラフト
¥5,500 (2022/11/26 07:34:13時点 Amazon調べ-詳細)

 

ちなみにギリギリのサイズ感でやっぱり怖いけど、荷物は軽くしたいから[たき火ゴトクPro]が良いな…と悩まれるかもしれません。

 

そういった場合には焚き火台の上でこのように薪を組んで土台代わりにするなどの方法もあります。

出典:ブッシュクラフト.jp

めだゆん
この方法ならステーブルスキッドを追加しなくても使えちゃいますね!
無駄遣い…したのではないですよね?怒
めだちる
めだゆん
‥‥ゴクリッ💦

 

ステーブルスキッドは天板メッシュ部を上下から固定することで本体の剛性が高まるので、個人的には購入して満足しています。

?

上下にステーブルスキッドがあると剛性が高まるってどういうコト?

 

それを説明するためにはまず『解体手順』をご覧ください。

 

ウルトラライトファイヤースタンド 解体手順

【ウルトラライトファイヤースタンド】の解体手順はとても簡単!!

 

「捻(ひね)ってポンッ!」です!

めだちる
ポンッ…ってなによ…💦

 

左右のサイドバーを互い違いに捻るようにすれば脚部のステーブルスキッドがサイドバーから外れます。

めだゆん
あとはメッシュにステーブルスキッドをクルクル巻けば撤収完了!

 

ここで先ほど言及した『本体の剛性』についてなんですが、

 

実はボクが先ほど設営したように上下にステーブルスキッドが組み立てられた状態だとこの「捻ってポンッ!」が出来ません。

これが何故本体の剛性の話になるのかというと、メッシュ天板に薪を乗せた状態である程度重量がある場合に変に持ち上げたりすると、捻じり方向の負荷がかかってしまった場合に本体がバラバラになる恐れがあります。

 

ボクの経験上の話ですが、【ウルトラライトファイヤースタンド】は軽いので焚き火の風向きを調整しようとしてついつい持ち上げてしまいます。

※焚き火中の焚き火台の操作は推奨しません。

 

上の動画のように上下にステーブルスキッドがあると簡単には本体が解体されることはないので、個人的には購入してとても満足しています!

ただ使用上の配慮やその他別途五徳などで対応できる方はステーブルスキッドは必ずしも必要ではないため、ご自身の使用用途や環境に応じてご購入をご検討下さいね♪

 

おわりに

今回は【ウルトラライトファイヤースタンド】の概要と設営方法をお伝えしました。

 

これじゃこの焚き火台の良さが分からないのだけど…
オススメなの?どうなの?

 

ボクもこの記事を書きながら同じような思いですが、、、、

次回は【ウルトラライトファイヤースタンド】の特徴や実際に使用してみた感想などお伝えできればと思います。

 

めだゆんブログではファミリー・ソロ・デュオ問わず、ボクめだゆんが気になったキャンプ用品を多数レビューしていますのでこの機会に是非♪

 

それでは今回はこのへんで✋

おしまい٩(๑❛ڡ❛๑)۶

 

今回ご紹介した製品

ウルトラライトファイヤースタンド

出典:ブッシュクラフト.jp

created by Rinker
Bush Craft ブッシュクラフト
¥7,821 (2022/11/25 19:02:07時点 Amazon調べ-詳細)

 

■ステーブルスキッド

created by Rinker
Bush Craft ブッシュクラフト
¥6,088 (2022/11/25 18:25:42時点 Amazon調べ-詳細)

■たき火ゴトクPro

created by Rinker
Bush Craft ブッシュクラフト
¥6,160 (2022/11/26 14:36:52時点 Amazon調べ-詳細)

 

主人のTwitterもフォローお願いします♪
めだちる

 

▶Instagram:@medayoon_camp

 

【ウルトラライトファイヤースタンド】の使用感についてはコチラ

ウルトラライトファイヤースタンドレビュー メリット・デメリット

  どもども! めだゆんブログ、めだゆんです!   今回はBush Craft Inc. の大人気ロースタイル焚き火台【ウルトラライトファイヤースタンド】の実際の使用感についてのメ ...

続きを見る

めだゆん
実際に使用した感想をふまえて、オススメのポイントや注意点をお伝えしています!

【ウルトラライトファイヤースタンド】にオススメのゴトクをご紹介

ウルトラライトファイヤースタンド オススメゴトクはコレだ!!

  どもども! めだゆんブログ、めだゆんです!   今回はBush Craft Inc. の直火感覚を楽しめるロースタイル焚き火台[ウルトラライトファイヤースタンド]に最適な【オス ...

続きを見る

2種類のゴトクを実際に使用して検証しています!

 

オススメ記事

▼BUNDOK焚き火台【LOTUS】

BUNDOK焚火台Lotus(ロータス)【開封レビュー】

  どもども! めだゆんブログ管理人めだゆんです!   今回は前回に引き続きBUNDOK(バンドック)焚火台【Lotus (ロータス)】の開封レビュー記事になります!   ...

続きを見る

 

▼二次燃焼ストーブの定番ソロストーブ【タイタン】

ソロストーブタイタンレビュー ペレットで焚火してみた

  どもども! めだゆんブログめだゆんです!   今回はボクが愛してやまない二次燃焼ストーブ【ソロストーブ タイタン】のキャンプギアレビューになります!   ソロストーブ ...

続きを見る

 

▼焚き火台亜種??【ミニかまど】

「ミニかまど」がキテる!?【キャンプギアレビュー】

  どもども! めだゆんブログめだゆんです!   今回は密かにキャンパーさん界隈でブームが予感される【ミニかまど】のレビュー記事です!   ミニかまど レビュー はじめに ...

続きを見る

 

スポンサーリンク

 

めだゆん
こちらもポチッとお願いします♪

PVアクセスランキング にほんブログ村

めだゆんブログ|キャンプギア&ガジェットのレビューブログ - にほんブログ村

-アーカイブ, 焚き火