※当ブログはアフィリエイト広告を利用しています。

アーカイブ クッカー・バーナー・保冷グッズ

trangiaケトル0.6Lと0.9Lオススメは?レビュー

めだゆん

キャンプギアとコスパ系ガジェットをレビューしています。 SNS(X:旧Twitter,Instagram)ではキャンプ関連の投稿をしています。是非チェック&フォローお願いします♪ レビューのご依頼はお気軽に「お問い合わせ」またはSNSのDMへどうぞ!

今回はtrangia(トランギア)ケトルをご検討中の方に「0.6Lと0.9Lの比較」についてご紹介しながら、それぞれ「どちらのサイズがオススメか?」についてボクの所感をお伝えしていきたいと思います。

 

トランギアケトル0.6Lと0.9Lオススメは?レビュー

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

めだゆん(medayoon)(@medayoon_photocamper)がシェアした投稿

 

「それは悩ましい決断ですね」

 

どもども!

当ブログ管理人の めだゆん です!

 

皆さんはまだまだキャンプを楽しんでいらっしゃいますでしょうか!

 

最近はコロナ禍を背景にブームになっていたキャンプも段々と落ち着きをみせているようですが

 

「そんなの関係ねぇ!!」

 

ということでずっとキャンプがマイブームの僕です!

 

最近もキャンプ道具をちょいちょい買い足していて、このブームいつ終わるんだろ‥‥と逆に悩むレベルですが、、、

 

そんなキャンプ道具好きの僕が今回お伝えするのは

 

「トランギアケトル、どれを買うか問題」

 

"問題"とか少し大げさな言い方になってしまったかもしれませんが、

 

これからトランギアケトルを購入しようとお考えの方の中には

 

どのサイズを買えばいいのか迷っている

 

という方もいらっしゃることでしょう!

 

そんな方に向けて、今回は

 

【トランギアケトル0.6Lと0.9Lオススメは?】

 

についてお伝えしていこうと思います!

 

トランギアケトルの種類について

トランギアは1925年にJohn E.Jonssonによって創設された会社で、本社はスウェーデンにあります。

 

このトランギアという名称は、トランギアが生まれたスウェーデンの地名「Trångsviken」と、

 

トランギア製品がアルミニウムであるという意味を示す「in aluminium」の「 i a 」を掛け合わせたものが語源となっているようです。

 

そんなアルミニウム製品を長年製造してきたトランギアでは、現在3タイプのケトルが販売されています。

 

trangia Kettle

出典:trangia.se

コチラがもっともベーシックなタイプで、蓋のノブ及びハンドルカバーがプラスチックになっています。

 

サイズは

  • 27small(0.6L)
  • 25Large(0.9L)
  • 245(1.4L)

 

3サイズ展開です。

 

trangia Kettle Stainless steel knob

出典:trangia.se

コチラは蓋のノブのみがステンレスになった製品です。

 

サイズは

  • 27small(0.6L)
  • 25Large(0.9L)

 

2サイズです。

 

trangia Kettle 824/924

■ trangia Kettle 824

出典:trangia.se

■ trangia Kettle 924

出典:trangia.se

 こちらは側面にアルミニウムハンドルがついたタイプのケトルになります。

 

容量はどちらも0.9Lのみです。

 

ハンドルの先端部に枝などを挿してハンドルを延長することが出来ます。

ハンドルは取り外してケトルの中に収納することもできますよ。

 

トランギアケトル 重量による違い

trangiaで取り扱いのある全ケトルの重量を以下に記載します。

 

製品名 重量
trangia Kettle 0.6L 127g
trangia Kettle 0.6L(ステンレスノブ) 127g
trangia Kettle 0.9L 175g
trangia Kettle 0.9L(ステンレスノブ) 175g
trangia Kettle 824 0.9L 189g
trangia Kettle 924 0.9L 195g
trangia Kettle 1.4L 201g

 

全ての製品が基本的にアルミニウムで出来ているため、それぞれサイズ(容量)ごとの重量差は概ねありませんでした。

 

サイズが大きくなるにつれ重量も増していきますが、Smallで127g、Largeで175gなのでその差はわずか約50g

 

よほどのこだわりがなければ重量差はアドバンテージになるとは言い難いですね。

 

トランギアケトル 製品寸法による違い

携行性の観点から製品寸法(サイズ)も重要な要素であると思います。

 

特にバックパックでキャンプをする場合、少しでもサイズの小さなものがパッキングには有利です。

 

S(0.6L)とL(0.9L)の各サイズ

 

S(0.6L)とL(0.9L)の各サイズ

S(0.6L):Ø134×70mm

L(0.9L):Ø152×85mm

 

製品サイズを数字のみで見るとそこまで差がないように感じますが、実際の製品では L(0.9L)は少し大きく感じると思います。

 

実際に僕が所有しているケトルで比較してみます。

 

▼横から

▼上から

▼底から

めだゆん
底から見たものが分かりやすい??

 

キャンプ道具はギアコンテナなどのハードボックスで荷物を管理している場合はどちらを選んでも問題ないと思いますが、

 

ボクと同じバックパックキャンプがメインという方であれば Small(0.6L) が無難なサイズと言えるでしょう。

 

トランギアケトル 容量による違い

続いてはケトル使用時の実用面に関わる「ケトル容量」について。

 

ボクは自宅でもトランギアケトルを愛用しており、ほぼ毎日このケトルでお湯を沸かしています。

 

キャンプのみでなく、普段使いしたいという方もいらっしゃるかと思いますので、是非参考に。

 

trangia Kettle 0.6L

【トランギアケトル 0.6L(27small)】の使用感について。

 

この容量は間違いなくソロキャンプに適した容量だと思います。

 

カップラーメンであれば300mlくらい(大きいカップ麺だと500mlほど)なので、この容量で十分対応できるかと思います。

 

ボクは普段、妻とのデュオキャンプがメインですが、2人分のコーヒーをいれるだけであればこの容量で事足ります。

 

ただ自宅でたっぷりサイズの飲み物を用意する場合には2人分のお湯を確保することが出来ないため、時折ではありますが容量の少なさに不満を感じることがありました。

 

なので(個人的には)【トランギアケトル 0.6L(27small)】はソロキャンプのみ推奨できるかな、と思っています。

 

trangia Kettle 0.9L

【トランギアケトル 0.9L(25Large)】の使用感について。

 

「どの方にもオススメする」ということを前提にするのであれば、間違いなく【トランギアケトル 0.9L(25Large)】をオススメします。

 

バックパックキャンプには確かに大きいサイズですが、900mlという容量の安心感はソロキャンプでも扱いやすいサイズになります。

 

もちろんデュオ以上なら間違いなくこのサイズです。

 

ケトルはアルミ製で熱伝導が良いため、ステンレスや鉄製に比べても屋外でお湯を沸かすのに有利です。

 

なのでお料理の際にもケトルでお湯を沸かす方が効率的な場合があります。

 

容量に不安を抱えたくない方は間違いなく【トランギアケトル 0.9L(25Large)】がオススメです!

 

おわりに

今回はトランギアケトルのオススメについてボクの所感をお伝えしました。

 

登山やバックパックでのキャンプであれば

 

【トランギアケトル 0.6L(27small)】

 

オートキャンプや2-3名でのキャンプであれば

 

【トランギアケトル 0.9L(25Large)】

 

をオススメします。

 

ご自宅でも湯沸かしとしてお使いになりたいのであれば、【トランギアケトル 0.9L(25Large)】がベターな選択だと思います。

 

繰り返しにはなりますが、容量に少しでも不安に思われるのであれば大きいサイズを選びましょう。

 

それでは本日はこれにて✋

皆さん素敵なキャンプライフを~☆彡

 

おしまい٩(๑❛ڡ❛๑)۶

 

trangia Kettle

trangia Kettle 0.6L

created by Rinker
trangia(トランギア)
¥2,900 (2024/04/17 01:41:11時点 Amazon調べ-詳細)

trangia Kettle 0.9L

created by Rinker
trangia(トランギア)
¥2,487 (2024/04/17 04:47:44時点 Amazon調べ-詳細)

 

trangia Kettle 0.6L(ステンレスノブ)

created by Rinker
trangia(トランギア)
¥3,080 (2024/04/17 01:41:12時点 Amazon調べ-詳細)

trangia Kettle 0.9L(ステンレスノブ)

created by Rinker
trangia(トランギア)
¥2,726 (2024/04/17 01:41:13時点 Amazon調べ-詳細)

 

trangia Kettle 924(0.9L)

created by Rinker
trangia(トランギア)
¥2,990 (2024/04/16 05:59:35時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

めだちる
SNSのフォローも是非お願いします♪

■めだゆんOfficialページ:コチラ

▶X(Twitter):めだゆん

▶Instagram:@medayoon_photocamper

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

@medayoon_campがシェアした投稿

 

コチラも是非!

ストームクッカー(trangia)|スタッキングオプション レビュー

僕がストームクッカーを購入した際に、はじめに購入した純正オプション及びスタッキング可能なカスタム品をご紹介していきます!   ストームクッカー❘スタッキングオプション レビュー       ...

続きを見る

Trangiaストームクッカー全種比較(購入時に悩んだ話)レビュー

今回はTrangia 【ストームクッカー】を購入する際に「製品比較(どれを選ぶか)」で凄く悩んだ経験のお話をしていきます。   Trangia【ストームクッカー比較】どれを買う?レビュー & ...

続きを見る

ストームクッカーLウルトライト(トランギア)レビュー

今回は先日購入したトランギア【ストームクッカーLウルトラライト】の開封レビューをしていきます!   ストームクッカーLウルトライト(トランギア)レビュー   おはこんばんちは! 当 ...

続きを見る

ソロキャンプ フライパン オススメの大きさは20cm!

ソロキャンプで使用するフライパンのオススメの大きさは直径約20㎝です!   ソロキャンプ フライパン オススメの大きさ           この投稿をInstagramで見る         ...

続きを見る

 

オススメ記事

LOGOS 23式ハンゴウ(2合)が出るぅぅ‼【キャンプギアレビュー】

アイキャッチ画像:logos.ne.jp   どもども! めだゆんブログ、めだゆんです!   ついに、ついに!!   国内大手アウトドアブランドであるあのLOGOSから ...

続きを見る

ウルトラライトファイヤースタンドの強度を高める設営方法!

  どもども! めだゆんブログ、めだゆんです!   今回はBushCraftInc.のフルサイズメッシュ焚き火台   【ウルトラライトファイヤースタンド】の設営レビューで ...

続きを見る

ソロストーブタイタンレビュー ペレットで焚火してみた

  どもども! めだゆんブログめだゆんです!   今回はボクが愛してやまない二次燃焼ストーブ【ソロストーブ タイタン】のキャンプギアレビューになります!   ソロストーブ ...

続きを見る

バックパックキャンプ サイズ(容量)選び方を解説!

どもども! めだゆんブログ、めだゆんです!   今回は   【バックパックのサイズ(容量)選び方】   について僕の所感を含めて解説していこうかと思います!   ...

続きを見る

 

ブログ村ランキング参加中!

めだゆん
こちらもポチッとお願いします♪

 

めだゆんブログ|キャンプギア&ガジェットのレビューブログ - にほんブログ村PVアクセスランキング にほんブログ村

ブログ継続の励みになりますので、よろしくお願いします!

 

 

 

-アーカイブ, クッカー・バーナー・保冷グッズ