※当ブログはアフィリエイト広告を利用しています。

アーカイブ ランタン・ライト

キャンパー推しコンパクトLEDライトのオススメレビュー

めだゆん

キャンプギアとコスパ系ガジェットをレビューしています。 SNS(X:旧Twitter,Instagram)ではキャンプ関連の投稿をしています。是非チェック&フォローお願いします♪ レビューのご依頼はお気軽に「お問い合わせ」またはSNSのDMへどうぞ!

これからキャンプ始めたいけど「LEDライト選びで悩んでる」という方はご一読ください!

 

キャンパー推しコンパクトLEDライト/ランタンオススメレビュー

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

めだゆん(medayoon)(@medayoon_camp)がシェアした投稿

 

「絶対に1つあると便利だから✋💥」

 

どもども、管理人のめだゆんです。

 

キャンプ楽しんでますか?

それともこれから始めてみようとお考えですか?

 

必要なキャンプ道具は数多くあれど、その中にも「必ず必要なもの」「あると便利なもの」「そこまで必要ではないもの」など、まぁ色々とありますよね。

 

今回のテーマは

 

【コンパクトLEDライトのおすすめ】

 

ということで、、、

 

コンパクト系LEDライトは正直持っていなくてもキャンプはなんとかなります。

 

しかし!!!

 

しかしですよ、LEDライト(ランタン)は持っていると何かと便利であることは確か!

 

かくいうボクも、かれこれ数年間キャンプを主な趣味としていますが、所有しているLEDライトは既に7つ

めだゆん
キャンプギアの妖精さんに魔法かけられちゃったのかな✨
・・・・・怒
めだちる

(ll ₃ )

 

7つのLEDライト全て持っていくことはほぼありませんが、なんだかんだで追加購入してしまうほどの魅力があるのがLEDライトというものですよ!

 

そんな僕が、今キャンプ界隈でよく見かけるコンパクトLEDライト(ランタン)をピックアップしてみましたので、気になっている方は是非参考にしてみてくださいね!!

 

LEDライト/ランタン 選び方

 

そもそも右も左も分からなさ過ぎて、「どうやって選べば良いの?」という迷える子羊状態の方もいらっしゃるかもしれませんので

 

まずは「LEDライト(ランタン)の選び方」を解説していきます。

 

明るさ(ルーメン)

まずは「明るさ」について。

 

一言でキャンプといっても、ファミリーやデュオまたはソロなど、構成人数やサイトを照らす範囲、ライトの数などで必要になってくる明るさは異なると思います。

 

そもそも[ルーメン(lm)]という単位についてなんですが

ルーメン(lm)は光の量を表した単位。光源から放たれた放射状の光の束(光束こうそく)の量を測定したもの。

 

従来は明るさをワット(W)で表記することが多かったのですが、厳密にはワットは消費電力を表したもの明るさの単位ではありません。現在LEDの普及により消費電力が抑えられるようになったので、[消費電力=明るさ]として認知されていたワット(W)は次第に使われなくなってきているそうですよ。

 

話を戻します。

 

個人的に考える明るさイメージの参考値を以下に記載します。

明るさイメージ 明るさ(ルーメン) 活動目安
手元の作業は十分に可能 50-200ルーメン 1-2人
一定範囲内なら十分な明るさ 300-500ルーメン 2-3人
サイト全体に十分な明るさ 800ルーメン以上 3人以上

※あくまでも目安(イメージ)です。好みや環境によって感じ方は人によって異なります。

 

繰り返しますが、人によって明るさの感じ方や好みが異なりますので、ボク個人の所感であることには留意してください。

またライト・ランタンの形状や設置場所・環境などによっても照射範囲や明るさの感じ方は異なります。あくまでも参考イメージとしてご理解ください。

 

 

僕自身の経験の話をすると、

 

僕の所有しているもので[モスキーランタン]というLEDライトがありますが、このライトで最大180ルーメン。

テント内などの壁面で囲まれた空間であればこれ一つで作業は可能。でも少し暗いかな…という印象です。屋外であれば光が放散してしまうので、より暗さは感じやすいですが、オイルランタンをメインで使用されている方であれば、180ルーメンのLEDランタンでも確実に明るく感じるはずです。

モスキーランタン 効果・口コミ レビュー【キャンプギア】

今回は電撃殺虫機能つきLEDランタン【モスキーランタン 効果・口コミ】レビューになります!殺虫効果の所感をお伝えしていきます!   モスキーランタン 効果・口コミ   いやぁ!!涼 ...

続きを見る

 

そして僕の所有する一番明るいランタンはColeman2500ノーススターLPガスランタン

このランタンは約1,543ルーメンですが、これくらい大光量だと「かなり明るい」と感じると思います。自分のサイトだけの範囲で言うならば「球場のナイター」のような明るさになるため、相当明るいです。

 

メインランタンの目安として1,000ルーメン以上と言われることが多いですが、ランタン周囲で屋外作業を行うのであれば800ルーメンもあれば事足りるでしょう。

 

連続使用可能時間

大光量のLEDライト(ランタン)になれば必然的に大容量のリチウムイオンバッテリー搭載のものも多くなりますが、光量が大きければそれだけ消費する電力量も多くなりますので、必ず連続使用可能時間は確認するようにしましょう。

 

個人的に1泊のキャンプを想定する場合

 

メインライト・ランタンとして使用する場合、連続使用可能時間は6時間以上

インナーの照明やサブランタンとして使用するのであれば、最低でも10時間以上の駆動時間は必要かと思います。

 

リチウムイオンバッテリー搭載の製品は、外気温が著しく低い環境下では電池持ちが悪くなる性質を持っています。

また冬場は日が暮れるのが早くなり、ライト・ランタンの点灯時間も長くなるので、連続使用時間に余裕のある製品を選ぶようにしましょう。

 

最近では低温環境でもバッテリー持ちの良い"リン酸鉄系リチウムイオン"搭載の製品も販売されていますので、製品を選ぶ際の参考にしてみてくださいね♪

 

LEDライトの色

キャンプではロケーションづくりも非常に重要です。

 

自宅などとは違い、そこまでライトの色による作業性を気にしなくても十分に活動可能かと思います。

ライトの色 特徴
電球色(オレンジ) 柔らかく温かみのある空間に。ムード全開!エモエモシチュエーション!
温白色(白っぽいオレンジ) 蛍光灯に近いイメージ。色としての柔らかさと視認性の両立。
昼白色(白) とにかく見やすい!生活感マシマシで!

 

僕は普段のキャンプで白色灯を使用することはほぼありませんが、夜間のトイレ移動などの際には視認性の高い白色灯が使いやすいと思います。

 

ソロキャンプの場合、焚き火の明かりとオイルランタンだけ、という方も結構多いんじゃないかと思いますが、道具類などが多くて身の回りの視認性を確保したい方はライトの明るさに加えライトの色にも注目してみてください。

また小さなお子様がいらっしゃる場合は、ロープやペグなどでつまづいてしまうことも増えてしまうので、なるべく視認性を重視するなどの配慮を心がけてみてくださいね!

 

設置のしやすさ

LEDライト・ランタンには製品の形状やオプション品の有無によって、設置できる方法が異なります。

 

形状によるタイプ

  • 吊り下げタイプ
  • 置き型タイプ
  • ヘッドライト
  • ハンディタイプ
  • カラビナタイプ
  • マグネットタイプ
  • クリップタイプ

 

アウトドアで主に使用されるのは、明かりを効率よく照射できる吊り下げ式が多いかと思いますが、そこまで照射範囲が必要ではない場合は置き型タイプの方が使いやすいこともあります。

 

その他では夜間のトイレ移動ですが、キャンプ場によってはトイレの明るさが不十分であったり、そもそもトイレに照明のないキャンプ場も結構あります。

そういった場合には用を足す際にハンディタイプでは手が空かず、また手元しか照らせないので怖い経験をした、といったことも起こり得ます。

 

ご利用の用途や目的に応じて"設置がしやすいか(使いやすいか)"を予め把握しておくと良いかもしれません。

 

その他の機能性

近年ではバッテリー出力が可能で、充電器としても利用できるLEDライト・ランタンなども販売されるようになりました。

またモバイルバッテリーと直接接続可能な互換製品や、ポータブルスピーカー機能付きなど、LEDライト・ランタン以外の機能性を併せ持つ製品も多くあります。

こういった製品はライト使用時以外でも活躍する場面が増えますので、"せっかく購入したのに使用する場面がない"というリスクを避けることが可能になるかもしれませんね。

 

キャンパー推しコンパクトLEDライト/ランタン おすすめ

 

LEDライトやランタンはかなりの種類が販売されていますので、今回はボクも使用することが多い

 

【コンパクトLEDライト・ランタン】

 

をご紹介してまいりたいと思います。

 

コンパクトLEDライトはサイズが小さいため、明るさも最大150‐300ルーメン程度のものが主流ですが、最近では片手サイズでも1,000lmを超える大光量のものも多く販売されるようになりました!

 

今回はキャンプ界隈で良くお見かけするコンパクトLEDライト・ランタンをいくつかピックアップしてご紹介していきます!

 

GOAL ZERO[Lighthouse Micro/Flash]

製品名 LIGHTHOUSE micro/Flash
出力 10-150ルーメン
連続使用時間の目安 7~170時間
本体重量 68g
本体サイズ 約93×37.75mm

近年のコンパクトLEDライトブームの火付け役とも言うべき製品がこのGOAL ZERO[Lighthouse Micro/Flash]といっても過言ではありません!

めだゆん
ボクも3つ持ってます!

特徴としてはとにかくコンパクトな形状で見た目もスタイリッシュ!重量は僅か68gというミニマムサイズでありながら、光量は150lmでソロキャンプなら1つあれば十分な明るさです。

またサードパーティ製のカスタム製品も多数販売されており、アーバンなおしゃキャン勢からも絶大な支持を得ている製品になります。

 

何が凄いかって、10ルーメン(ローモード)の明るさであれば最長170時間の長時間バッテリー駆動を誇ります!とにかく店頭で見つけたら"マストバイ"なLEDライトではないでしょうか!

 

GOAL ZERO Lighthouse Micro(ゴールゼロ)レビュー

実際のところどうなのよっ!?キャンパーさんの間で大人気のLEDライト【GOAL ZERO Lighthouse Micro】レビューしていきます。   GOAL ZERO Lighthous ...

続きを見る

 

ベアボーンズリビング ビーコンライトLED

製品名 ビーコンライトLED
明るさ 30-220ルーメン
連続使用時間の目安 3~200時間
本体重量 127g
本体サイズ H15.2×W7.6cm
機能 IPX4(防沫形)

とにかく"見た目買いしても後悔しないんじゃないか"と思わせてくれる、イカしたビジュアルのベアボーンズ[ビーコンライトLED]

アンティークな見た目でキャンプでのレイアウトはお手の物!めちゃくちゃかわいい見た目ですが機能性も申し分ありません。

 

連続使用時間はLOWモードで最大約200時間(30ルーメン)、IPX4の防水設計で屋外でも安心してご利用いただけます。

明かりは暖色系でキャンプでの雰囲気を壊すことなく使えます。また上部には吊り下げ用のフックと、ホヤの底面には脚が付いているので置き型にも対応しています。

カラバリも豊富なので是非一度チェックしてみてくださいね~♪

 

created by Rinker
Barebones Living(ベアーボーンズリビング)
¥4,090 (2024/04/16 10:42:52時点 Amazon調べ-詳細)

 

ベアボーンズ エジソンライトスティックLED

製品名 エジソンライトスティックLED
ライトスティックモード  
明るさ Low:9-12lm,Hi:90-120lm
連続使用時間の目安 Low:20時間,Hi:7時間
フラッシュライトモード  
明るさ Low:11-15lm,Hi:115-145lm
連続使用時間の目安 Low:60-80時間,Hi:6-8時間
本体重量 235g
本体サイズ 10.8cm x 4.45cm x 4.45cm

こちらはエジソンランプをモチーフにつくられたのでしょうか、クリアボディの中で光るフィラメントのようなLEDの明かりがなんともエモーショナルな癒しを演出していますね。

 

[エジソンライトスティックLED]はGOAL ZERO のLighthouse Micro Flash と同様に、「フラッシュライトモード」を搭載しており、ハンディで懐中電灯のように使用できます。

明るさとしては「ライトスティックモード」最大でも120lmなのでめっちゃくちゃ明るい!というほどではありませんが、ソロ用テント内の夜間灯としては申し分ない光量ではないでしょうか。

とにかくデザイン性が高いので所有欲はバッチリ満たされますよ!

 

created by Rinker
BAREBONES ベアボーンズ
¥7,450 (2024/04/16 10:42:53時点 Amazon調べ-詳細)

 

LUMENA M3

製品名 LUMENA M3 MULTIPLE LED LIGHT
明るさ 15~300Lm
連続使用時間の目安 約7~200時間
本体重量 95g
本体サイズ 34×34×102mm
機能 IP67

大光量コンパクトLEDライトといえば[LUMENA(ルーメナー)]。キャンパーさんなら一度は耳にしたことのあるメーカーさんではないでしょうか。

 

[LUMENA M3]の最大の特徴は、やはり大光量LEDライトに定評のあるメーカーともあり、このコンパクトサイズでありながら最大300lmの明るさを誇る点にあります!コンパクト軽量ボディでありながらバッテリー容量は3250mAh、メインライト+フラッシュライト同時点灯にて連続約7時間もの間使用することが出来ます。

 

その他機能面においては防塵防水IP67設計、タイプC充電にもしっかりと対応!

更に驚くべきは、こちらの製品、本体をカスタムする純正オプション(専用ケース、シェード2種類、ウォーマー、三脚台、ハンガーSビナー、充電ケーブル)が全て1つのパッケージになっています!少しお値段はしますが、1セットで全てが完結する、そして機能性も申し分なしです!

 

 

CLAYMORE ULTRA3.0M

製品名 CLAYMORE ULTRA3.0M
明るさ 最大2,200lm
連続使用時間の目安 約9時間〜90時間
:ターボモード 約4時間30分〜45時間
本体重量 405g
本体サイズ W160mm×D90mm×H34mm
機能 IP54

大光量LEDライトで有名なのはLUMENAだけではございません!こちらは韓国の電子機器メーカー[クレイモア]が誇る明るさ最強と名高い「ULTRA3.0シリーズ」です。

 

クレイモアの[ULTRA3.0シリーズ]はサイズ別で全3種類、その中でも最もコンパクトなのがこのMサイズになっています。このULTRAシリーズ3.0は従来モデルである「ULTRA+(プラス)」の後継機にあたりますが、前モデルにはSサイズ(S,M,Lの3サイズ)がありましたが、今シリーズではSサイズは廃盤、M,L,Xの3サイズへと変更になりました。

最大の特徴はやはりターボモードで2,200lmの大光量で使用できる点。もちろん大容量バッテリー(13,400mAh)を搭載しているので、その分サイズや重量も大きくなりますが、アウトドアショップなどでも見かける機会が多いLEDライトかと思います。

とにかく明るさを重視したい方にはオススメのLEDライトですよ!

 

 

CLAYMORE ULTRA Mini

製品名 CLAYMORE ULTRA Mini
明るさ 500lm
連続使用時間の目安 6~24時間
本体重量 約 116g
本体サイズ W85mm×D66mm×H27mm
機能 IP64

クレイモア「ULTRA3.0 M」では少し大きいよ!」とおっしゃる方にはコチラの[ULTRA Mini]がオススメです。

 

明るさとしては最大500lmなので ULTRA3.0 M に比べるとそこまで大光量とは言えませんが、500lmあればソロキャンプでの活動スペースを照らすには十分かと。

クレイモア ウルトラ ミニ

またコンパクトなサイズはバックパックキャンプにも携行しやすく、防塵防水機能(IP64)にもしっかりと対応してますよ。

 

 

WAQ LED LANTERN2

出典:Amazon.co.jp

製品名 WAQ LED LANTERN2
明るさ 最大1650lm
連続使用時間の目安 8.5~60時間
本体重量 約700g
本体サイズ 11.5cmx8cmx3.5cm
機能 IP67

「よく売れている」という視点でいえばコチラのランタンもオススメ[WAQ LED LANTERN2]です。

 

[WAQ LED LANTERN2]は著名なブログサイトでも必ずといっていいほど見かける定番モデル。とにかく皆が使っている定番LEDライトが欲しいという方にはオススメ出来る製品ではないでしょうか。

 

機能面では(昼光色で)最大1650lmの大光量を誇り、大容量13,400mAhのバッテリー搭載で最大光量でも8.5hの連続使用が可能(明るさ最小なら60時間!)

 

その他の機能面も充実しており、防水・防塵はIP67相当、設営方法も付け外し可能なマグネット式のハンドルと、スチール製のS字カラビナ(が2つ付属)、さらには三脚などにも接続可能なマウントアダプター用ネジ穴が標準装備であるなど、使い勝手にもしっかりと配慮されています!

出典:Amazon.co.jp

特筆すべきは充電出力用のコネクターが3又になっているマルチコネクタ(USB Type-C)が付属する点。microUSB,USB-C,Lightningケーブルの3種類に出力に対応しているので、もしもの困ったときの予備バッテリーにも最適かと!

 

 

NESTOUT FLASH-1

製品名 WAQ LED LANTERN2
明るさ(理論値) 最大約1,000lm
連続使用時間の目安
本体重量 約135g(付属三脚他を含む)
本体サイズ ライトのみ:W100mm×D35mm×H119mm(約)
機能 IP44

NESTOUTのLEDライトは今回ご紹介するライトの中でも異色の存在

というのも、こちらのライト【FLAS-1】には本体を駆動するバッテリーが付いていませんww

 

NESTOUTシリーズはあのPC周辺機器などの電子機器製造メーカーで有名な[ELECOM(エレコム)]が手掛けるブランドで、アウトドアデザインに特化したコンセプトの製品を多数ラインアップしています。

 

【FLAS-1】にはNESTOUTの以下3種類のバッテリーに接続可能な専用設計のLEDライトになっています。

●DE-NEST-5000
カラー:サンドベージュ,ブラック,グレー,マスタード,オリーブ
バッテリー容量:5,000mAh
●DE-NEST-8000
カラー:ブラック,グレー
バッテリー容量:8,000mAh
●DE-NEST-12000
カラー:ブラック,グレー
バッテリー容量:12,000mAh

 

上記した製品は全てアウトドアシーンに最適な防水・防塵(IP67)・耐衝撃設計のモバイルバッテリーになっています。

※ライトコネクタは対応するバッテリーにのみ接続可能な専用設計

 

なのでライトを使わないときはモバイルバッテリーのみを持ち出して普段使いも出来るので、キャンプ以外にも活躍してくれますね。

 

個人的に【FLAS-1】をオススメしたい理由が、この照射角度の調整機能

ライトの照射する向きで照らしたいポジションを自在に設定出来るのは使いやすいと思います。

 

また付属する三脚を使用すれば設置方法のバリエーションも多彩。

 

明るさも理論値で最大約1,000lm。もちろん防塵・防水設計(IP44)で、見た目もスタイリッシュ!

バッテリーもちゃんとしたのが欲しい!という方には最適な製品ではないでしょうか!

 

 

▼LAMP-1(最大350lm)もあります!

 

5050WARKSHOP ミニマライト 

製品名 5050WARKSHOP MINIMALight
明るさ 最大250lm
連続使用時間の目安 約6~10時間
本体重量 約107g
本体サイズ H123×W26.5×D26.5mm
機能 IP44

コンパクト系LEDライトで人気製品といえば 5050WARKSHOP の[MINIMALight]

GOAL ZERO[Lighthouse Micro/Flash]よりも一回り大きくはなりますが、明るさも(白色で)最大250lmとやや光量が大きくなっているのもポイントです。

 

ミニマライトはバッテリー容量はそこまで大きくないものの(2,500mAh)充電出力が可能、また防塵防水等級はIP44に対応しています。

 

このミニマライトが人気である理由は、このコンパクトなサイズのみにあらず!

純正品含め、サードパーティ製のカスタム製品も多数販売がある点だと思います。

 

▼僕が所有しているのも「Deviseworks別注モデル」です。

ミニマライト(DEVISE別注)アンバーカラーレビュー

  どもども! めだゆんブログ、めだゆんです!   今回は今大人気のLEDライト、5050workshop × デバイスワークス    【ミニマライト(DEVISE別注) ...

続きを見る

 

気になった方は是非ご一読くださいねぇ~♪

 

created by Rinker
フィフティフィフティワークショップ(5050Workshop)
¥2,660 (2024/04/16 19:27:23時点 Amazon調べ-詳細)

 

■リモコン式

 

SYRIDE 『B.F.F』

出典:syride.jp

製品名 SYRIDE『B.F.F』LEDライト
明るさ <上部LED>最大160lm(白昼色)
  <下部LED>強・中・弱(電球色・アンバーの2色)
連続使用時間の目安 固定フラシュ:25時間
  下部ライト:(同時点灯)24時間,(電球色・弱)55時間
本体重量 152g
本体サイズ W4.6cm×D4.6cm×H10.5cm
機能 IPX6

※点灯時間はおよその時間になります

コチラの『B.F.F』LEDライトを手掛けるのはSYRIDEさんSYRIDEさんは人気オイルランタンのNATURAランタンを販売されているメーカー様でご存じの方も多いのではないでしょうか。

 

この『B.F.F』LEDライト特徴はなんといっても本体バッテリーに[リン酸鉄リチウムイオン電池]を搭載していること。

リン酸鉄リチウムイオン?

別名「LiFe電池」や「リチウムフェライト電池」と呼ばれるもので、陽極(+)にリン酸鉄リチウムを使用したもの。熱暴走が起こりにくく発火リスクが低いので安全性が高い。通常のリチウムイオンに比べ電池寿命(サイクル寿命)も4~5倍と長持ちするのも特徴です。

 

[リン酸鉄リチウムイオン電池]を搭載することで、他社製品より「安全性」「電池寿命」の点で機能性は頭一つ分とび抜けた製品に仕上がっていると思います!

 

また使い勝手も優秀で、本体底部には三脚にも取り付け可能なU1/4インチネジ、またマグネットが標準装備されているのでスタンドがなくてもいたるところへ取り付けが可能!

出典:syride.jp

 

搭載されている[リン酸鉄リチウムイオン電池]は4,000mAhでLEDライトからの充電出力も可能なので、もしもの場合の予備電池としてもご使用いただけます!

 

ソロキャンパーさんでLEDライト一つ欲しい!という方には本当オススメですね!

 

■SYRIDE 公式製品ページはコチラ

 

おわりに

今回はキャンパーのボクが独断と偏見で選んだ「良く見かけるLEDライト・ランタンのオススメ」についてご紹介しました!

 

LEDライト(ランタン)は明るさがあることももちろん重要ですが、近年ではデザイン性にも重点を置いたスタイリッシュな製品も多数販売されています!

 

ことLEDランタンはオイルランタンに比べても確実に明るく感じるはず!

コンパクトな製品であれば1つくらい持っていても荷物の邪魔にならないのも嬉しいですよね♪

めだゆん
1台と言わず、何台か買っちゃうのは必然ですよね!
・・・・・怒
めだちる

(ll ₃ )

 

それでは本日はこれにて✋💦

皆さん素敵なキャンプライフを~☆彡

 

おしまい٩(๑❛ڡ❛๑)۶

 

めだちる
SNSのフォローも是非お願いします♪

■めだゆんOfficialページ:コチラ

▶X(Twitter):めだゆん

▶Instagram:@medayoon_photocamper

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

@medayoon_campがシェアした投稿

 

コンパクトな焚き火台ならコレ!

BushboxXLtitaniumチタン レビュー

BushCraftファンの方なら一度は目にしたことのある焚き火台【Bushbox】 念願かなってついに購入することが出来たので開封レビューしていきたいと思います!   BushboxXL t ...

続きを見る

 

僕のバックパック標準装備

バックパックキャンプの装備紹介!~ロマンと夢をつめこんで‼

今回は私がバックパックキャンプで携行している装備をご紹介していきます!   バックパックキャンプの装備           この投稿をInstagramで見る                 ...

続きを見る

 

オススメ記事

Vicopo Camp(ビコポキャンプ)火吹き棒 レビュー

高品質なハンドメイドのハイコスパ火吹き棒をお探しの方は是非!!   Vicopo Camp火吹き棒(ファイヤーブラスター)レビュー   「持ってないよりそりゃ持ってたほうが良いでし ...

続きを見る

スタンレー キャンプクックセット0.7L レビュー

スタンレー【キャンプクックセット0.7L】はバックパック系ソロキャンパーにオススメのクッカーです。   少々クセのるクッカーですが、とにかくコンパクトに携行したい方にはかなりオススメ! &n ...

続きを見る

ウルトラライトファイヤースタンドの強度を高める設営方法!

  どもども! めだゆんブログ、めだゆんです!   今回はBushCraftInc.のフルサイズメッシュ焚き火台   【ウルトラライトファイヤースタンド】の設営レビューで ...

続きを見る

 

ブログ村ランキング参加中!

めだゆん
こちらもポチッとお願いします♪

めだゆんブログ|キャンプギア&ガジェットのレビューブログ - にほんブログ村PVアクセスランキング にほんブログ村

ブログ継続の励みになりますので、よろしくお願いします!

-アーカイブ, ランタン・ライト