アーカイブ 焚き火

FUNCファイヤーピット焚き火台が頑丈×コンパクト!

めだゆん

キャンプギアどばどば・ガジェットちょびちょびレビュー中⤴⤴ SNSフォロー切に願います‼

アイキャッチ出典:Alpen

めだゆんブログ|キャンプギア&ガジェットのレビューブログ - にほんブログ村

 

どもども!

めだゆんブログ、めだゆんです!

 

今回はあの大手アウトドア総合ブランドのAⅼpenOutdoors からグイグイと人気沸騰の予感っ!?

 

頑丈×コンパクトな焚き火台【FUNCファイヤーピット】のご紹介です!

 

ファイヤーピット 焚き火台 レビュー

 

おはこんにちは!

 

「オシャレキャンプはこのオシャレ番長のオレに任せとけ!」

?

やけに強気な発言ね、めだゆんさん。どうしたの?
いやね、最近のキャンプは皆オシャレなスタイルでキャンプを楽しみたいって声が…
めだゆん
めだちる
ふむふむ…。それでめだゆんさんの出番って訳ね✨
そうなんだよ!では早速めだゆんが提案するおしゃれキャンプスタイルはコチラ!!
めだゆん

めだちる
参考にならねぇじゃねぇか!!!
ハイセンスとは自分の心で決めるもの…トホホ
めだゆん

 

・・・・ハイッ!!

 

めだゆんさんのキャンプスタイルは他を圧倒するおしゃれキャンプだということが分かったので

本題に参ります!!

めだちる
激怒🔥
…ㇳㇹㇹ
めだゆん

 

今回は皆さんもご存知のアウトドア&スポーツ用品でお馴染みのAlpenグループのキャンプブランド「AlpenOutdoors」の焚き火台のご紹介です!

 

めだゆんさんのキャンプスタイルは超ド級に「ちょっとアレ…💦」でしたが、AlpenOutdoors の焚き火台【FUNCファイヤーピット】超ド級にカッコイイ焚き火台に仕上がっていますので是非最後までお付き合いいただけると幸いです!

 

それでは早速チェックしていきましょう!!

 

FUNCファイヤーピット(AlpenOutdoors) スペック

まずスペックにおいて特筆すべきはこの焚き火台は組み立て式であること。

 

1枚のパネルが38×30㎝、厚さ2mmのステンレスパネルを5枚組み合わせて設営する仕様になっています。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Alpen Outdoors【公式】(@alpen.outdoors_official)がシェアした投稿

 

パネル1枚で約1kgなので、本体総重量は約5kgとそこそこの重量になります。

 

プレート本体面には「FUNC(ファンク)」の文字が。

これはAlpenOutdoorsが新たに商品展開しているシリーズの名称になります。

 

めだゆん
「FUNC」ってなに?

FUNCとは

ファンクション function】 func / fn

 ファンクションとは、機能、効用、役割、職務、関数、写像などの意味を持つ英単語。ITの分野では、機器やソフトウェア、システムなどが持つ機能や作用のことをファンクションと呼ぶことがある。

出典:e-words.jp

つまりここでいう「FUNC」とは、アウトドア(キャンプ)における道具としての機能性やそれら機能がもたらす作用効果を最大限にまで高めてくれるアイテムですよ!

めだゆん
ってことなのかな?

※これはめだゆんの勝手な想像です。

 

名前の由来はどうあれ、いちキャンプファンとしては今後も「使って楽しい機能的」なアイテムをたくさん作っていただけることを願うばかりです!

 

FUNCファイヤーピット(AlpenOutdoors) 特徴

それではここからはAlpenOutdoorsの焚き火台【FUNCファイヤーピット】の製品特徴について確認していきましょう!

 

2mm厚のステンレスパネルでとにかく頑丈

まずはコチラの焚き火台の最大の特徴とも言うべき「頑丈さ」について。

 

皆さんは焚き火台のスペックに何を求めますか?

  • 見た目のカッコよさ
  • 組み立てのしやすさ
  • 持ち運びやすさ
  • 燃焼効率の高さ
  • 価格(費用対効果)

などなど・・・。

 

「全て揃っている焚き火台が欲しい!」

 

そのお気持ちはよく分かります。

ですがどんなものにも欠点はつきもの。

 

こと焚き火台においては火を直接扱うキャンプギアという特性上、「頑丈である」というのは長く愛用する上で重要であると言えます。

焚き火台の頑丈さを確保するには素材の強度と設計(加工技術など)が重要であると思います。

 

【FUNCファイヤーピット】は各パネルが約1kgのステンレス板を使用した堅牢性の高い焚き火台です。

厚みのあるステンレスパネルは焚き火の熱によって変形することなく剛性を保つために重要な要素なので、

 

「重くてもとにかく頑丈な焚き火台が欲しい!!」

 

というアナタにはオススメの焚き火台といえるでしょう。

 

ボクはこれまでも数々の焚き火台を使用してきていますが、頑丈な造りのものは大きな薪を使用してもビクともしないので安心して焚き火が楽しめますよね。

▼焚き火台の構造によっては軽量なものでも堅牢性の高い焚き火台もあります!

ウルトラライトファイヤースタンドの強度を高める設営方法!

  どもども! めだゆんブログ、めだゆんです!   今回はBushCraftInc.のフルサイズメッシュ焚き火台   【ウルトラライトファイヤースタンド】の設営レビューで ...

続きを見る

 

AlpenOutdoorsの焚き火台【FUNCファイヤーピット】もパネルの厚さ2mmのステンレス板を使用した頑丈な焚き火台です。

 

堅牢性が高いことで有名なあの snow peak の焚き火台でも厚さ1.5mm

ボク自身は[snow peak 焚き火台L] をかれこれ6年以上愛用していますが、

 

壊れる気配は微塵(みじん)も感じません。

 

snow peak 焚き火台はステンレス板の周囲をさらに太いフレームが囲っていて、フレームとステンレス板を溶接で接着加工しています。そのためかは分かりませんが、本体のゆがみは全くといっていいほどありません。

 

【FUNCファイヤーピット】にはそういったフレームはありませんが、厚さ2mmのステンレス板が「頑丈さ」を担保してくれています。

めだゆん
実際に手に持った感じもかなりずっしりとしていてとても安心感がありますよ♪

 

あと「頑丈さ」「携行性」は対極にある要因で、やはり頑丈である分重く持ち運びは大変になります。

 

【FUNCファイヤーピット】のパネル1枚の重さは約1kgで総重量約5kgとそれなりに重さがある焚き火台です。

ボクが所有している[snow peak 焚き火台L]は本体重量5.5kgで【FUNCファイヤーピット】と同程度の重さになります。

 

またボクが購入したのは[snow peak 焚き火台Lスターターセット]というパッケージ商品で

  • 焚火台L/5.5 kg
  • 焚火台ベースプレート/1.9kg
  • 炭床Pro L/3.9kg
  • 収納ケース/0.6kg

が全てパッケージされたものです。

めだゆん
重量の合計は11.9kg!!(スペック値)

snow peak の焚き火台も焚き火台単品で買えば5.5kgで済むのですが、専用のベースプレートや専用の炭床、専用の収納袋と言われれば全て揃えたくなるのが実情…

総重量約12kgはもはや大型テントと変わらない重量です。

 

ですが僕個人の意見としてはそれをもってしても長く愛用し続けるための

「頑丈さ=重量」と考えれば重さはそれほどデメリットとは感じません。

 

また焚き火台に関しては重いことは全てにおいてデメリットとも言えません。

 

アウトドアでは時折激しい突風にさらされる場合もあります。

多くの良識のあるキャンパーは風の強い日は焚き火をしません。それがどれほど危険な行為であるかを知っているからです。

▼焚き火台を突風から守るために時にリフレクター設営などの配慮が必要な場合もあります。

焚き火陣幕・リフレクターの効果メリット5選!

いつもお世話になっております。 めだゆんブログの管理人めだゆんです。   今回は焚き火の際に大活躍間違いなしの焚き火陣幕・リフレクター(風防)について。   はじめに 焚き火陣幕・ ...

続きを見る

 

重い焚き火台は運搬時持ち運ぶ際には難点ですが、安全に焚き火をしたい”特にお子様連れのファミリー”の方にはとてもオススメです!

 

分離式パネルで収納性が高い

続いての【FUNCファイヤーピット】の特徴ですが、スペックのところでもお伝えしたように【FUNCファイヤーピット】は組み立て式焚き火台です。

その為計5枚の本体パネルは1枚1枚分解することが出来るため、大型の焚き火台にしては収納サイズは比較的コンパクトになります。

 

[snow peak 焚き火台L]は【FUNCファイヤーピット】のように組み立て式ではないので収納サイズもそれなりに大きいです。

snow peak 焚き火台は展開するだけの組み立て要らずな設計なのでこのサイズであることは致し方ないのですが…。

 

【FUNCファイヤーピット】は収納サイズ38×30×2㎝ で、1枚のパネルを5枚重ねたサイズにまで小さくすることが出来ます。

これならギアコンテナの中に収納して持ち運んだりも出来るので、収納性の観点からは重さがあってもコンパクトになるというのはかなりのメリットといえますね♪

 

プレス加工による本体強度の高さ

何度もお伝えしているように【FUNCファイヤーピット】は2mm厚のステンレスパネルを5枚組み合わせた頑丈な焚き火台になります。

本体面を見て頂くとお分かりいただけると思いますが、各パネルには溶接の跡や継ぎ目などは一切ありません

 

【FUNCファイヤーピット】のパネルは1枚のステンレス板をプレス加工によって打ち出されたものを使用しているため継ぎ目がありません

つまりそれぞれのパネルに接着部がない1枚構造のため、接続部からパーツが壊れてしまう心配がないです。

▼1枚の打ち出し加工で頑丈な造りといえば「TURKフライパン」!

ターク(TURK)フライパン シーズニングレビュー【キャンプギア】

  どもども! めだゆんブログめだゆんです!   今回はボクが大好きな愛用中の鉄フライパン【ターク(TURK)フライパン シーズニングレビュー】です!   ターク(TUR ...

続きを見る

 

僕個人の意見としては「シンプルなものほど壊れにくい」と思っています。

 

【FUNCファイヤーピット】は厚さ2mmの頑丈なステンレス板を使用しています。

ステンレスは英語でstainless、つまりstain(汚れ)less(難い)素材なので強度だけだはなくサビや汚れに強い!

 

頑丈コンパクト汚れに強く錆びにくい焚き火台

 

【FUNCファイヤーピット】は長く愛用したいアナタにオススメの焚き火台ではないでしょうか!

 

▼AlpenOutdoors新シリーズ【FUNC(ファンク)】5製品をご紹介!

FUNC(ファンク)AlpenOutdoorsソロ・デュオ向け新シリーズレビュー

アイキャッチ出典:Alpen   どもども! めだゆんブログ、めだゆんです!   今回はあのAlpenOutdoorsから新たに誕生したシリーズ【FUNC(ファンク)】をチェックし ...

続きを見る

 

それでは今回はこのへんで✋

おしまい٩(๑❛ڡ❛๑)۶

 

今回ご紹介した製品

FUNCファイヤーピット(AⅼpenOutdoors)

▶ 製品ページはコチラ

 

snow peak 焚き火台L スターターセット
created by Rinker
スノーピーク(snow peak)
¥28,380 (2022/11/26 07:58:55時点 Amazon調べ-詳細)
めだゆん
キャンパーさん御用達焚き火台!

 

主人のTwitterもフォローお願いします♪
めだちる

 

▶Instagram:@medayoon_camp

 

ウルトラライトファイヤースタンド(BushCraftInc.)

ウルトラライトファイヤースタンドの強度を高める設営方法!

  どもども! めだゆんブログ、めだゆんです!   今回はBushCraftInc.のフルサイズメッシュ焚き火台   【ウルトラライトファイヤースタンド】の設営レビューで ...

続きを見る

 

ソロストーブ タイタン(SoloStove)

ソロストーブタイタンレビュー ペレットで焚火してみた

  どもども! めだゆんブログめだゆんです!   今回はボクが愛してやまない二次燃焼ストーブ【ソロストーブ タイタン】のキャンプギアレビューになります!   ソロストーブ ...

続きを見る

 

コチラの記事も是非♪

▼TURKフライパンシーズニングレビュー

ターク(TURK)フライパン シーズニングレビュー【キャンプギア】

  どもども! めだゆんブログめだゆんです!   今回はボクが大好きな愛用中の鉄フライパン【ターク(TURK)フライパン シーズニングレビュー】です!   ターク(TUR ...

続きを見る

▼BUNDOK焚き火台LOTUSレビュー

BUNDOK焚火台Lotus(ロータス)【キャンプギアレビュー】

  どもども! めだゆんブログ、めだゆんです!   今回はコンパクト軽量焚火台 BUNDOK Lotus【ロータス】BD-499のレビュー記事です!   BUNDOK焚火 ...

続きを見る

▼Coleman定番の人気ローチェア

フォールディングチェアワイド(Coleman)レビュー

  どもども! めだゆんブログ、めだゆんです!   今回はワイドシルエットのフォールディングチェア   【フォールディングチェアワイド(Coleman)】のレビューになり ...

続きを見る

 

スポンサーリンク

 

めだゆん
こちらもポチッとお願いします♪

PVアクセスランキング にほんブログ村

めだゆんブログ|キャンプギア&ガジェットのレビューブログ - にほんブログ村

-アーカイブ, 焚き火