キャンプ レビュー

【キャンプギアレビュー】デラックスレイチェアの座面高が秀逸

どもども!めだゆんです!@medayoonblog

今回は高品質キャンプチェア

【コンフォートマスター(R)デラックスレイチェア】を徹底レビューです。

[toc]

 

コンフォートマスター(R)デラックスレイチェアって?

皆さんも言わずと知れたアウトドア定番ブランドのコールマンさん

 

そのなかでもハイエンドユーザー向けのシリーズとして【コンフォートマスターシリーズ(以下Masterシリーズ)】が展開されています。

引用:コールマンオンラインショップ|キャンプ用品・アウトドアならコールマン (coleman.co.jp)より

めだゆん
まさにハイスペックの称号にふさわしいね!
同製品シリーズは高機能・高耐久であることはもちろんなんですが、その分お値段もします。

ですが、一生モノと割り切って使い続けることが出来る方なら価格に見合うだけの商品だと思います。

 

そんなMasterシリーズから今回めだゆんがご紹介するのが、コールマンさんの定番ハイバックチェア「レイチェア」のMasterシリーズモデルである【コンフォートマスター(R)デラックスレイチェア】でございます。

 

ボク自身も1年以上愛用しており、今でもキャンプのお供に高頻度で使用しております!

 

1年以上使用している経験をもとに、今回は皆さんが一度はお見かけになっているであろう通常版のレイチェアとの比較をしていきますよぉ~!

 

コンフォートマスター(R)デラックスレイチェア・レイチェアのスペック比較

  デラックスレイチェア レイチェア
使用時サイズ

チェア/約68×78×108(h)cm

オットマン/約37×37×34 (h)cm

約61×70×98(h)cm
収納時サイズ

チェア/約31×18×99(h)cm

オットマン/約10.5×10.5×52(h)cm

約25×15×89(h)cm
重量

チェア/約4.8kg

オットマン/約650g

約3.7kg
材質

シート/ポリエステル

フレーム/アルミニウム、天然木

シート/ポリエステル

フレーム/アルミニウム、スチール、他

座面幅 約52cm 約50cm
座面高 約37cm
仕様 4段階リクライニング 3段階リクライニング
耐荷重

チェア/約80kg

オットマン/約80kg

約80kg
付属品 収納ケース 収納ケース

引用:コールマン公式HP

やはりここで注目いただきたいのがサイズと重量ですね。

デラックスレイチェアは細部にまでこだわり抜いて制作された高機能チェアです。

 

言わずもがな、ファニチャ―としても引けを取らないスペックです。

レイチェアと比較すると重量・サイズともに一回り大きい感じですね。

 

どちらも最近主流となっているコンパクトチェアに比べて大きいのは間違いないので、コンパクトチェアにするかレイチェアなどのハイバックチェアにするかは使用用途やその日の荷物量などによって検討するのが良さそうですね。

ゆったりと使用できるのに、収納サイズはコンパクト&軽量で便利座面が汚れてもお手入れ可能。持ち運びしやすい収納袋付。

 

コンフォートマスター(R)デラックスレイチェアの外観

外箱

▼これじゃサイズ感が分かりにくいと思うんで、ロゴスさんのグランベーシックEZアッセムコットと比較してみます。

 

コットより大きいという事実・・・💦

めだゆん
ラグジュアリーはダテじゃない・・・!!
デラックスレイチェアはお昼寝用のコットとして代用可能だからいいんじゃない?
めだちる

総重量 : (約)6.3kg、サイズ : (約)190×76×40cm、収納サイズ : (約)92×20×12.5cm、耐荷重目安(静止荷重) : (約)120kg、主素材 : フレーム:アルミ、生地:ポリエステル+PVCコーティング[商品詳細]EZハンドルシステムで簡単セッティング。大人のキャンプに似合う上質コット。組立簡単なEZハンドル付き、錆びに強いステンレス部品採用、収納バッグ付き

収納時

▼収納ケースに入っている状態はこんな感じ。

 

▼取り出すとこんな感じです。

上の写真はオットマンも一緒に入っていてのサイズです。

本体外観

▼正面

 

▼背面

 

▼側面

 

▼本体 + オットマン

デラックスレイチェアのカラーは落ち着いたブラウンカラーで、

今流行りのアースカラーのテントやギアとの相性も良さそうですね!

めだゆん
フレームの真鍮カラーが高級感があって最高ですね!

 

コンフォートマスター(R)デラックスレイチェアの組み立て

まぁいうて収束式なんで組み立て方を説明するほどでもないんですけど、ブログの尺もあるんでここは丁寧に説明していきますよ!

 

組み立て編

▼ケースから出す!(いるか?!このくだりいるのか!?)

 

▼そしたらば、チェアを広げまして・・・(我が美人妻がチェアを広げてるよ。ここ重要!!

 

▼背面のハンドルを持ちまして~

 

▼グッっと下に押し込む!

 

 

▼押し込む前はストッパーがこんな感じで浮き上がっていますので、

 

▼押し込んだらストッパーがしっかりとはまり込んでいるかを確認しましょう!

 

完成!(これで尺取れた!?)

※破損の原因になるかもしれないのでストッパーの確認は必ずしてください。

 

撤収編

基本的には設営手順の逆の作業になるんで、畳み方は省略しますね。

じゃあ何書くの?って話なんですが、

このデラックスレイチェアにはオットマンが別収納ケース付きで付属します。

その収納方法について。

 

▼デラックスレイチェア本体を折りたたむと背もたれ部分がこのようにたわんでいます。

ここに収納ケースに入れたオットマンを・・・

▼ドッキング!!

ガンダムがコアファイターと空中合体する時のような感じですよ。

ソース画像を表示

実際にケースにチェア本体とともにオットマンを収納しても、チェア本体のみの場合と収納時のサイズはさほど変わらないです。

 

なので荷物減らすのにオットマンは置いていこうなんて悲しいことは言わないでください。

 

角度調節編

▼”編”ってほどでもないんですが、アームレストの下側がこんな感じでガイドになっていまして。

左右のアームレストを上に持ち上げたら前後にスライドしてガイドのくぼみにはめこんで角度を決めます。

フィールドによっては脚が前後にスライドしづらい時があるので、背もたれに体重が加わらないように操作するといいと思います!

以上です。

 

コンフォートマスター(R)デラックスレイチェアの特徴

座り心地のラグジュアリー感

デラックスレイチェアの背もたれの幅は68㎝、座面幅52㎝と座り心地としてはゆったりと包まれる感じです。

 

ボクはレイチェアを持っていないのですが、量販店さんで実際に座り心地を確認してきました。

 

レイチェアは座面にしっかりと収まる感じで、デラックスレイチェアはそれに比べてゆったりとした座り心地です。

 

座り心地は個人の好みだと思いますが、どちらのチェアも手すりのサポートと背もたれのたわみ感が秀逸です。

 

またこのデラックスレイチェアの特徴として、手すりの天然木が最高なんです。

 

▼質感ももちろんなんですが手すり幅が絶妙

この幅のおかげで手を添えたときにしっかりと支えてくれるため、

木の質感と相まって優しくホールドしてくれるのでボクのお気に入りポイントです!

 

リクライニング角度の違い

レイチェアの場合、リクライニングは3段階です。

レイチェア(オリーブ) レイチェア(オリーブ) レイチェア(オリーブ)

引用:コールマン公式HP

 

デラックスレイチェアの場合、4段階まで調整でき、一番背もたれを倒した際にはほぼ仰向け状態まで倒すことができます。

 

リクライニングなしの状態。緩やかに角度が付いていますね。座面高も37㎝と、座った状態からの立ち上がりも楽にできますよ♪

 

1段階目。座っていたいけどくつろぎたいアナタへおすすめな角度。

 

2段階目。横になりたいけど景色は見ていたいそんなアナタへおすすめの角度。

 

3段階目。「もう起きてられない!私は寝るわよっ!後の作業はアナタがしなさい!!」って一方的に理不尽な態度をとりたいアナタへおすすめの角度です。

 

3段階目+オットマン。「もう私は微塵も動きません。機能停止中・・・。」おやすみなさい仕様が実装されています。

 

どうですか?座りたくなりましたか?座りたくなりましたよね??

 

デイキャンならコット要らず

ボクの場合、以前はデイキャンプでも昼寝をしたいがためにコット(組み立て式ベッド)を持っていっていました

 

ですが先ほどお伝えしたようにデラックスレイチェアでは最大まで角度を倒した状態でほぼ仰向けにまで倒すことが出来るので、コットがなくても十分に寝落ち可能!

 

荷物が嵩張ることは間違いないのですが、夫婦二人でのデイキャンプならそれほど荷物は多くならないため、フリーサイトなどの車横着けなら全く問題なし。

 

キャンプ場ではほぼ椅子の上というキャンパーさんで、極上のチェアライフを手に入れたい方は超絶オススメ。

 

オットマンが便利マン

「オットマンなんてオマケでしょ?」という声が聞こえてきそうです。

がっ!!

このオットマンはオマケなんかじゃございません!

オットマンの耐荷重は本体チェアと同様に約80kg!

つまりはオットマンに直接座っての作業も可能なんです。

めだゆん
足置きだけだと思ったの!?

 

実際にデラックスレイチェアってフィールドでも大きいので取り回しがしづらいのは確かなんですよね。

 

でもね、このオットマンがあるとこのデメリットは十分に払拭できます。

特に焚き火での作業中ですね。

パチパチやってるときにはこのオットマンに座って作業が出来ます。

 

ちょっと火元で作業する時にわざわざ椅子を動かすの面倒ですよね?

そんな時はオットマンだけでひょいと動かして作業出来ちゃうのでこれめっちゃ便利マン。

 

▼他には荷物用のスタンドとしても使えます。これもまためっちゃ便利マン!

めっちゃ便利マン・・・。

めっちゃ便利マン・・・!

 

まとめ

今回のレビューいかがでしたか?

キャンプチェアと一言で言っても様々!

つまりは使用するシチュエーションなどで最良のチェアは異なってくると思います。

 

めだゆん
じゃあどんなチェアを選んだら良いんだよ…!
という声が聞こえてきそうですね。

そんな欲しがりさんのためにこちらの記事で選びかたの解説をしていますので、是非一度覗いていってください。

(損はしないので・・・!!)

初心者向けキャンプチェアの選び方 画像多め

 

コンフォートマスター(R)デラックスレイチェアは座り心地重視のあなたにこそ試してほしい最高のラグジュアリーチェアです!

 

少々嵩張るのは否めないですが、そこを犠牲にしてでも余りあるメリット。

これならご自宅のおうち時間も充実するかも!?

 

オットマンに足を乗せて暖炉の前でウトウトしながら読書にふける・・・なんてダンディーな週末の午後も手に入るかもしれないですよ!?

 

残念なことに現在(2021.2.24)デラックスレイチェアの販売は無いようなんです。

めだゆん
ここまでしゃべくりまわしといて・・・!?

しかしながら互換商品のレイチェアは更なるカラーバリエーションで展開中です!

 

こちらはデラックスレイチェアに比べて一回りコンパクトですし、オットマンはついていないもののハイバックチェアでは人気商品です!

こちらも是非オススメですよぉ~www

 

 

めだゆんブログではこれからも少しづつではありますが、キャンプギアやゲーム関連のガジェットのレビュー記事を投稿していきます。

「めだゆん、心折れずに頑張れ!」と思っていただけるなら、是非Twitter(@medayoonblog)の方にコメント・フォローお待ちしています!

 

あがちょ!(注:ありがとうございましたの意)

 

-キャンプ, レビュー
-,