アーカイブ テント・タープ

asobito(アソビト)焚き火軍幕が軍幕以上すぎる【キャンプギアレビュー】

めだゆん

キャンプギアどばどば・ガジェットちょびちょびレビュー中⤴⤴ SNSフォロー切に願います‼

めだゆんブログ|キャンプギア&ガジェットのレビューブログ - にほんブログ村

 

どもども!

めだゆんブログめだゆんです!

 

今回はasobito(アソビト)から新たに発売された最新男前ギア

 

【焚き火軍幕】についてのレビューになります!

 

asobito(アソビト)焚き火軍幕が軍幕すぎる はじめに

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

株式会社 ビッグウイング(@bigwing1995)がシェアした投稿

 

おはこんにちは!

 

毎日寒い日が続きますが皆さんは風邪など召されていませんでしょうか?

(執筆2022.2)

 

この2月という季節は1年で最も寒くなる時期なので、根っからのコアキャンパーさん以外はなかなかキャンプには行かない(行けない)という方も多いかと思います。

 

ですがアパレル業界ではそろそろ春物の新作が出始めるのもこの時期ですよね♪

めだゆん
中々に寒いので春物を選ぶ気になれない…
じゃあめだゆんさんが要らないなら私の春服を買って♡
めだちる
めだゆん
ボクもそうしてあげたいのはやまやまなんだけど…そうもいかないんだ。

えっ?どうして?春物は買う気になれないんでしょ…?
?
めだゆん
あくまでもそれは洋服の話さ!これから春のお花見キャンプに向けて新作アウトドアギアを品定めしなくちゃいけないからね!
そろそろいい加減にしときや!!怒
めだちる
めだゆん
皆さんもお財布の中身と奥様には気をつけなはれや…!

 

ということで「茶番(ちゃばん)」という名のめだゆん劇場が”閉幕”致しましたので、本題の軍幕”について…。

 

今回の軍幕はネーミングこそ軍幕と付いていますが、いわゆる本物のビンテージ幕ではなく

 

かの帆布製品で有名なasobito(アソビト)から今年2022年に新しくラインナップされた最新幕の【焚き火軍幕】です!

 

これは生粋のミリタリーファンから軍幕愛好家、更には無骨キャンプを目指したいアナタにも超絶オススメしたい幕体なので、是非最後までお付き合いいただけると幸いです!

 

asobito(アソビト)とは

出典:bigwing.co.jp

 

もの遊び(asobi)と外(soto)の組み合わせから生まれたasobito。

引用:bigwing.shop

 

asobitoと言えばなんといっても”帆布製品”

 

収納ケースやツールボックス、ポールキャリーやマルチシートなど、キャンプには欠かせないアイテムの数々を販売されています。

 

ことasobitoに関してボクが特にオススメしたいのは”他社とは一線を画する無骨な見た目”!

 

とにかく帆布の風合いがカッコ良いのです!!

 

 

全てご紹介するには尺が足りないので控えさせて頂きますが、皆さんも収納ケースなどをご検討された際に一度は目にしておられるはず…‼

めだゆん
asobitoはこだわりのキャンプ製品を数多く取り扱っておられるBIGWING のオリジナルブランドです。

 

前回・前々回にもご紹介したSnugpak(スナグパック)日本公式取り扱い店もBIGWINGさんです!

ハイコスパで良質幕です!是非ご覧くださいね♪
めだちる
イオノスフィアレビューソロにオススメ【キャンプギア】

  どもども! めだゆんブログめだゆんです!   今回レビューするのはミリタリーライクがカッコイイ!!   Snugpak(スナグパック)【イオノスフィア】のレビューです ...

続きを見る

スコーピオン2(スナグパック)レビューゆったりソロにオススメテント

  どもども! めだゆんブログ、めだゆんです!   今回は前回に引き続きSnugpak(スナグパック) の【スコーピオン2】をレビューしていきます!   スコーピオン2レ ...

続きを見る

 

今回はそんなasobitoから発売開始となった最新幕、無骨ミリタリーがカッコイイ【焚き火軍幕】をレビューしていきます!

 

焚き火軍幕(asobito) スペック

出典:bigwing.shop

<型番> abt-001
<販売価格> 18,700円(税込)
<サイズ> 幅180×奥行180cm
<カラー> オリーブ、キャメル
<素材> 本体:コットン100%(難燃加工)、テープ:ポリエステル100%(難燃加工)、ボタン:鉄

出典:bigwing.shop

 

焚き火軍幕ってどんな製品?

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

medayoonblog(@medayoon_camp)がシェアした投稿

軍幕をご存知ない方にまず軍幕について簡単にご説明を。

 

焚き火軍幕は軍幕インスパイア製品

軍幕は戦時中に兵隊さんが野営時に用いていたテントになります。

 

そのため必要最小限のサイズでの設営が出来るように幕体は極々シンプルな設計です。

出典:bigwing.shop

兵士一人につき1枚の幕が支給され、人数に応じて各幕体を接続して使用していたようです。

めだゆん
ボクも軍幕を使用していますので、軍幕についての詳しい内容についてはコチラの記事をご覧ください。
ポーランド軍幕サイズ3レビュー【キャンプギア】

どもども! めだゆんブログめだゆんです!   今回はボクが最近購入した軍幕【ポーランドポンチョテント(サイズ3)】をレビューしていきます!   ポーランド軍幕サイズ3レビュー はじ ...

続きを見る

 

なので軍幕はそれぞれを接続できるように無数のボタンが配置されています。

 

asobitoの【焚き火軍幕】にもそれと同等の仕様になっており、周囲に接続用のタックボタンとボタンホールが設定されています。

▼タックボタン

▼ボタンホール

出典:bigwing.shop

四方の二辺にはタックボタンを6個ずつ計12個。残りの二辺にはボタンホールがを装備。

 

1枚でも複数枚でも…!

繰り返しますが【焚き火軍幕】には幕体を取り囲むようにしてボタンとボタンホールがついているため、複数枚を連結することが可能です。

使用枚数と設営イメージ

【1枚】 → タープやハーフシェルター

【2枚】 → ティピー

【4枚】 →  パップテント

 

1枚でタープとして、

商品のイメージ

出典:bigwing.shop

2枚ならティピー型、

出典:bigwing.shop

4枚合わせればパップテントに。

出典:bigwing.shop

 

めだゆん
パップテントのオススメが気になる方はコチラも合わせてご覧ください!
パップテントおすすめAmazon調べ【キャンプギアレビュー】Vol.1

どもども! めだゆんブログ、めだゆんです! ボクめだゆんは現在キャンプ歴5年目の生粋の初心者ファミリーキャンパーなんですが、いつかはきっとソロデビューしたい!   ということで今回のテーマは ...

続きを見る

 

また【焚き火軍幕】のサイズに関してですが、単体(1枚)サイズは180×180cmです。

 

実は軍幕の中にはポンチョとして使用できるものもあり、同じ軍隊の幕体でもサイズが異なる仕様のものもあります。

 

180×180㎝はその中でも大きなサイズの部類です。

 

またこの四角形の形状は複数枚合わせても組み合わせがしやすいです。

めだゆん
軍幕は思っているより狭いので、このサイズくらいじゃないと泊りはしんどい💦

 

複数枚で使用が可能ということは、慣れていないうちはまず1枚買って、少しづつ買い足して拡張するという方法も出来ますね♪

 

つまりasobitoの【焚き火軍幕】は本物の軍幕にインスパイアされながらも、

 

”現代人にも無理のない仕様に設計されている”ということです!

 

軍幕インスパイア?いやそれ以上か…

前項では

「【焚き火軍幕】は軍幕をインスパイアした製品jだ」

 

なんて申し上げましたが、

 

いやいやちょっとお待ちくださいませ。

 

即刻訂正です。

 

『【焚き火軍幕】は軍幕をさらに昇華させた新たな軍幕』

 

これでいきましょう!

 

軍幕はコットン(綿)100%であるため火の粉に強い…これはキャンパーさんなら当然の知識ですよね。

めだゆん
燃えないわけではないですよ!?あくまでも”燃えにくい”ですよ!?

 

そこは履き違えてはいけませんが、軍幕はそういった点でもオススメの幕なのです。

 

では【焚き火軍幕】は?

 

よく聞いてくれました。

 

【焚き火軍幕】にはasobitoが誇る

 

”takibi hamp”が使用されています。

焚火帆布の説明

出典:bigwing.shop

takibi hampって?

「takibi hamp」は難燃・撥水加工された綿100%の帆布生地です。

これまで100%の天然素材に撥水加工が施された素材に撚加工処理は困難とされてきましたが、

asobitoの徹底した帆布製品へのこだわりが火に癒しを求める全てのキャンパーのためにこの製品を作り上げました。

 

通常の軍幕であれば(購入する個体にもよりますが)コットン生地はそのままなので、もし撥水加工をしたいのであれば「蝋引き」という作業が必要になります。

▼蝋引きに必要なグリーンランドワックス

created by Rinker
FJALL RAVEN(フェールラーベン)
¥1,500 (2022/05/17 20:16:37時点 Amazon調べ-詳細)
めだゆん
これがまた結構大変な作業なんですよ💦

 

asobitoの【焚き火軍幕】に「takibi hamp」が使用されているため、予め撥水加工が施されている上に難燃加工処理までされているわけです。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

株式会社 ビッグウイング(@bigwing1995)がシェアした投稿

 

しかも綿100%帆布生地で軍幕と相違ない風合いもそのままに。

 

これで1枚18,700円(税込)・・・。

 

正直「高い」って思う方もいらっしゃるかもしれませんが、軍幕はその希少性から今どんどん価格高騰中。

 

ボクが購入した軍幕も1枚2万円なら安い方です。

 

それでいて【焚き火軍幕】はさらにスペックが高いとなると・・・

めだゆん
皆まで言わずとも…お分かりですよね?

 

ちゃんと使いやすい軍幕になってます

正直な話を申し上げますと、ボクも使用している軍幕というテントはそもそもキャンプなどのレジャーを楽しむためのモノではないため、それほど使い勝手が良いというものではありません。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

medayoonblog(@medayoon_camp)がシェアした投稿

 

なので一般的にキャンプなどで使用するなら現行品として販売されている機能性の高いテントを選ぶべきです。

めだゆん
最近のボクのオススメはHiranderのディアーグです。
ハイランダー新作ソロテント【ディアーグ】口コミレビュー

  どもども! めだゆんブログ管理人めだゆんです!   今回はボクが個人的にソロにオススメだと思ったHilander(ハイランダー)の新型Aフレームテント【ディアーグ】の調査レビュ ...

続きを見る

 

asobito【焚き火軍幕】の生地裏面には何かと便利なハンギングテープが設定されています。

出典:bigwing.shop

「これだけ?」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、これが”無骨”というものです。

 

無骨とは「洗練されておらず、素朴なさま」

 

つまり色々と機能性や装飾などが施されていては”無骨”は名乗れないのです。

 

ゆえに最低限のこの性能(ハンギングテープ)がついているだけでもこの【焚き火軍幕】は優秀ということです!!

 

まとめ

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

株式会社 ビッグウイング(@bigwing1995)がシェアした投稿

 

今回の内容をまとめていきましょう。

 

焚き火軍幕の特徴

  • 焚き火軍幕は軍幕だけど軍幕以上!
  • 組み合わせ方(枚数)でバリエーションが豊富
  • 難燃・撥水帆布「takibi hamp」で風合いも素敵♪
  • ”無骨”さはそのままに嬉しいハンギングテープ付き

 

ボクはポリエステル生地やポリコットン生地のタープを複数枚所有していますが、初めて綿100%の軍幕を手にしたときは前者との圧倒的な風合いの違いを感じましたね。

 

もちろんポリエステルにはポリエステルの、ポリコットンにはポリコットンの良さがそれぞれにあります。

 

でもこれだけは伝えておきます。

 

もしアナタが無骨キャンプにご興味がおありで、ワイルドな雰囲気を楽しみたいなら

 

『【焚き火軍幕』は絶対にオススメです』

 

おしまい٩(๑❛ڡ❛๑)۶

 

それでは皆さん素敵なキャンプライフを☆彡

 

主人のTwitterもフォローお願いします♪
めだちる

▼Instagram

:@medayoon_camp

 

ご紹介した製品

▼難燃&撥水&無骨!【焚き火軍幕】

商品のイメージ

出典:bigwing.shop

公式販売サイト

今すぐCHECK!!

BIGWING

 

オススメ記事

▼リアル軍幕”ポーランドポンチョテント”

ポーランド軍幕サイズ3レビュー【キャンプギア】

どもども! めだゆんブログめだゆんです!   今回はボクが最近購入した軍幕【ポーランドポンチョテント(サイズ3)】をレビューしていきます!   ポーランド軍幕サイズ3レビュー はじ ...

続きを見る

 

▼Snugpak(スナグパック)イオノスフィア

イオノスフィアレビューソロにオススメ【キャンプギア】

  どもども! めだゆんブログめだゆんです!   今回レビューするのはミリタリーライクがカッコイイ!!   Snugpak(スナグパック)【イオノスフィア】のレビューです ...

続きを見る

 

▼Snugpak(スナグパック)スコーピオン2

スコーピオン2(スナグパック)レビューゆったりソロにオススメテント

  どもども! めだゆんブログ、めだゆんです!   今回は前回に引き続きSnugpak(スナグパック) の【スコーピオン2】をレビューしていきます!   スコーピオン2レ ...

続きを見る

 

▼Amazonおすすめのパプテントまとめ

パップテントおすすめAmazon調べ【キャンプギアレビュー】Vol.1

どもども! めだゆんブログ、めだゆんです! ボクめだゆんは現在キャンプ歴5年目の生粋の初心者ファミリーキャンパーなんですが、いつかはきっとソロデビューしたい!   ということで今回のテーマは ...

続きを見る

 

▼ハイランダー新作テント”ディアーグ”!

ハイランダー新作ソロテント【ディアーグ】口コミレビュー

  どもども! めだゆんブログ管理人めだゆんです!   今回はボクが個人的にソロにオススメだと思ったHilander(ハイランダー)の新型Aフレームテント【ディアーグ】の調査レビュ ...

続きを見る

 

スポンサーリンク

 

めだゆん
ブログ村の応援フォローお願いします!

PVアクセスランキング にほんブログ村

めだゆんブログ|キャンプギア&ガジェットのレビューブログ - にほんブログ村

-アーカイブ, テント・タープ