ガジェット レビュー

1万円前後 高コスパなノイキャンワイヤレスイヤホン5選

めだゆんブログ|キャンプギア&ガジェットのレビューブログ - にほんブログ村

 

どもども!

めだゆんブログ、めだゆんです!

 

今回は【1万円前後 高コスパなノイキャンワイヤレスイヤホン5選】のご紹介です!

 

 

1万円前後 高コスパなノイキャンワイヤレスイヤホン5選 はじめに

今回はコスパ系オーディオ好きのめだゆんが是非オススメしたい1万円前後で購入可能なハイコスパ系ノイズキャンセリング機能付きワイヤレスイヤホン5選をご紹介していきます!

 

そもそも何を基準に選べば良いの?

という方のために、まずは簡単にイヤホンスペックの確認するポイントをお伝えしていきます。

 

とにかくコスパが良くスペックも譲れないワイヤレスイヤホンが欲しいアナタへ!

 

是非最後までお付き合いください!

 

ハイコスパなノイキャンワイヤレスイヤホンを買うためのチェックポイント!

ノイキャン系ワイヤレスイヤホンと言えども、近年では機能・価格とも本当に様々な機種が販売されています。

 

そこでまずは1万円前後で購入できる製品の中で最低限押さえておきたいポイントをお話していきましょう。

 

ハイコスパなノイキャン機能付きワイヤレスイヤホンを購入するための各種スペック項目は以下になります。

 

スペックの確認ポイント

  • 接続安定性(左右同時伝送)
  • 音質は対応コーデックやドライバースペックを確認
  • 連続再生時間(5時間以上)
  • ノイズキャンセリングにこだわるならカナル型
  • IPX5以上の防水性

 

その他にも最新Bluetooth規格に対応していたり独自のマイク機能が搭載されていたりとスペックの広がりは様々ですが、1万円前後で上記したスペックに合ってはまる要素のあるワイヤレスイヤホンはオススメ出来ます。

 

正直なところ1万円以下では上記のスペックを全て満たした製品は中々ありませんが、これらの内容を理解しておくことでスペックを確認する際の判断材料になると思います。

 

それでは各項目について解説していきます。

 

接続安定性(左右同時伝送)

ワイヤレスイヤホンは音のデータをデバイス側からイヤホン側へBluetooth接続により伝えています。

 

イヤホンによっては左右イヤホン端末が親機と子機に分かれるリレー伝送式を採用している機種もありますが、一度親機を介してから子機側へデータを伝送する方式のため音飛びや音の遅延を生じやすいのが難点。

 

そこでそういった音飛びや音切れが起こらないように左右イヤホンの端末に各々直接音データを伝送する左右同時伝送方式を採用したイヤホンがオススメ。

出典:SONY/WF-1000XM3

 

音飛びや遅延は頻回に生じると使用時にストレスになるので、こういった不具合を避けたい方は製品の説明書きに「片耳対応」「MCSync対応」「最新TWS技術」などの文言があることを確認してみてください。

 

音質は対応コーデックやドライバースペックを確認

オーディオデバイスにとって最重要項目と言っていいのが

 

音質。

 

近年ではハイレゾ対応のメディアも増えてきているので音質の良いイヤホンを選びたいところ。

 

そこで音質を左右するスペック項目が各イヤホンに搭載されている

 

《コーデックとドライバーユニット》です。

 

コーデックに関してはSBCやAACコーデック対応が標準的な音質スペック。

 

高音質のイヤホンを選びたいなら迷わず【aptX Adaptive】コーデック対応機種のイヤホンをチョイスしましょう。

 

ドライバーユニット音の迫力感や音の”鳴り”に重要なパーツ。

ダイナミックドライバーなどの大径ドライバーはインパクトのある低~中音域をカバーすることが多く、いわゆるドンシャリ系の弾みのあるサウンドが楽しめます。

 

またバランスドアーマチュア(BA)ドライバーと呼ばれる種類では、小径ドライバーである特性を活かして片耳に複数配置することにより幅広い音域をカバーします。

 

音質は好みではありますが、高価なイヤホンほどBAドライバーユニットを搭載していることが多いです。

 

連続再生時間(5時間以上)

外出先で使用することの多いワイヤレスイヤホン。

「さて、音楽でも聴こうかな。」

と思った矢先に電池切れなんて避けたいですよね。

 

なのでイヤホン端末単体での連続再生時間

 

最低でも5時間以上

 

の機種をオススメします。

 

5時間くらいあればその日のうちに余程連続で再生しない限りは電池切れになる心配は少ないでしょう。

 

えっ?5時間って短くない?何か不安…

 

安心してください。

 

近年のワイヤレスイヤホンはイヤホン端末とは別に充電ケースが付属しており、使用していない間はケースでイヤホン端末を充電可能です。

なのでイヤホン端末の連続再生時間ケース込みの充電時間を確認しておくと良いでしょう。

 

ノイズキャンセリングにこだわるならカナル型

 

ノイズキャンセリング機能とは

《外部の騒音などをイヤーパッドやフィルター、イヤホン本体内蔵のマイクで集音した後にデジタル処理して不必要な音を選択的に打ち消す技術》

のこと。

 

イヤホン内部のマイクを通して音信号をデジタル処理される機能を

アクティブノイズキャンセリング(ANC)

というのに対して、

イヤホンそのものの形状や材質によって外部の音を制限する機能を

パッシブノイズキャンセリング(PNC)

と言います。

 

ANCはメーカースペックなどで機能は一様に推し量れませんが、PNCは耳への密着性によるところが大きいため、高価なイヤホンほどカナル型を採用していることが多いです。

 

ゆえにノイズキャンセリングの恩恵を受けたいのであれば『カナル型』をオススメします。

 

IPX5以上の防水性

近年ではスマートフォンなどもデフォルトで実装されている防水性能。

スポーツなどの屋外アクティビティやキャンプブームなどの影響により、多くの電気系デバイスが防水設計を採用しています。

 

もちろんイヤホンも同様に、外出先での突然の雨ランニング中の音楽再生など、様々な場面であると助かるのが防水性能です。

 

IPX5基準であれば

[あらゆる方向からの噴流水による有害な影響がない]

と規定されるスペックなので、生活防水以上の機能性を期待できます。

 

屋外の使用で安心できる防水性が欲しいならIPX5以上の機種を選びましょう。

 

前置きが長くなりました・・・

 

ここまでスペック選びのポイントをご紹介しましたがもしかして今こんなこと考えていませんか??

 

スペック確認するのも面倒だな…

 

そんなアナタのために!!

 

今回はコスパ系オーディオ好きのボクめだゆんが

1万円前後で購入可能なノイズキャンセリング機能付きワイヤレスイヤホンを5機種厳選してお届けします!

 

めだゆん
スペックの見方についてもう少し詳しく確認したい方はコチラの記事も合わせてお読みください!
ワイヤレスイヤホンの選び方,ノイズキャンセリングなどおすすめの比較方法

どもども! 夢見る管理人、めだゆんです! 今回はワイヤレスイヤホンの選び方についての解説です。     はじめに 最近では ほぼほぼ と言っていいほどワイヤレスイヤホンが主流になっ ...

続きを見る

 

Anker Soundcore Life A2 NC

まず初めにご紹介したいのが皆さんもご存じAnker社製のワイヤレスイヤホンAnker Soundcore Life A2 NC】です。

Soundcore Life A2 NC

出典:ankerJapan

SPECはコチラ

  • 製品名 : Soundcore Life A2 NC(Anker)
  • 製品型番 : A3935011 (ブラック)
  • Amazon評価 :
  • 重さ : 約67g (充電ケース含む)
  • 防水規格 : IPX5
  • 通信規格 : Bluetooth 5.0
  • 再生可能時間 :
    通常モード
    :最大7時間 (イヤホン本体のみ) / 最大35時間 (充電ケース使用時),
    ノイズキャンセリングモード:最大6時間 (イヤホン本体のみ) / 最大30時間 (充電ケース使用時),
    外音取り込みモード:最大6時間 (イヤホン本体のみ) / 最大30時間 (充電ケース使用時)
  • 充電時間 : 約2時間
  • 充電端子 : USB Type-C
  • プロファイル : AVRCP,A2DP,HFP,HSP
  • コーデック : SBC / AAC
  • パッケージ内容 : Soundcore Life A2 NC,充電ケース,イヤーチップ (XS / S / M / L / XL *Mサイズは本体に取り付け済み) ,イヤーウィング (S / M / L *Mサイズは本体に取り付け済み) ,USB-C & USB-Aケーブル,クイックスタートガイド,安全マニュアル,カスタマーサポート
  • 保証期間 : 18ヶ月保証 + 6ヶ月 (Anker会員登録後)
  • Anker公式製品ページを見に行く

 

Anker

Anker(アンカー)社と言えばモバイルバッテリーやモバイル機器関連製品を販売するハードウェア大手のメーカー。

そんなAnkerが手掛けるオーディオシリーズが『Soundcore』シリーズです。

 

その中でも特にお勧めしたいハイコスパワイヤレスイヤホンが

【Soundcore Life A2 NC】です。

 

Soundcore Life A2 NC】特徴

圧倒的ウルトラノイズキャンセリング機能

Soundcore Life A2 NC

出典:ankerJapan

Soundcore Life A2 NC】の一番の特徴は「ウルトラノイズキャンセリング」機能を採用していること。

イヤホンの外側と内側に配置した2つのマイクにより、周囲の音を検知し雑音を除去します、周囲の環境音に合わせてノイズキャンセリングの強弱を変更し、音楽を聴くためのベストな環境を提供してくれます。

 

11mmの大口径ドライバー

Soundcore Life A2 NC

出典:ankerJapan

Soundcore Life A2 NC】イヤホンの内部には11mmの大口径ドライバーを搭載しており、重低音を強調した力強いサウンドで音楽を楽しめます。

バッテリー再生時間もイヤホン単体で最大7時間、ケース込みで最大35時間と、使い方次第では数日間電池切れを気にすることなく使用できます。

 

専用アプリ”Soundcore”による簡単操作

 

Soundcore Life A2 NC

出典:ankerJapan

Soundcore Life A2 NC】はAnkerのSoundcoreアプリをダウンロードすることで、ご自身の好みに合わせたイコライジングのプリセットを作成することができます。

 

同アプリの操作画面をタップするだけで3つのノイズキャンセリングモード

  • 通常モード
  • ノイズキャンセリングモード
  • 外音取り込みモード

を選択でき、再生するシチュエーションに応じて簡単にモード変更が可能です。

 

安心の防水設計と長期保証

Soundcore Life A2 NC

出典:ankerJapan

防水適合基準もPX5防水規格に適合し、雨の降る屋外でも音楽を楽しむことが出来ます。

また購入後18ヶ月間のロングラン製品保証が付いているほか、Anker公式オンラインストア会員に登録後は延長保証がさらに6ヶ月自動延長され最大2年間の超ロング安心の保障体制。

 

Anker社製のノイズキャンセリング機能はとにかく優秀で、1万円を下回る価格帯では特に高いノイキャン性能を享受したい方はこの機種をオススメしたいです。

Anker Soundcore Life A2 NC ご購入はコチラから

  • 高性能のイズキャンセリング機能
  • 11mm大径ドライバによる大迫力で没入感のあるサウンド
  • 専用アプリ”Soundcore”自在なイコライジング

を楽しみたい方へオススメの機種です。

 

EarFun Air Pro

続いてご紹介するのは低価格帯でありながらも高機能なハイコスパワイヤレスイヤホンに定評のあるEarFun Air Pro】です。

EarFun Air Pro

出典:EarFun

SPECはコチラ

  • 製品名 : EarFun Air Pro
  • Amazon評価 :
  • 重さ : 約42g(充電ケース+イヤホン)
  • 防水規格 : IPX5(充電ケースは防水仕様なし)
  • 通信規格 : Bluetooth 5.0
  • 再生可能時間 :
    ノーマルモード;
    最大7時間(イヤホン本体のみ),最大32時間(充電ケース使用時),
    ANCモード;最大6時間(イヤホン本体のみ),最大27時間(充電ケース使用時)
    ※コーデックや音量、オーディオ内容などにより短くなる場合があります。
  • 充電時間 : 1.5時間(イヤホン),2時間(充電ケース),3.5時間(ワイヤレス充電)
  • 充電端子 : USB Type-AtoC
  • プロファイル : AVRCP,A2DP,HFP,HSP
  • コーデック : SBC / AAC
  • パッケージ内容 :EarFun Air Pro,充電ケース,イヤーチップ(S/M/L),USB-Cケーブル,取り扱い説明書
  • 保証期間 : 30日間返金保証,18ヶ月保障,専門サポート
  • EarFun公式製品ページを見に行く

 

EarFun logo

EarFun(イヤファン) は2020.1に米ラスベガスで開催された世界最大のエレクトロニクス技術見本市「CES2020」2つのイノベーションアワードを受賞した新進気鋭のオーディオブランドです。

 

2018年に工業デザイナー・音響エンジニア・音楽愛好者などのプロフェッショナル集団が発足した次世代のワイヤレス機器を提供している企業です。

めだゆん
コチラの記事でもEar Fun製品をご紹介しています!
ワイヤレスイヤホン×コスパ5,000円以下×Amazon【ガジェットレビュー】

目次 コスパの良いワイヤレスイヤホンとは? ハイコスパなワイヤレスイヤホンを購入するために イヤホン形状で選ぶ 音質で選ぶ 接続性安定性について Amazonで買える高評価ワイヤレスイヤホン Otiu ...

続きを見る

 

【EarFun Air Pro】特徴

QuietSmart™ハイブリッド式のノイズキャンセリング機能

EarFun Air Pro

出典:EarFun

EarFun Air Pro】は高精度のハイブリッド式ノイズキャンセリング機能であるQuietSmart™」を搭載。

環境音を外部のフィードフォワ―ドマイクで集音した後、内部のフィードバックマイクで修正された音データが耳へ送られます。

 

これにより最大38dBものノイズを低減し、

 

3つのノイズキャンセリングモード

  • ノーマルモード
  • 外音取り込みモード
  • アクティブノイズキャンセリングモード

によりシーンに合わせたサウンドに調整可能です。

 

出典:EarFun

またドライバーに関しても高精度ノイズキャンセリングによる静寂性と豊かなサウンドを構築するために、世界有数のオーディオメーカーであるEdifierとコラボした

 

『PROMINENT SOUND SYSTEM』

という専用ドライバー採用しています。

 

EarFun Air Pro

出典:EarFun

コチラのドライバーは大径の10mm低歪みドライバーであり、サウンドをクリアに強調しつつも長時間聴いていても飽きのこない聴きやすさが魅力です。

 

シームレスな操作性と快適性

EarFun Air Pro

出典:EarFun

EarFun Air Pro】はイヤホン内部に高性能加速度センサーにより指でイヤホン本体を

”軽くタップ”するだけ

のストレスのない操作感です。

センサー式であるメリットは、ボタン式とは違って押したときの耳への負担(イヤホン越しに耳が押される)が無いことです。

 

wearing

出典:EarFun

EarFun Air Pro】はコンパクトかつ軽量でエルゴノミクスデザインにより耳への快適な装着感を提供してくれます。

付属品には各サイズ(S/M/L)のイヤーチップを同梱しており、パッシブノイズキャンセリング機能を最大化させるカナル型の性能を十分に引き出してくれます。

 

EarFun Air Pro

出典:EarFun

EarFun Air Pro】は両耳装着時には没入感を得られるリアルなサウンド体験を提供してくれます。

また最新TWS技術によりイヤホンL/R片耳どちらでも接続使用可能な片耳モードに対応

デュアル

ステレオモード

シングル

片耳モード

出典:EarFun

これにより音楽鑑賞のみならず作業中の装着や通話の際など、あらゆるシチュエーションでマルチにイヤホンが活躍してくれます。

 

着脱による自動再生/停止機能付き

EarFun Air Pro

出典:EarFun

個人的に【EarFun Air Pro】の一番のお気に入り機能

 

『装着検出機能』です。

 

イヤホン本体に赤外線センサーが内蔵されており、片方のイヤホンを外すと再生している音楽を自動停止してくれます。

(再度イヤホンを耳へ装着することで、自動的に再生が始まります。)

 

とっさにイヤホンを外した際に外部に音が漏れるのを防いでくれるため、混雑した電車内などでも周囲に音を漏らしません。

 

EarFun Air Pro】は購入後30日以内であれば返金保証対象で、安心の18ヶ月のロングラン保障付き。

防水IPX5で耐汗性と耐水性を強化したモデルであるため、スポーツやワークアウトの時も安心です。

 

【EarFun Air Pro】は専用ドライバー搭載によるこだわりの音質最新TWS技術による安定した接続性が魅力のワイヤレスイヤホンです!

EarFun Air Pro のご購入はコチラから

  • 世界のEdifierコラボの専用ドライバーを搭載したダイナミックサウンド
  • 最新TWS技術よる安定した接続性
  • 片耳モードでマルチな使いやすさ

が魅力のワイヤレスイヤホンです。

 

Jabra Elite Active 65t

続いては基本スペックに忠実な硬派なワイヤレスイヤホン【Jabra Elite Active 65t】をご紹介します。

出典:jabra.jp

SPECはコチラ

  • 製品名 :Jabra Elite Active 65t
  • Amazon評価 :
  • 重さ :6.5g(R)5.8g(L), 67g(充電ケース)
  • 防滴・耐塵設計 :IP 56 
  • 通信規格 : Bluetooth 5.0
  • 連続再生時間 : 5時間(イヤホン本体のみ),充電ケースで+10時間
  • 充電時間 : 2時間(フル充電),15分の高速充電で最高1時間再生
  • 充電端子 :Micro USB
  • プロファイル : ヘッドセットプロファイル,ハンズフリープロファイル,A2DP,AVRCP,PBAP
  • コーデック : AAC (Advanced Audio Coding)
  • パッケージ内容 :イヤホン本体,充電ケース,イヤーチップ(S/M/L),USBケーブル,取り扱い説明書
  • 保証期間 : 保証 1 年 (アプリでの登録で 2 年間の耐塵・耐水保証)
  • Jabra公式製品ページを見に行く

カバーアート

Jabra(ジャブラ)はGNグループのGN Mobileが手掛けるオーディオブランドで、デンマーク・コペンハーゲンに本拠地を置く会社。

創業者であるJabraが1869年に電信会社として創業。古くは日本・ユーラシア大陸の通信ケーブルを敷設し、デンマーク企業としては日本と深い関わりのある企業です。

GNグループは1986年に日本のコンタクトセンターなどへ業務用ヘッドセットの供給を開始し、その後2002年にコンシューマー向けヘッドセットブランド”GN Mobile”のブランドとしてJabraが誕生しました。

 

【Jabra Elite Active 65t】特徴

世界初”ウルトラノイズキャンセリングマイク”

コンタクトセンター向けの業務用ヘッドセットの供給を担った企業として、マイク性能技術を高めることは必須であったと思います。

そんなGNグループのオーディオブランドJabraは世界初のウルトラノイズキャンセリングマイク(指向性マイク)を開発したメーカーです。

 

出典:jabra.jp

指向性マイク開発の長い歴史をもつJabraの【Elite Active 65t】はAppleもiPhoneに搭載しているMEMSマイクを採用しており、クラス最高峰の通話パフォーマンスを誇ります。

独自の4マイクロテクノロジーにより通話時の妨げになる雑音をカット、6mmの高性能スピーカーからナチュラルでクリアな通話音質を提供してくれます。

 

イヤージェルによる抜群の装着感

【Jabra Elite Active 65t】には付属品として3サイズ(S/M/L)のイヤージェルが同梱されます。

ノイズキャンセリング搭載のワイヤレスイヤホンにとってイヤーチップの性能は特に重要で、耳穴とイヤホンの密閉性を高めることでノイズキャンセリングを最大限機能させることが出来ます。

 

▼タップしてフィット感を確認できます。

【Jabra Elite Active 65t】はスポーツなどのActiveな環境を想定した製品であるため、付属するイヤージェルは激しい頭の揺れにもしっかりとフィットしてくれます。

専用のイヤージェルは密着性を高めながらもアナタの耳への負担を感じさせません。

 

専用アプリ”Jabra Sound+”による自分カスタム

  

【Jabra Elite Active 65t】は専用アプリ”Jabra Sound+”により多彩なカスタマイズが可能になります。

Jabra Sound+の機能

  • イコライジング機能
  • SmartSound による環境音の自動調整
  • 外部取り込み音の調整
  • 通話中のサウンド調整
  • バッテリーステータスの管理
  • イヤホンの自動アップデート
  • アクティビティトラッキング(本機のみ対応)

スクリーンショット画像

専用アプリを使用することで、イヤホンを紛失したもしもの際にもGPS機能によりアナタの大切なイヤホンの居場所を探し出すことが出来ます。

またこのアプリを取得することで、通常の保証期間1年間に加えてプラスもう1年の合計2年間の製品保証が受けられます。

 

防滴・耐塵設計IP56認定による優れた耐久性

出典:jabra.jp

【Jabra Elite Active 65t】は防滴・対塵設計IP56認定に準拠しており、アクティブな環境での使用をもろともしません。

※IP56は

5(防塵): 機器の正常な作動に支障をきたしたり、安全を損なう程の料の粉塵が内部に侵入しない
6(防水): いかなる方向からの水の強い直接噴流によっても有害な影響を受けない 

もちろんもし汗や塵などで故障しても、アプリでの登録で2年間の保証を受けることが出来るので安心ですね♪

 

【Jabra Elite Active 65t】は日常的にスポーツやジムなど、とにかくアクティブに活動したい方耳へのフィット感を重視したい方へオススメです!

Jabra Elite Active 65t のご購入はコチラから

  • ウルトラノイズキャンセリングマイク搭載
  • 専用イヤージェルによる最高の着け心地と遮音性
  • 専用アプリ"Jabra Sound+”での直観的操作性

とにかくタフで装着感にこだわったワイヤレスイヤホンです!

 

SOUNDPEATS Sonic Pro

続いては国内最大級のオーディオビジュアルアワード受賞ワイヤレスイヤホン【SOUNDPEATS Sonic Pro】をご紹介します。

出典:SOUNDPEATS

SPECはコチラ

  • 製品名 :Sonic Pro(SOUNDPEATS)
  • Amazon評価 :
  • 重さ :約6g(イヤホン片側), 約47g(充電ケース)
  • 防滴・耐塵設計 :IPX5
  • 通信規格 : Bluetooth 5.2
  • イヤホン再生時間 :約15時間(イヤホン本体のみ),最大35時間(充電ケース込み)
  • 充電時間 : イヤホン充電時間約1.5時間,充電ケースの充電時間約2時間
  • 充電端子 :USB Type-C
  • プロファイル :HSP ,HFP,A2DP,AVRCP
  • コーデック :SBC、 AAC、AptX Adaptive
  • パッケージ内容 :イヤホン本体,充電ケーブル (USB Type-C),充電ケース,イヤーピース(×6),説明書
  • 保証期間 : 12ヶ月間
  • SOUNDPEATS公式製品ページを見に行く

 

SOUNDPEATS(サウンドピーツ)は2011年に設立された中国の企業で、主に音響機器の設計・開発を行っている会社です。

2013年に「SOUNDPEATS」をブランドとして立ち上げオーディオデバイス機器の製品を取り扱うとともに、現在ではAMAZONのベストセラーHi-Fiワイヤレスオーディオデバイスを手がけています。

SONIC PRO

そんなSOUNDPEATSから販売されている【SOUNDPEATS Sonic Pro】は国内最大級を誇るオーディオビジュアルアワードである

 

VGP2021 SUMMER

 

にて特別賞「コスパ大賞」及び部門賞「金賞」を受賞しています。

 

また【SOUNDPEATS Sonic Pro】は互換モデルである[SOUNDPEATS Sonic]の上位モデルに位置付けられます。

▼[SOUNDPEATS Sonic]

めだゆん
コチラの製品も以前の記事で紹介しています!是非ご覧ください!

 

【SOUNDPEATS Sonic Pro】特徴

BAドライバーユニットによるバランスの良いサウンド

出典:SOUNDPEATS

【SOUNDPEATS Sonic Pro】はバランスドアーマチュア(BA)ドライバーを2基搭載している「デュアルBAドライバー」を採用しています。

BAドライバーミドルスペック~ハイエンドモデルに多く採用されているドライバー。

従来型の Sonicはダイナミックドライバー(大径ドライバー)を採用していたことからSonicSonic Pro が 上位互換型として差別化が図られているのが伺えます。

 

出典:SOUNDPEATS

また「デュアルBAドライバー」を搭載した Sonic Pro は、従来のSOUNDPEATS製品に多く見られたドンシャリ系(低・高音域強調)サウンドとは一線を画す製品になっています。

Sonicで特徴的であったドンシャリサウンドを一新し、Sonic Proではより精細な高音域とボーカルが際立つ中音域の伸びやかで豊かなサウンドへと生まれ変わりました。

 

AptX Adaptive コーデック対応の接続性の高さ

出典:SOUNDPEATS

【SOUNDPEATS Sonic Pro】はSBC/ AACコーデックに加え、AptX Adaptiveにも対応しています。

従来型のコーデックでは固定のビットレートによる送受信を行っていたため、回線が混雑する時間帯や場所では音の遅延や音切れが生じていました。

 

出典:SOUNDPEATS

AptX Adaptiveはそういった混雑する無線環境に応じて適切なビットレートの調整を行い、低遅延かつ音切れを回避します。

またAptX Adaptiveは高品質コーデックAptX HDと同等のデータ通信が可能であるため、高音質なサウンドを送信できるとともに、途切れることのない高い接続性を誇ります。

 

イヤホン本体のみで連続15時間再生

冒頭でもお伝えしましたが、イヤホンのバッテリー持続時間(連続再生時間)は5h程度あれば、ほとんどの場合、使用中に充電切れになる心配はないと思います。

 

ですが【SOUNDPEATS Sonic Pro】はイヤホン本体のみのバッテリーで

 

驚異の15時間連続再生

が可能!

 

出典:SOUNDPEATS

最近は在宅でのリモートワークの方が増えていますし、学生さんであればオンライン授業などで長時間のイヤホン再生が必要なケースもあると思います。

なのでイヤホンのみでこれだけ長時間再生できるのは嬉しいですよね♪

 

SOUNDPEATS製品をご購入の方はもれなく12ヶ月間の製品保証を受けられますし、IPX5の防水規格にも認定されています。

この価格帯では非の打ちどころのないスペック【SOUNDPEATS Sonic Pro】オススメです!

SOUNDPEATS Sonic Pro のご購入はコチラから

  • VGPアワードで「コスパ大賞」に輝いたハイスペックイヤホン
  • 1万円を下回る価格帯BAドライバーを搭載している
  • AptX Adaptive対応機種(音質・接続性◎)
  • イヤホン単体で連続15h再生のロングバッテリー

価格良し!スペック良し!の超優良ワイヤレスイヤホン!

 

AVIOT TE-D01m

最後にご紹介するのはデザイン性が高く女性にもオススメ!オシャレ&高機能ワイヤレスイヤホンAVIOT TE-D01m】です!

出典:AVIOT

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

AVIOT(@aviotjapan)がシェアした投稿

SPECはコチラ

  • 製品名 :TE-D01m(AVIOT)
  • Amazon評価 :
  • 重さ :約6g(イヤホン片側), 約40g(充電ケース)
  • 防滴・耐塵設計 :IPX4
  • 通信規格 : Bluetooth 5.2
  • 最大連続再生時間 :10時間(イヤホン本体のみ),最大50時間(充電ケース込み)
  • 充電時間 : イヤホン充電時間約1.5時間
  • 充電端子 :USB Type-C
  • プロファイル :A2DP,HFP,HSP,AVRCP
  • コーデック :AAC,SBC,Qualcomm® aptX™ ,Qualcomm® aptX™ Adaptive
  • パッケージ内容 :TE-D01m,USBケーブル,イヤーピース(S/M/L),ポーチ,ユーザーマニュアル,製品保証登録カード
  • 保証期間 : 12ヶ月間
  • AVIOT公式製品ページを見に行く

AVIOT(アビオット)プレシードジャパン(株)が手掛ける日本のオーディオブランドです。

近年のオーディオメーカーでは軒並み海外製が主流になっていますが、日本のメーカーであるAVIOTは徹底的に「日本人の好みの音」にこだわった製品展開が魅力のオーディオビジュアルブランドです。

 

AVIOT TE-D01m】特徴

豊富なカラーバリエーション

出典:AVIOT

AVIOT TE-D01m】はカラーバリエーションが充実しているのが特徴。

せっかくイヤホン性能が気に入っていても普段のファッションを邪魔してしまうという理由から購入を諦めなくてはいけないのは残念ですよね。

【AVIOT TE-D01m】は多彩なカラーバリエーションできっとアナタ好みのデザインに出会えるはず。

 

新技術を搭載した高い接続安定性

出典:AVIOT  

AVIOT TE-D01m】は質の高い接続性を維持する上位オーディオコーデックaptXTMAdaptiveを採⽤したモデル。

出典:AVIOT  

また米クアルコム社の最新SoCを搭載した超低消費電力設計であるとともに、

音楽プレーヤーやスマホから高品位の信号を左右同時接続にて実現することが出来る新技術 Qualcomm TrueWireless™️ Mirroring が搭載されています。

オーディオ信号の伝送ロスを生じさせないことで、音切れやノイズをなくしストレスなく音楽を楽しめます。

 

音質に配慮したAVIOT独自のノイズキャンセリング機能

出典:AVIOT

AVIOT TE-D01m】は独自のノイズキャンセリング機能である

  • マイルドANC (アクティブノイズキャンセリング)」
  • 「パッシブノイズアイソレーション技術」

を搭載しています。

 

音質への影響を最小限に減らしつつも集音マイクにより取り込んだ周囲の環境音をシャットアウトするアクティブノイズキャンセリング機能「マイルドANC」と、

 

耳への吸いつくようなフィット感により物理的に不必要な外音を制限するパッシブノイズアイソレーション」

 

この二つの機能は環境音を大きく2つの周波数帯に分けたノイキャンの構成になっています。

 

出典:AVIOT

音の通りやすい人の話し声などの中音域はパッシブノイズアイソレーションが、響き渡るような低音域はマイルドANCがそれぞれの音域を制御し、二つの機能が合わさることで全音域のノイズを軽減してくれます。

 

日本人の耳の形状に合わせたエルゴノミクスデザイン

出典:AVIOT

AVIOT TE-D01m】は日本人の耳形状を徹底的にリサーチし、1000人以上の日本人の耳形状のデータベースに基づいて制作されました。

ノイズキャンセリング機能の性質上どうしてもイヤホン本体の形状が大きくなりやすく、こと海外製品が多いこの製品カテゴリーにおいては日本人の耳形状に合わないケースも…。

TE-D01m はノイズキャンセリング機能付きワイヤレスイヤホンにおいては小型軽量モデル。

なので女性でも無理なく装着出来て、長時間の使用も負担になりにくい設計です。

 

専用アプリ”AVIOT SOUND XXX”

出典:AVIOT

AVIOT TE-D01m】はAVIOT専用アプリケーション”AVIOT SOUND XXX”に対応しています。

専用アプリでは以下の主な機能が使用出来ます。

見出し(全角15文字)

  • 音楽音量の設定
  • 10バンドイコライザー設定
  • GPS機能(イヤホン紛失時の接続解除履歴確認)
  • タッチセンサーのコントロール設定
  • 外音取り込みモード時の音楽音量レベル設定
  • ファームウェアアップデート(通知機能あり)

”AVIOT SOUND XXX”を遣えば自分好みのカスタマイズが楽しめますね♪

 

AVIOT TE-D01m】は今回ご紹介した中でも特にデザイン性と機能性のバランスの取れた製品です。

 

コチラの製品も【SOUNDPEATS Sonic Pro】と同様VGPアワードにて

 

部門賞「金賞」、また全てのワイヤレス対象オーディオ機器の中での「大賞」を受賞しています。

 

音質良し・デザイン良し・機能良しで、この価格帯ではまず間違いなく超ハイコスパ製品と断言できるでしょう。

AVIOT TE-D01m のご購入はコチラから

  • VGPアワードのワイヤレスオーディオ部門で最高の「大賞」を受賞した製品
  • デザイン性が高くカラバリも豊富
  • 左右同時接続で高音質&高位安定接続を可能にする新技術True Wireless Mirroring搭載モデル
  • 「日本人好み」音質&着け心地を徹底的に追及したイヤホン
  • 専用アプリ”AVIOT SOUND XXX”カスタム性も◎

もう何も言うことはない・・・!!

 

おまけ:AVIOT製品はアーティストとのコラボモデルが多数!

AVIOTはこれまでにも音楽に精通した著名人とのコラボレーションモデルをたくさん輩出しています。

 

▼「凛として時雨」のドラマー ピエール中野氏監修。

世界初*のハイブリッド・トリプルドライバーを搭載したモデル。

 

▼ピエール中野氏第2弾モデル。0.1dB単位のチューニングで高音質から『超高音質』へ。

 

▼ピエール中野氏第3弾モデル。複数ドライバーの搭載と圧倒的チューニングによる”究極の音楽性”をアナタへ。

 

 

▼ゲスの極み乙女監修。

上位モデル向けの高品位マイクロスピーカー搭載。ジャンルを問わないマルチな音楽性とRoyal Purple で淡く煌めくカラーが特徴。

 

▼N/Ano錦戸亮さん/赤西仁さん監修。

ファッション性の高いマットブラック。N/Aのお二人のボイスアシスタント機能(全10種)が魅力。

 

 

▼電気グルーヴ石野卓球さん監修

POPなカラーリングとテクノサウンドを盛り上げる心地よい”鳴り”のチューニング。

created by Rinker
AVIOT
¥13,365 (2021/10/25 19:22:26時点 Amazon調べ-詳細)

 

音楽業界を牽引するトップミュージシャンたちがアナタの音楽シーンを盛り上げる!

AVIOTは目が離せない注目のオーディオビジュアルブランドです!

 

今回ご紹介したイヤホンまとめ

【Anker Soundcore Life A2 NC】

  • 高性能のイズキャンセリング機能
  • 11mm大径ドライバによる大迫力で没入感のあるサウンド
  • 専用アプリ”Soundcore”自在なイコライジング

 

【EarFun Air Pro】

  • 世界のEdifierコラボの専用ドライバーを搭載したダイナミックサウンド
  • 最新TWS技術よる安定した接続性
  • 片耳モードでマルチな使いやすさ

 

【Jabra Elite Active 65t】

  • ウルトラノイズキャンセリングマイク搭載
  • 専用イヤージェルによる最高の着け心地と遮音性
  • 専用アプリ"Jabra Sound+”での直観的操作性

 

【SOUNDPEATS Sonic Pro】

  • VGPアワードで「コスパ大賞」に輝いたハイスペックイヤホン
  • 1万円を下回る価格帯BAドライバーを搭載している
  • AptX Adaptive対応機種(音質・接続性◎)
  • イヤホン単体で連続15h再生のロングバッテリー

 

【AVIOT TE-D01m】

  • VGPアワードのワイヤレスオーディオ部門で最高の「大賞」を受賞した製品
  • デザイン性が高くカラバリも豊富
  • 左右同時接続で高音質&高位安定接続を可能にする新技術True Wireless Mirroring搭載モデル
  • 「日本人好み」音質&着け心地を徹底的に追及したイヤホン
  • 専用アプリ”AVIOT SOUND XXX”カスタム性も◎

 

おわりに

いかがでしたか?

 

近年のワイヤレスイヤホンはただ機能性が高いというだけではなく、それぞれのオーディオメーカーが打ち出す製品としてのテーマ性、つまり各社の独自性が高い製品が多く見受けられます。

一概にどれがズバ抜けて最高とは定義しがたいですが、それぞれの製品特性を知ることでご自身の好みのイヤホンを知っていただくことが出来ると思います。

 

めだゆんブログではコスパ系ワイヤレスイヤホン他、ボクの趣味であるゲームギアやキャンプギアの詳細レビューをしています。

 

是非この機会に他の記事へも足を運んでみてくださいね♪

 

それではまた!

 

アナタにあった素敵なワイヤレスイヤホンが見つかりますよーに♪

 

 

スポンサーリンク

 

めだゆん
こちらもポチッとお願いします♪

PVアクセスランキング にほんブログ村

めだゆんブログ|キャンプギア&ガジェットのレビューブログ - にほんブログ村

 

 

-ガジェット, レビュー