ガジェット レビュー

3COINS(スリコ)ネックバンドワイヤレスイヤホン2104-KO-04レビュー【ガジェット】

どもども!

めだゆんブログ、めだゆんです!

 

今回は3COINS(スリーコインズ)ワイヤレスイヤホンにネックバンドタイプが仲間入り♪

 

ということで早速購入しましたので、開封レビューしていきますよ!!

[toc]

 

スリコ(3COINS)ワイヤレスイヤホン レビュー

3COINS(スリーコインズ) 【3COINS DEVICE】ネックタイプワイヤレスイヤホン

出典:3COINS|2104-KO-04-0000

皆さんは日々の生活に運動を取り入れていますか?

 

ボクは現在脂の乗りきった男盛り30代の真っただ中!!

 

日々コロナを警戒しながらビクビクとインドア生活を送っている毎日で、

めだゆん
いわゆる流行りのコロナ太りでぇ~す!
めだゆんさんはただの不摂生でしょ!
めだちる

 

妻の厳しい指摘に耐えかねておりますので、さぁ音楽でも聴きながらランニングの日々を始めるのです。

めだゆん
ボクはランニングでは音楽必須です。

 

ということで、今回ご紹介するのはスリコ(3COINS)のネックタイプワイヤレスイヤホン「FIT MUSIC」のガジェットレビューになります!

 

スリコ(3COINS)ネックタイプワイヤレスイヤホンとは?

イヤホンと一言で言っても、ワイヤード(有線)タイプやワイヤレスタイプがあってその種類や形状は様々!

 

今回ご紹介するのは装着したときの安定感が魅力のネックバンドタイプ「FIT MUSIC」です。

3COINS(スリーコインズ) 【3COINS DEVICE】ネックタイプワイヤレスイヤホン

出典:3COINS|2104-KO-05-0000

 

ボクは以前にもスリコ(3COINS)から販売されているワイヤレスイヤホンを2機種(BEANS MUSIC・AIR MUSIC)レビューしています。

 

「これがプチプラでめちゃくちゃハイコスパ製品!!」

 

今現在もその2機種は愛用していますが、今回スリコ(3COINS)から新たにネックタイプワイヤレスイヤホン「FIT MUSIC」が新たに仲間入り♪

 

この製品もきっと期待度売りのハイコスパプチプラ製品に違いない!

 

ということでレビューしていきますよぉ~(*''▽'')

 

スリコ(3COINS)ネックタイプワイヤレスイヤホン スペック

製品名 ネックタイプワイヤレスイヤホン
カラー ホワイト(WHT)/ブラック(BLK)
品番 2104-KO-04-0000(WHT)
  2104-KO-05-0000(BLK)
価格 ¥1,650(税込み)
付属品 イヤホン本体,取説,イヤーピース(大/小),USBケーブル
重量 約19g
素材 ABS/シリコーン
接続 Bluetooth Ver: Ver.5.0
クラス Class2
接続距離 約10m
対応コーデック SBC
対応プロファイル A2DP/AVRCP/HSP/HFP
ドライバーユニット 約Φ10mm
内蔵バッテリー リチウムイオン電池80mAh
充電 DC5V 1A(USB A to microB)
連続再生時間 約8時間(音量を3での検証結果)
充電時間 約2~3時間

 

スリコ(3COINS)ネックタイプワイヤレスイヤホンスペック解説

スペック表を見ても分からない用語なんかも出てきて意味不明ですよね(-_-;)

 

そんな方もいらっしゃると思いますので、少し解説していきます。

 

ABSってなに?

ABSとは合成樹脂のコト。

 

A (アクリロニトリル)・B (ブタジエン)・S (スチレン) の3種類の成分を組み合わせた樹脂で、いわゆる”プラスチック”です。

 

加工しやすい素材で、耐衝撃性に優れた素材であることが特徴。

 

3COINSデバイスでも多くの製品でABS素材の印字を見かけますね!

 

Bluetooth Ver: Ver.5.0 とは?

Bluetooth の通信規格は1999年のBluetooth Ver: Ver1.0 から始まって現在Bluetooth Ver: Ver.5.2まで。

 

規格スペックが向上するごとに、通信速度・通信範囲・通信容量が向上してきました。

 

Bluetooth Ver: Ver.5.0はVer: Ver.4.0 の

通信速度 → 2倍

通信範囲 → 4倍

通信容量 → 8倍

 

と言われています。

めだゆん
とにかく現在のBluetooth Verのスタンダードスペック

 

Bluetooth Class2 とは?

Classのスペックに応じて通信範囲や出力の規定があります。

Class 最大出力 想定される通信距離
Class1 100mW およそ100m程度
Class2 2.5mW およそ10m程度
Class3 1mW およそ1m程度

 

スリコ(3COINS)ネックタイプワイヤレスイヤホンなどのデバイスとの距離をそれほど離すことのない環境であればClass2 もあれば十分と言えますね。

 

対応コーデック SBCって?

コーデックとは、Bluetooth規格におけるデータ圧縮の規格です。

 

そのままの音源データを伝送するとデータ量が多くなりすぎて再生遅延や音質の劣化に繋がります。

 

そこでコーデックを導入することで通信に適したデータサイズに圧縮したうえで伝送を行っています。

 

SBCとはコーデック品質において最もスタンダードな規格。

 

音質も標準的でやや遅延の懸念があるスペックと言えるでしょう。

 

実際にボクはスリコ(3COINS)ワイヤレスイヤホンを数か月愛用しています(こちらもコーデックSBC対応)。

 

再生遅延はそこまで顕著に感じることはありませんし、音質も至って普通です。

 

ただ時折再生中に片耳だけ音飛びすることがあるので、絶対に音飛びは許容できないという方には不向きなスペックでしょう。

 

昔ハイレゾ対応のイヤホンを使用したこともありますが、音質は確かに劣るものの価格を考えれば必要十分なスペックと言えるでしょう。

 

ちなみに少し高価になってしまいますが、どうしてもハイレゾ対応のネックバンドタイプが欲しいという方へはコチラが人気です。

  • 最大12時間の長時間連続再生
  • aptX HD(ハイレゾ)対応コーデックで高音質/低遅延
  • IPX5防水で屋外スポーツにも最適

 

対応プロファイルについて

対応プロファイルについて、A2DP/AVRCP/HSP/HFPってなに?

A2DP
(Advanced Audio Distribution Profile)
高音質のステレオ音声を伝送するためのプロファイル
AVRCP
(Audio/Video Remote Control Profile)
AV機器のコントロール(再生、早送り等)を行うためのプロファル
HSP
(Headset Profile)
ヘッドセットと通信するためのプロファイル
HFP
(Hands-Free Profile)
ハンズフリー通話をするためのプロファイル

 

その他、イヤホンについての仕様解説について知りたい方は過去記事をご覧ください。

イヤホンの選び方を見に行く

 

スリコ(3COINS)ネックタイプワイヤレスイヤホン 開封

前置きが長くなりましたが、ボチボチと開封していきます。

 

▼外箱正面

 

▼正面下部にこのイヤホンの特徴が書いてありました。

イヤーピースが付いてくるのが嬉しいですね♪
めだちる

 

▼外箱背面(ほぼ説明書の内容がずらり…。)

めだゆん
説明書嫌いのボクには助かる仕様。

 

▼箱を開けるとプラスチックトレーに鎮座しておられます。

 

▼付属品は ①イヤホン本体 ②イヤーピース ③取説

 

▼このビニールの中にイヤーピースが入っています。

 

▼イヤーピースは大/中/小入っていて、中サイズは元々本体側についています。

めだゆん
イヤーピースのサイズは人を選ぶから、これは本当に嬉しい!

 

充電ケーブルはUSB A to microB。

ちなみに充電アダプターは付いていないので、USB tipeAコネクタのアダプターを別途用意する必要があります。

 

少し話は逸れますが、こういった電気製品にはリチウムイオンが使用されています。

めだゆん
主に持ち運べるモバイル機器やスマホなど。

 

もしかしたらアナタの使用方法は間違っていて、電池の寿命を通常より早めている可能性があります。

 

以下の記事で「なぜ電池寿命が早まるか」について解説していますので、心配な方は一度読んでみてください。

モバイルバッテリーの寿命を縮める悪しき使用方法【ガジェットレビュー】

 

次のページへ >

-ガジェット, レビュー