キャンプ レビュー

STANLEY(スタンレー)真空グロウラーメリット・デメリット レビュー【キャンプギア】

めだゆんブログ|キャンプギア&ガジェットのレビューブログ - にほんブログ村

 

どもども!

めだゆんブログ、めだゆんです!

 

今回はSTANLEY(スタンレー)の高機能保温・保冷容器である【STANLEY 真空グロウラー1.9L】のキャンプギアレビューです!

 

STANLEY(スタンレー)真空グロウラー1.9L とは

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

スタンレー ジャパン(@stanley_jp)がシェアした投稿

 

日本においてはあまり一般的ではありませんが、欧米社会ではビールは量り売りで専用の容器を持って行って購入します。

 

コチラのSTANLEY(スタンレー)真空グロウラー1.9Lもビール大国と言われるアメリカにおいてビールを購入する際に持ち運びするための製品です。

そういえばビールも炭酸よね?水筒などの容器に炭酸水は入れられないって聞いたコトあるけど…
めだちる
めだゆん
良いところに気づいたね!

 

水筒に炭酸を入れてはいけない理由

一般的な水筒に炭酸水を入れて使用すると、炭酸水のCO2が容器の中で気化してしまい、容器内が高圧になります。最悪の場合、容器が壊れてしまいます!

また炭酸水は酸性のため、金属を溶かす原因となり、中毒症状(めまい・吐き気)の原因となる恐れがあるため絶対にやめましょう!

 

一般的な水筒であれば容器内に炭酸水を入れると危険であるためご利用には注意が必要ですが、STANLEY(スタンレー)真空グロウラー1.9Lはビールを持ち運ぶための専用保冷容器であるため安心です!

 

もちろん保冷のみならず真空二層構造であるため保温性も兼ね備えたタンブラーとしても活躍してくれるので、レジャーやアウトドア、運動会や屋外イベントなどでも大活躍間違いなしの製品です!

めだゆん
真空グロウラーはスタンレーのクラシックシリーズのひとつ。その他クラシックシリーズはコチラの記事で確認できます!
STANLEY(スタンレー)クラシックシリーズ全レビュー【キャンプギア】

  どもども! めだゆんブログ、めだゆんです! 今回は【STANLEY(スタンレー)クラシックシリーズ】についてです!   STANLEY(スタンレー)クラシックシリーズ はじめに ...

続きを見る

 

STANLEY(スタンレー)真空グロウラー1.9L スペック

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

スタンレー ジャパン(@stanley_jp)がシェアした投稿

おすすめ真空グロウラー1.9L

製品名 STANLEY(スタンレー)真空グロウラー1.9L
容量 1.9L
サイズ:幅 幅165×高さ294×本体径125mm
重量 990g
材質 本体(胴部・内びん)/ステンレス鋼,蓋/ステンレス鋼・ポリプロピレン,パッキン/シリコーン
保冷力目安 10度以下/24時間
その他 食洗機使用可

※保温・保冷効力は使用環境によって異なります。

 

STANLEY(スタンレー)真空グロウラー1.9L 外観

それでは我が家に到着したSTANLEY(スタンレー)真空グロウラー1.9Lの外観を見ていきましょう。

 

ちなみにボクが購入したのは並行輸入品のハンマートーングリーンというカラーです。

 

▼こちらがリニューアルされた新ロゴデザインです。

 

▼本体底面のデザイン性も抜かりなし!!(カッコイイ❤)

 

▼ハンドルはしっかりした固定式のタイプ。グリップ感も良き☆

 

サイズを計測してみる

▼高さは約29㎝

 

▼直径は約12㎝

 

▼口径は約5.5cm(多分外径が6cmくらいかな)

 

蓋は掛金式で力要らず

 

▼内ブタもステンレイス使用になっていて、周囲のプラスチックパーツに内容物が触れることはありません。

 

▼ゴムパッキンが付いていて気密性も高いのが魅力♪

 

▼ラベル紙をペラペラと…

めだゆん
イイね!!!!!

 

STANLEY(スタンレー)真空グロウラー1.9L メリット

それではここからはSTANLEY(スタンレー)真空グロウラー1.9Lのメリットについてお話していきたいと思います。

実際にボクが使用してみた所感も含めてご説明していきたいと思いますので参考にしていただければと思います。

 

信頼のスタンレー製で安心(生涯保証制度あり)

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

スタンレー ジャパン(@stanley_jp)がシェアした投稿

 

以前投稿したSTANLEY(スタンレー)の記事でもご紹介しているのですが、STANLEY(スタンレー)は1913年、アメリカのウィリアム・スタンレーJr.が真空スチールボトルの原型を作ったのが始まり。

スタンレーゴーシリーズとは?タンブラー・真空ボトル【キャンプギアレビュー】

  どもども! めだゆんブログのめだゆんです!   今回は大人気メーカー【スタンレー(Stanley)ゴーシリーズ】についての記事になります!   スタンレーゴーシリーズ ...

続きを見る

 

製品の質と堅牢性を生み出す製造技術を継承しながら100年以上経った現在においても保温・保冷容器における第一線を牽引し続けるメーカー様です。

 

STANLEY(スタンレー)の製品に対する信頼性は『生涯保証制度』が物語っています。

 

STANLEY(スタンレー)製品は通常の製品規定に準じた正しい使用方法の範囲内で保温保冷効力の低下等不具合が起きた場合には、新しい同一製品と交換してくれます。

  • 修理対応はいたしておりません。
  • 落下などの衝撃を与えた場合や商品の改造をしている場合は保証対象外となります。
  • ふた、中栓、パッキンなどのパーツは消耗品のため、保証対象外となります。

引用:jp.stanley1913.com/faq

 

これはSTANLEY(スタンレー)の製品に対する責任と、製品の質に絶対の自信があることが伺えます。これまでに培ってきた歴史と伝統があることでも信頼と安心があるうえに、『生涯保証制度』により盤石の安心感!

めだゆん
文句のつけようがないですね!

 

保温・保冷性に優れる

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

スタンレー ジャパン(@stanley_jp)がシェアした投稿

 

STANLEY(スタンレー)製品の確かな実績はすでにお話しした通り。STANLEY(スタンレー)製品は間違いなく良い製品であることは皆さんにもご理解いただけると思います。

 

もちろんSTANLEY(スタンレー)真空グロウラー1.9Lも同様で、保冷性に関しても10度以下/24時間(SPEC参照)と申し分のない保冷性です。

10度以下/24時間ってどれくらい?
めだちる

我が愛しの妻のようにその数値が意味するところのイメージが湧きにくい方もいらっしゃるでしょう。

 

ボクが実際に使用してみた経験値からお話しさせていただくと、市販されているロックアイスを容器いっぱいに保存すると

 

丸3~4日が氷が普通に使用出来るレベルで残っている。

 

といった感じ。

 

▼キャンプ後2日目の様子。しっかりと氷が残っている。

 

これは容器内に保存する氷の量によっても違ってくるため一概には言い切れませんが、2日間キャンプに行ったあと、その後に殆ど使用しなかった氷が4日目でも普通に使用できる大きさの状態で残っていたので、保冷性に関しては抜群であることは間違いありません。

 

直接サーブ出来るので衛生的

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

スタンレー ジャパン(@stanley_jp)がシェアした投稿

 

ボクがSTANLEY(スタンレー)真空グロウラー1.9Lを購入した理由の一つでもあるのですが、

 

キャンプに行って屋外作業をした後に氷を手でわしづかみにしてコップにサーブするのはちょっと気が引けませんか?

 

だからと言ってアイスペール(氷を入れる容器)に移し替えてトングでサーブするのも荷物が増えるので面倒ですね。

 

氷の袋から直接入れる方法も無くはないですが、いちいち氷が外気に触れると氷の持ちも良くないし…。

 

STANLEY(スタンレー)真空グロウラー1.9Lならボトルにハンドル付きで持ちやすく、口径部分もコップに直接サーブするには最適な仕様です♪

 

直接手で氷を触らなくても良いので、手が汚れやすいアウトドア・キャンプにはとても衛生的です!

 

合わせて使用することでクーラーボックスの容量改善

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

スタンレー ジャパン(@stanley_jp)がシェアした投稿

 

コチラのメリットもボクがSTANLEY(スタンレー)真空グロウラー1.9Lを購入しようと思った理由なんですが、氷の保冷と飲料・食品などの保冷を分けて使用することでクーラーボックスの容量改善につながります。

 

我が家は家族4人でコールマンさんのスチールベルトクーラーを使用していますが、やはり夏場は飲料が増えてしまうため約51Lあるスチールベルトクーラーでさえ容量がいっぱいになることがあります⤵

めだゆん
それでも入る容量のスチベルはさすがも一言…💦

 

スチベルが素晴らしい製品であることは間違いないのですが、やはり少しでも容量を改善するためには別途保冷できるものがあると助かるのも事実…。

ですが極力荷物を減らしたいキャンプにおいてクーラーボックスは1つまでで抑えたですよね💦

 

そこでSTANLEY(スタンレー)真空グロウラー1.9Lの出番です。

 

STANLEY(スタンレー)真空グロウラー1.9Lは氷をしっかりと保存してくれ、かつ容量も1.9Lと氷のみを保冷するには十分なサイズです。

 

また氷の他にも冷たい飲料(炭酸やジュース)なども保冷することが出来るため、1.9L分の容量がクーラー以外で持ち運びできるのはとても助かります!

荷物もそれほど増やすことなくクーラーボックスの容量も改善!ありがとうグロウラー!
めだちる

 

クーラーボックスの保冷持続性も高まる

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

スタンレー ジャパン(@stanley_jp)がシェアした投稿

 

STANLEY(スタンレー)真空グロウラー1.9Lのメリットはクーラーボックスの容量改善のみにあらず!

 

皆さん、夏場の氷って小まめにクーラーボックスから取り出すことになりませんか?

 

どんなに優秀なクーラーボックスであっても頻回に外気(夏の高温)にさらされればその保冷性は次第に失われます。

特に子供はお構いなしにクーラーを開け閉めするしね💦
めだちる

 

ですが先ほどお伝えしたように氷をSTANLEY(スタンレー)真空グロウラー1.9Lにいれて保存しておくとキャンプ場で何回も何回も何回もクーラーボックスを開け閉めすることを避けることが出来ます。

 

つまりクーラーボックスが外気から触れる(クーラー内の冷気を外気に漏らす)機会を減らすことが出来るので、クーラーボックス内の保冷性を持続させることが可能です。

めだゆん
氷の保冷性とクーラーの保冷性をダブルで保つことが出来て最高です!

 

置いているだけでオシャレ

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

スタンレー ジャパン(@stanley_jp)がシェアした投稿

 

今回ボクが購入したSTANLEY(スタンレー)真空グロウラー1.9Lのカラーは[ハンマートーングリーン]という従来のSTANLEY(スタンレー)では伝統的なお馴染みのカラー。

 

現在STANLEY(スタンレー)真空グロウラー1.9Lは新ロゴデザインに刷新され、ビジュアル新たに販売されたモデル。

 

現行品モデルのカラーは

  • 新グリーン
  • ロイヤルブルー
  • マットブラック 
  • ハンマートーングリーン

の4種。

 

そのうち日本で取り扱いのあるカラーは新グリーンとロイヤルブルーの2種です。

 

マットブラックとハンマートーングリーンに関しては米STANLEY(スタンレー)公式にて取り扱いがありますが、日本では並行輸入品などに限られます。

 

マットブラック・ハンマートーングリーンに関しては時折Costco(コストコ)での販売もあるようですが発売時期や在庫状況などは不明です。

ボクはどうしてもハンマートーングリーンが欲しかったので泣く泣く高額を支払いました💦泣

めだゆん
どうしてもコチラのカラーが欲しいという方はチェックしてみてください!
created by Rinker
STANLEY(スタンレー)
¥13,718 (2021/10/25 20:20:38時点 Amazon調べ-詳細)

 

何故そこまでしてボクがこのSTANLEY(スタンレー)真空グロウラー1.9Lを欲しかったかと言えば、この真空グロウラーは

 

『めちゃめちゃオシャレさん!』

 

だからに他なりません。

 

 

実際にボクがキャンプで使用している写真を本記事の終わりに載せておきますので、宜しければボクと共にウハウハしていってくださいね♪

 

STANLEY(スタンレー)真空グロウラー1.9L デメリット

残念ながらデメリットもないわけではありません。

ですが購入前にデメリットを理解しておけば購入を決めかねていらっしゃるアナタの判断材料になると思いますので、しっかりとお伝えしていきます。

 

荷物が増える

 

当然のことですが、クーラーボックス1つでキャンプをされている方であればSTANLEY(スタンレー)真空グロウラー1.9Lを別途購入することでその分の荷物は増えてしまいます。

 

もしアナタがバックパックでの超UL(ウルトラライト)でのキャンプをされているのであれば手荷物が増えることは避けたいでしょう。

 

ですがボクのようにファミリーでのオートキャンプがメインであったり、仮に荷物が増えても問題がないということであればこの製品の購入をオススメいたします。

 

荷物としてもそれほど嵩張ることはありませんし、STANLEY(スタンレー)真空グロウラー1.9Lの保冷性・保温性はキャンプでの強い味方になってくれます。

 

何よりもこの真空グロウラーをキャンプサイトの片隅にレイアウトしているだけでとてもオシャレで所有欲を満たしてくれること請け合いですから!

 

氷の詰めすぎには要注意

 

これも実際にボクが使用してみて経験したことなのですが、使い始めたころはとにかくギリギリまで満タンに氷を入れて持っていきたい衝動にかられます(;´▽`A``

 

何度も申し上げていますがSTANLEY(スタンレー)真空グロウラー1.9Lの保冷性・保温性は抜群です!

 

ですがやはり容器内に入れた氷が全く溶けないということではありません。

 

じりじりと溶けていく氷は表面を少しづつ濡らしながら、かつ保冷容器内の氷同士の冷気でともに冷やされます。

めだゆん
矛盾しているようだけど、溶けながら冷えてます!

 

故に満タンに氷を容器内に入れて放置すると氷同士の接点が多少固まります(少しくっつくイメージ)💦

 

なので満タンに入れた氷を箸などの長いもので崩しながら取り出さなくてはいけない状況がありました⤵⤵

それはアナタが入れすぎたせいでしょ!
めだちる
めだゆん
すんません💦💦

 

だからと言って口径の入り口部分が取り出せればあとは容器内に空間が生まれるので、容器をシェイクすれば簡単に取り出せます。

めだゆん
なのでそこまでのデメリットとは言えませんね💦

 

では実際にどれくらいの氷を入れることが出来たのか確認してみましたので、続きをご覧ください!

 

実際に真空グロウラーにロックアイス(氷)を入れてみた

では実際に皆さんも良くご利用になっているロックアイスをSTANLEY(スタンレー)真空グロウラー1.9Lにどれくらい入るのかを検証してみました。

 

▼1Kgのロックアイスを入れていきます。

 

▼口径が5cm以上あるので、大きめの氷も簡単に入ります!

 

残りはこれくらい。入れ方次第ではもう少し入ったかも。

 

▼残りは145gでした。ほぼ1kgの氷が入ることが分かりました。

 

我が家は4人家族で1泊2日の夏キャンプに使用しましたが、十分に余るくらいの使用感でした。

 

これ一つあれば間違いなく氷の心配はないと思います!

 

終わりに

今回ご紹介したSTANLEY(スタンレー)真空グロウラー1.9Lは決して必要なキャンプギアとは言いません。

 

ですがその存在感たるや、もしアナタがこの製品を欲しくて思いあぐねているのであればボクは間違いなく購入されることをオススメいたします。

 

それは何故かって?

 

『カッコ良くて機能的!実用性も抜群!』

 

そして何よりもアナタの所有欲が満たされることは間違いありません。

 

是非アナタもカッコイイSTANLEY(スタンレー)真空グロウラー1.9Lを持って素敵なキャンプに酔いしれてみてはいかがでしょうか♪

 

ではまた!

 

STANLEY(スタンレー)真空グロウラー1.9L ギャラリー

 

 

 

 

 

おすすめ真空グロウラー1.9L

製品名 STANLEY(スタンレー)真空グロウラー1.9L
容量 1.9L
サイズ:幅 幅165×高さ294×本体径125mm
重量 990g
材質 本体(胴部・内びん)/ステンレス鋼,蓋/ステンレス鋼・ポリプロピレン,パッキン/シリコーン
保冷力目安 10度以下/24時間
その他 食洗機使用可

※保温・保冷効力は使用環境によって異なります。

 

主人のTwitterもフォローお願いします♪
めだちる

 

スポンサーリンク

 

めだゆん
こちらもポチッとお願いします♪

PVアクセスランキング にほんブログ村

めだゆんブログ|キャンプギア&ガジェットのレビューブログ - にほんブログ村

 

-キャンプ, レビュー