キャンプ レビュー

サイバトロン タクティカルバックパック3P レビュー【キャンプギアレビュー】

どもども!

めだゆんブログ、めだゆんです!

 

今回はバックパックキャンプにオススメのキャンプギア、

 

サイバトロン タクティカルバックパック3P についてのレビューです!

 

そして今回はなんとSNSを中心に大活躍中の超オモシロお笑い系YouTuber

 

はばかりキャンプさん

がまさかの当弱小ブログのめだゆんブログとのタイアップ企画!!

めだゆん
気合い入れていきます!!
ちゃんとやりや!!
めだちる

[toc]

 

サイバトロン タクティカルバックパック3Pとは

今回はサイバトロン タクティカルバックパック3Pについてのキャンプギアレビュー記事です。

 

このバッグは一般的に”ミリタリーバッグ”と呼ばれるもので、

 

従来、兵士たちが装備を身に着けるために軍用に開発されたバッグパックシステムが由来であるのが特徴。

 

サイバトロン タクティカルバックパック3Pはキャンプ界の有名スター

 

ヒロシキャンプのキャンプギアでも紹介されており、

 

サイバトロン公式では【ヒロシさんご利用モデル】との表記されているほど。

画像提供:ぴっぴ様/@chu_pippi(Twitter)

 

そんなサイバトロン タクティカルバックパック3Pは

ミリタリーバッグとしての堅朗性と拡張性を併せ持つことから、

 

多くのバックパックキャンパーやミリタリーファンから支持されている高機能リュックです。

 

これからバッグパックでのキャンプを検討されている方々へ、特にお勧めしたいキャンプギアなので、

 

是非最後までお付き合いくださると嬉しいです。

 

今回ご紹介するサイバトロンは生粋のオモシロキャンパーである

 

『はばかりキャンプ』さんの彦G氏もご紹介されている

 

サイバトロン タクティカルバックパック3Pというミリタリーバックです。

 

そして今回の企画はめだゆんブログ初となる

 

YouTubeタイアップ企画です。

 

もう十二分に有名なはばかりキャンプさんですが、

万が一ご存じのない方々がいらっしゃるかもしれないのでご紹介させてください!💦

 

『はばかりキャンプ』来たる!彦G氏とは・・・?

今回タイアップしていただくのは

CAMP系YouTuberでお馴染み『はばかりキャンプ』さん。

CAMP系オモシロYouTuberはばかりキャンプ

彦GKEIを中心にYouTubeを使って、

 

『笑いをコンセプトにしたキャンプ動画』

を配信するグループ。

キャンプに関しての知識はあまりないが、

 

初心者が一緒に学ぶには共に失敗しながら笑って視聴できるチャンネルではないだろうか?

By 彦G

サイバトロンについての打ち合わせの中で、

かの彦G氏曰く・・・

まずは”デザイン拡張性”

 

このバックは拡張性に抜きんでている・・・。

 

メインバッグに取りつけることの出来るオプションバッグがテープによるロック式なので

固定性も良好で安心して持ち運べる。

またロック式であることで

(職種としては限定されるが)

 

ビジネスバッグとしての汎用も可能というのも一押しできる理由ではないのだろうか・・・。

 

 

彦G氏は自身のYouTube動画では可能な限りおどけて見せ普段はこういった側面を一切見せないが、

 

キャンプギアについて語る彼の姿は生粋のレビュアーとして変貌を遂げる・・・。

 

そして彼はこう続けた・・・、

二つ目は”コスパの良さ”だ。

 

ライバルとしてはDD HUMMOCS JPのDD Bergen Rucksack。

 

機能性はやや劣るものの、サイバトロン タクティカルバックパック3P のコスパを考えるとこちらに軍配がある。

 

デザイン性やカラーに関しては実際に比較をしたわけではないので明言は避けるが、

 

マスメディアからのあらゆる情報を考慮した結果、

 

サイバトロン タクティカル3P が明らかに劣っている印象はなく、

 

コスパが最大の決め手となるのではないだろうか。

 

そこにいた彼は本物のレビュワーだった・・・。

そう、彼はYouTubeという一大スペクタクルコンテンツの荒波の中で

 

「道化」を自らに課しているのだ。

 

レンズ越しでは見せることのないその精悍な姿はまさに高潔な紳士だった。

 

最後に彼はこう語った・・・。

 

これは余談ではあるのだが、

 

サイバトロンを世間に周知したのは

 

やはりヒロシの影響が大きいのではないのだろうか・・・。

”彼の注目した製品のほとんどが脚光を浴びる結果となっている”

と私は感じている。

 

彼の動向には、やはり今後も注目してみていきたいと思う。

 

ヒロシ氏をリスペクトする彼の姿は何か清々しさすら感じた。

少年がヒーローを目の当たりにしたような、

 

哀愁すら感じとれる、そんな印象だった。

 

「めだゆんブログ」としても、今後も彼の動向について目が離せない。

 

めだゆん
そんな『はばかりキャンプ』彦G氏の動画はコチラからどうぞ。
ちょっと大げさじゃない!?
めだちる
彦Gさん
彦Gさん

めだゆん氏、大げさですな(´∀`)

【サイバトロンレビュー 前編】

【サイバトロンレビュー 後編】

 

オモシロCAMP系YouTuberをチェック‼

はばかりキャンプ 登録ページはコチラ

チャンネル登録はコチラから

 

サイバトロン タクティカルバックパック3P スペック

ここからは早速、サイバトロン タクティカルバックパック3P ギアスペックについてのレビューをしていきます。

 

サイバトロン タクティカルバックパック3P

 

製品名 サイバトロン  タクティカルバックパック3P
メーカー小売価格 ¥8,280(税込/送料込)
メイン材質 防水900D
  注:ジッパー部は耐水性がありませんのでご注意ください。
容量 本体37L サイドポーチ各5L
本体サイズ 約48cm(H) x 27cm(W) x 27cm(D)
ウエストベルト MAX:約114cm
チェストベルト MAX:約152cm
Molle仕様サイドポーチ 33(H)cm x 12.7(W)cm x 10(D)cm2個付属

 

それでは早速、全体のディティールを見ていきましょう。

 

サイバトロン タクティカルバックパック3P 外観

今回ご紹介するのはサイバトロン社のタクティカルバックパック3Pです。

 

バックパックとしての収納性の高さ

 

ミリタリーバッグとしての堅牢性を併せ持つ、

 

まさにキャンプシーンには最高の相棒です。

 

▼正面(サブバッグあり)

 

▼後面(サブバッグあり)

 

▼正面(サブバッグなし)

 

▼後面(サブバッグなし)

 

▼側面(サブバッグを外した状態)

 

サイバトロン タクティカルバックパック 3P の

 

「3P」って何?

ということなんですが、

 

メインバッグ本体の両側面にサブバッグが2つついていますので

 

「3P」ということになります。

 

実際にサイバトロン社の公式HPでは3P仕様ではない

タクティカルバックパックも販売されています。

 

▼こちらは送料込みで¥5,280(税込み)です。

出典:seibertron.jp/37l-backpack

 

通勤や普段使いのリュックとしてご使用になりたい場合は、サイドバッグがないものもオススメ!

 

ちなみに普段使いならワンサイズ小さい27Lもあります。

 

ただこのバッグ、メインバッグ37Lで、

さらにサブバッグ(各5L)がついていますので、

 

一般利用においては少しかさ張るかもしれませんね。

 

ちなみにサイズ感のイメージですが、

よく学生さんが背負ってる「ザ ノースフェイス  BCヒューズボックス」。

このリュックで30Lなので、

 

サイバトロンタクティカルバックパック3Pのメインバグのみで37Lという仕様は、

このバッグが見た目よりかなり大きいということが分かりますよね。

 

メイン + サブ の合計47Lなので、

 

沢山の荷物をパッキングしたいキャンプ用バッグとしては

とてもオススメのサイズですよね。

画像提供:Sho -go△様

/@SHOGO71759825(Twitter)

 

サイバトロン タクティカルバックパック 3P ポケット

サイバトロンタクティカルバックパック3P のポケットは

 

全部で6箇所!

 

▼メインポケット

 

▼各種サブポケット(5つ)

これだけあればパッキングの際にカテゴリー別に収納出来て便利ですよね。

出典:seibertron.jp

でもポケットが多くて整理整頓が出来ないめだゆんさんには不向きね!
めだちる
めだゆん
魔のブラックホール仕様やでぇ~💦

 

サイバトロン タクティカルバックパック 3P MOLLEシステム

サイバトロン タクティカルバックパック 3P いや、ミリタリーバッグの特徴ともいうべきMOLLEシステムについて。

 

MOLLEシステムってなに?

MOLLE(モール)とは、「Modular Light Load-carrying Equipment」

モジュラー軽量耐荷重機器の頭文字による略称)で、

1997年以降アメリカ軍が採用している個人装備システムのことをいう。

アメリカ軍やイギリス軍、

一部のNATO加盟諸国で使用されている現行型の耐荷重装備およびバックパックを定義するために使用される。

引用:wikipedia/MoLLE_System

 

 

つまりMOLLEシステムとはバッグを拡張するために

 

本体各部位に縫い付けられている帯(テープ)のことです。

 

このアタッチメントシステムのことをPALSウェビングといいますが、

 

単にウェビング(ウェビングテープ)と言ったりもしますね。

 

従来、兵士が装備品(弾倉やキャンティーンボトルなど)の携行のために

 

多種多様の拡張を施すためのシステムなので、

 

バックパックキャンプにおいても工夫次第では様々な荷物を携行するのに最適なシステムといえます。

 

サイバトロン公式でもMOLLEシステム対応製品との互換性について

 

MOLLE対応ですのでお手持ちのMOLLE対応アイテムを組み合わせてご利用いただけます。

 

との記載があるため、他社製との互換性もありそうですね!

 

▼本体正面のMOLLEシステム

 

▼側面にもウェビングテープがあしらってあり、手斧などハンマーなどの柄の長いものが収納可能。

画像提供:ぴっぴ様/@chu_pippi様(Twitter)

 

サイバトロン タクティカルバックパック 3P 各種ギミック

続いてはサイバトロン タクティカルバックパック 3P の

 

細部のディティールについて確認していきましょう。

出典:seibertron.jp

  1. ショルダーストラップのDリング(左右)
  2. 撥水性と耐摩耗性に優れた900Dポリエステル素材
  3. MOLLEシステムのウェビング
  4. 厚く、耐久性に優れたSBSミリタリーグレードのジッパー
  5. 寝袋やフロアマット収納用のボトムストラップ
  6. 持ち運びが便利なバックパックハンドル
  7. フックとループを備えたハイドレーションコンパートメント
  8. 人間工学に基づいてデザインされたメッシュパッド
  9. 調節可能なチェストベルト(60インチのバストまで適用)
  10. ライフホイッスルバックル
  11. 丈夫で長持ちなKAMバックル
  12. 調節可能なウエストベルト(55インチのウエストまで適用)

 

サイバトロン タクティカルバックパック 3P の特徴

サイバトロン タクティカルバックパック 3P はミリタリー感満載で、

 

こと男性諸君におかれましてはワクワクがほとばしる商品ではないでしょうか。

 

ここからはそんなサイバトロン タクティカルバックパック 3Pの

『めだゆん的、ここが最高ポイント!』

についてお話していきます。

 

めだゆん的、ここが最高ポイント

  1. とにかくカッコイイ
  2. MOLLEシステムによる拡張性の高さ
  3. パッカーンシステムの利便性
  4. 納得の堅牢性
  5. 収納性抜群のポケット
  6. 高コスパなバックパック

それでは各々について確認していきましょう。

めだゆん
さぁ!オレの解説についてこれるかな!?
いいから早くやってください。
めだちる

 

① とにかくカッコイイ

画像提供:みりん様/@mirinCamp(Twitter)

 

まずは見た目がカッコいいですよね。

男性ならこのミリタリーテイストに惚れ込んじゃう方は多いはず。

画像提供:カッキー様@miyabipi(Twitter)

 

このバッグを背負って野営スタイルなんて想像しただけで、

これから冒険が始まるニオイしかしないですよね!

 

② MOLLEシステムによる拡張性の高さ

サイバトロン タクティカルバックパック3P の特徴ともいうべきMOLLEシステムによる拡張性の高さ。

 

アナタの使い方次第でこのシステムによる拡張性は無限大です。

画像提供:おーちゃん様/@campftw(Twitter)

 

またサイバトロン純正品で互換性のある製品を組み合わせることが出来ます。

出典:seibertron.jp/waist-bag

 

MOLLEシステムにカラビナやグリムロックなんかを取り付けて何かをぶら下げることも出来ますし、

 

太めのウェビングテープには火箸やトングなども引っかけて持ち歩くことが出来ますね!

 

画像提供:InuKen様/@inuken1975(Twitter)

 

 

③ パッカーンシステムの利便性

一般的なリュックであればジッパーの開口は半分(よりやや狭い?)くらいだと思います。

 

サイバトロン タクティカルバックパック3Pのメイン収納のジッパーは

 

『パッカーーーンッ!!』

(フルオープンに)出来ます。

 

コンパクトシュラフや少し大きめの荷物も出し入れしやすいですよね。

 

 

ちなみにシュラフのサイズイメージはコチラから。

 

めだゆん
幼稚園の遠足で、オヤツでリュックがパンパンになってたのを今思い出した・・・!!

沢山荷物を詰め込んでもこれだけ開けば出し入れで困ることはなさそう・・・。

 

④ 納得の堅牢性

サイバトロン タクティカルバックパック3P はミリタリーバッグ仕様なので、強度性能にも定評があります。

 

サイバトロン タクティカルバックパック3Pのメイン素材で使用されている生地は防水900D。

 

  D(ディー)って何?となった方もいらっしゃると思います。

 

D(デニール)とは

デニール (denier, 記号:D)とは、使用される糸の太さを表す単位のこと。

9000M(メートル)に対しての質量(g)で表す。

 

 つまり、900Dだと

 

9000Mの糸の質量が900g

 

という意味になります。

 

サイバトロン タクティカルバックパック3Pは900Dでめちゃくちゃ頑丈なうえ防水仕様です。

 

ジッパー部には防水機能がないのでその点は注意が必要ですが、

 

荷物が多いキャンプにおいてはサイバトロン タクティカルバックパック3P の900Dであるというアドバンテージは大きいと思います。

 

⑤ 収納性抜群のポケット

サイバトロン タクティカルバックパック3Pは収納ポケットが多くとにかく便利。

特にキャンプでバックパックにパッキングをする場合、ギアの種類も多くなるので、

 

バッグからの出し入れも容易にできる方が良いですよね。

 

収納の区分けが多いとそれだけ用途別にギアを振り分けることができるので、

 

使いやすさ利便性もGOODです。

 

カラー展開もカーキとブラックがあるため、

 

ブラックなんかはビジネス利用でも全然いけそうですね。

カーキ

ブラック

 

⑥ 高コスパなバックパック

彦G氏も語っていましたが、

ライバルとしてはDD HUMMOCS JPのDD Bergen Rucksack。

 

機能性はやや劣るものの、サイバトロン タクティカルバックパック3P の

コスパを考えるとこちらに軍配がある。

 

▼ミリタリーバッグについての比較

製品名 ※価格 容量
サイバトロン  ¥8,280 計47L
DD Bergen Rucksack ¥26,062 計55L
Karrimor Predator Patrol ¥44,000 45L

※確認当時(2021/05)製品の販売時期により変動あり

 

この価格差をどのように感じるかは人によって違うと思いますが、

口コミの良さを考えると十分なコスパ製品と言えるでしょう。

 

サイバトロン タクティカルバックパック3P 気になる点

ここまでお話ししたように、サイバトロン タクティカルバックパック 3P は

 

止むことのないワクワクを感じさせる良い製品だと思いました!

 

めだゆん
だけども気になる点も無くはない!

ということで、ここからはめだゆんが気になったポイントについて、

はばかりキャンプ彦G氏に聞いてみました!

 

生地の質感や縫製について

先にもお伝えしたように、サイバトロン タクティカルバックパック 3Pは900D防水生地を採用。

 

価格もお手頃なので、実際の生地の厚みが気になってしまいます。

お手頃価格なんで、薄っすい生地とかじゃないですよね??
めだゆん
彦Gさん
彦Gさん

決して薄いとかはないですよ。

印象としては結構硬めの生地なのかな。

質感は値段を考えると非常に良いと感じますよ!

縫製の具合はどうですか?ほつれなどはありませんか?
めだゆん
彦Gさん
彦Gさん

私も購入時は縫製が気になりました。

レビューなどで酷評されている方も多いように感じていましたし。

ボクも色々調べているとレビューでのコメントがちらほらと。

実際にはどうでしたか?

めだゆん
彦Gさん
彦Gさん

製品が届いて最初に縫製が気になって直ぐ確認したんですが、

素人目で見る限りはしっかりと縫製されている印象ですよ。

多分皆さんこの縫製部分が気になっていると思うので、

良い情報が聞けて安心しました。

めだゆん

 

コンパートメントや実際のサイズ感について

サイバトロン タクティカルバックパック 3P の特徴である収納性。

 

コンパートメント(各ポケットによる仕切り)が多く、実際の使用時に利便性はどうか。

サイバトロンはポケットが多いですが、かえって使いにくいなんてことはないですか?
めだゆん
彦Gさん
彦Gさん

実は私、あまり整理は得意な方じゃないんですよ。ww

でもそんなに使いにくさは感じませんでしたね。

なるほど。取り扱いに関して、不便な点はありますか?
めだゆん
彦Gさん
彦Gさん

サイドバッグが装着されているときはサイドバッグ側のロックを外さないと、

サイドバック側のロックに引っかかってメインポケットが全開に出来ないんですよ💦

お人によってはマイナスポイントかもしれませんね。
めだゆん
区分けされていることで、各ポケットの収納サイズが小さく感じるという意見もあるようですが?
めだゆん
彦Gさん
彦Gさん

区分けされていることによる収納サイズの変化は感じませんよ。

メインバッグの収納スペースは鉄板や薄型の焚き火台なども収納しやすくて、

区分けしてあることでの影響はあまりないと思いますよ。

では区分けしてあることでのデメリットはないですか?
めだゆん
彦Gさん
彦Gさん

強いて挙げるなら、サイズはある程度限定されますね。

ご自分のパッキングしたいギアのサイズとバッグのサイズを予め確認しておく方が良いと思います。

生のレビューコメント、とても参考になりました。

ありがとうございました!

めだゆん

 

サイバトロン レビュー動画

もう一度動画をチェックしたい方はコチラ!

ページへジャンプします。

 

おわりに

今回はアウトドアでバックパックを導入してみたい皆さんには魅力的な製品である

 

サイバトロン タクティカルバックパック 3Pについてのレビュー記事でした!

 

また今回はSNSを中心に大活躍中のキャンプ系YouTuber

 

彦G・KEIの二人が織りなす笑いのハーモニーが魅力的な『はばかりキャンプさん』との連携企画でした!

 

笑いあり、涙あり、冒険あり、そして時に突き刺さるKEIさんのツッコミと

 

笑いのファンタジスタこと彦Gさんの悶絶お笑いトークが最高に楽しい

 

『はばかりキャンプ』さんの応援、よろしくお願いしますね~☆

めだゆん
よし!早速チャンネル登録やでぇ~!

公式YouTube:はばかりキャンプ

Twitter:はばかりキャンプ 彦G @G07291777

 

めだゆんブログもよろしく☆
めだちる

Twitter     : @medayoonblog

Instagram: medayoonblog

 

-キャンプ, レビュー