キャンプ コラム

デイツ80ハリケーンランタン レストア全記録 #7【キャンプギアレビュー】

めだゆんブログ|キャンプギア&ガジェットのレビューブログ - にほんブログ村

 

どもども!

今回はボクの所有しているビンテージランタン

 

【デイツ(DIETZ)No.80 BLIZZARD】

 

のレストア記録、第7話【オイルタンクの穴補修】になります。

 

 

デイツ80ハリケーンランタン レストア

お疲れ様です!

 

皆さん、キャンプは楽しんでおられますか!

 

この記事を執筆しているのが現在8月1日で

 

まさに夏真っ盛り!

 

とても暑い日々が続きますが、くれぐれもご自愛くださいませ。

どうしたの?めだゆんさん?いつもなら面白くないボケを言ったり、露骨にブログ記事の宣伝をしたりするのに。
めだちる
めだゆん
おいおい、それは言い過ぎでは…。ちょっと気持ちがLow(ロー)になっててね⤵
大丈夫?普段元気だからとても心配になるね…
めだちる
めだゆん
ありがとう、めだちるさん。こんなローな時は少し椅子で休めば元気になるよ。

 

▼そう…!!ローなイスと言えばローチェア!

ローチェアならQUICK CAMP(クイックキャンプ)さんのウッドローチェアがオススメ!

QUICK CAMP(クイックキャンプ)ローチェアQC-WLCレビュー【キャンプギア】

どもども! めだゆんブログ、めだゆんです!   今回はQUICK CAMP(クイックキャンプ)のローチェア【ウッドローチェア QC-WLC】のレビュー記事になります。 [toc] &nbsp ...

続きを見る

はい、出ましたぁ⤵心配して損したよ!
めだちる
めだゆん
暑い夏はローチェアで寛いで乗り切りましょう!

 

▼激ロー(低重心)がお好みならコチラ

ロゴスあぐらチェア全6種類を徹底比較【キャンプギアレビュー】

目次 はじめに LOGOS【あぐらチェア】とは LOGOS【あぐらチェア】全6種 あぐらチェアプラス SNOOPY あぐらチェア LOGOS Life ハイバック あぐらチェアプラス キングあぐらチェ ...

続きを見る

 

▼DOD大人気チェアはコチラ

【キャンプギア】スゴイッスレビュー!スワルスエックスと比較Vol.1

目次 DOD スゴイッスとは? DOD スゴイッスのスペック DOD スゴイッス 口コミ DOD スゴイッスの特徴 DOD スゴイッスとスワルスエックス比較 まとめ   どもども! めだゆん ...

続きを見る

 

▼コールマンの大人気ハイバックチェアはコチラ

レイチェア口コミまとめ【キャンプギアレビュー】

どもども! 管理人のめだゆん@medayoonblogです!   今回は以前ボクが購入したデラックスレイチェアがとても良い商品だったので、 子供用チェアにもレイチェアを購入しようかと検討して ...

続きを見る

 

それでは今回もがっつりと宣伝したところで、デイツ80ハリケーンランタン レストア全記録の続きをやっていきましょう!

 

デイツ(DIETZ)No.80 BLIZZARD

製品名 DIETZ No.80 BLIZZARD
種類 オイルランタン
芯幅 替芯21mm7分芯 0.5m付
タンク容量 930ml
連続燃焼時間 27時間
めだゆん
実家に眠っていたDIETZ80をレストアすることになったよ💦
初めから見たい方はコチラから!
めだちる

 

 

前回のあらすじ

前回はSTEP.6【本磨き作業】へと進んで参りました。

 

その前に施工したタンククリーナー[花咲かG]が優秀だったので、サビッサビのボクのデイツ(DIETZ)No.80がこの通り!

 

▼放置してあったデイツNo.80(左)と[花咲かG]施工後のデイツNo.80(右)

めだゆん
こう比べてみると本当にキレイになったね!

 

上の写真(右)は事前に荒磨きしたうえで[花咲かGタンククリーナー]に浸漬しました。

 

荒磨きしただけではサビが完全に取り切れない状況であったのと、タンク内のサビが酷く残っていたので[花咲かGタンククリーナー]を使用することにしました。

 

▼[花咲かG]を使用する前のタンクのサビ。

 

▼[花咲かG] 施工後のタンクの状態。

 

冗談抜きでめっちゃキレイになるんで、金属サビを取りたいとご検討の方は是非ご検討ください!

これ一つでサビ取り&防サビ!

created by Rinker
花咲かG(Hanasaka G)
¥4,064 (2021/10/25 14:39:55時点 Amazon調べ-詳細)

 

詳しい使用方法や注意点、使用例などは第5話で解説していますので、是非ご覧になってください。

 

それからそれから・・・

 

そしてタンククリーナー後にサビがめっちゃキレイになってStep.6【本磨き作業】を進めていたところ

 

なんと本体のいたるところに穴を発見!!!

めだゆん
うわぁ、面倒なことになったなぁ⤵

 

うなだれていても仕方ない・・・。

 

ここまでキレイになったので、もう後には退けません。

 

ということで今回のテーマは【オイルタンクの穴補修】をやっていきます!

 

 

本日の工程【オイルタンクの穴補修】

それでは今回の本題【オイルタンクの穴補修】に参ります。

 

先ほどご覧いただいたようにいたるところに穴が点在しておりますので、現状確認できているタンク穴の補修をしていきたいと思います。

 

▼今回補修に使用したのはこちら。

 

コチラの接着剤は2液混合型エポキシ樹脂接着剤】というもので、ペースト状の本液と硬化剤を混ぜ合わせることで強力に硬化するものになります。

 

今回補修していく穴の径が細かく、さらに複数ポツポツと点在していることに加え、タンク内部にまでパテがしっかりと埋まってくれることを期待してこのタイプの接着剤を選びました。

 

強力な穴うめ剤で施工も簡単!

created by Rinker
J-Bウェルド(J-B Weld)
¥1,300 (2021/10/25 09:25:19時点 Amazon調べ-詳細)
  • 硬いものなら接着可能(鉄、アルミ等金属全般、ガラス、100%プラスチックなど)
  • 耐熱温度:摂氏300度
  • 抗張力:300kgf/㎠
  • 耐油、耐薬品も強くエンジン/バッテリー周辺使用可
  • 異なる素材同士の接着も可能。

詳しくは取り扱い代理店:(株)隆成コミュニティ

 

実際の混合液はコチラになります。

 

パテに比べると明らかにゆるくて液体より硬い感じです。

めだゆん
ボンドくらいの硬さですね

 

混ぜた2液がムラにならないようにしっかりと練っていきます。

 

後は補修したい箇所に塗付するだけです。

 

▼垂れるまではいきませんが、パテほど硬くはないのでヘラなどで均しながら塗っていきます。

 

接着剤が硬化してから塗付面を再度キレイにする予定なので、この時点では少し厚めに接着剤を盛っていきましょう!

 

J-B オートウエル(AW20Z)の取り扱いに

 

硬化開始まで30分、実用硬化まで6時間。

完全硬化まで24時間以上。

 

とありますので、1日放置。

 

乾燥後、1日経過・・・

 

それでは乾燥後の状態を確認していきます。

 

 

乾燥時の環境によって硬化の状況(硬化速度)は変動すると思うですが、ボクが施工したのは6月上旬。

 

塗付後5‐6時間ではプニプニした状態でシリコンみたいな柔らかさだったものが、1日経過後にはカッチリと固まっていました!

 

ですが現状で全ての穴が塞がっているのかは確認してみないことには分かりません!

 

なので補修が済めばタンク補修が問題ないのかを検証する必要があります。

 

▼とりあえずタンクに水を入れてみる。

オイルを入れてからポタポタ漏ってくるようでは使い物にならないよ!
めだちる
めだゆん
ちゃんと穴埋めしたし大丈夫っしょ!

 

▼タンクを水で満タンにしていきます。

 

▼このように漏れてきたら失敗ですね。

めだゆん
冗談だと言ってくれ…💦

 

どの程度(どれくらいの水嵩)で漏れ出てくるかを確認をすることにしました。

 

▼タンク内に水を入れてとりあえず放置することに。

 

・・・・・・・

 

放置すること1日・・・

 

1日経過後にはこうなりました。

 

▼ダダ漏れやないかぁ~い!!

ビニール袋にしっかりと水が漏れ出ていますね。

 

再びタンクの漏れてくる箇所を確認します。

 

▼漏れ確認をすることで目に見えない修繕箇所が見つかります。

 

▼写真中央のタンクとパイプの継ぎ目部分に穴が・・・💦

 

穴を見つけたら接着剤を再度塗っていきます。

めだゆん
あとはこの作業の繰り返し💦

 

タンク漏れの穴補修と乾燥、穴補修と乾燥・・・。

 

この工程をボクは3度繰り返してとりあえずタンク漏れは問題がないと判断しました。

 

再びヤスリがけをコツコツと・・・。

 

接着剤を盛った表面は凸凹しているので見た目をキレイにするためにヤスリがけが必要です。

 

ヤスリがけのくだりは(書くのも)退屈なので省略します。

 

「そう。心を無にして磨き続けるんだ・・・。」

 

一応ここまでの手順の確認です。

タンク穴埋めの流れ

  1. 穴の確認
  2. 接着剤の塗付
  3. 乾燥(接着剤硬化)
  4. 水漏れの確認
  5. ヤスリがけ

 

水漏れがあった場合には再度穴補修を繰り返す地味な作業が続きます。

 

 

当初、オイルタンクの穴補修をどちらかの業者さんで請け負ってもらえないかと考えましたが、

 

大手のメーカー様は基本的にタンク漏れが発生した場合、

 

【補修は行わず交換する】

 

というのが基本原則のようなので、自分で補修を行いました。

 

注意

ランタンはもちろん火器なので、タンク漏れから大事故(火災事故など)に繋がる恐れがあるため十分にご注意ください。

 

※ なお、ボク個人としてはランタンのオイルタンクの修繕に関して奨励しているわけではありませんので、もし修繕をご検討の際はくれぐれもご注意のうえ自己責任でお願いいたします。

 

【オイルタンクの穴補修】はひとまずこれにて一件落着!

 

今回はこのへんで。

 

【デイツ(DIETZ)No.80 BLIZZARD】

DIETZランタンNo.80

 

いつもご覧いただきましてありがとうございます。

 

下記のリンクからSNSもフォロー頂けると幸いです。

 

次回も是非お楽しみに♪

 

それでは皆さん、良きCAMP LIFE を~☆

 

下地塗装(プラサフ)の塗装作業に参ります!

レストア記録#8を見に行く

プラサフの必要性についても解説!

前の記事に戻る

 

Twitter     : @medayoonblog

Instagram: medayoonblog

 

 

スポンサーリンク

 

めだゆん
こちらもポチッとお願いします♪

PVアクセスランキング にほんブログ村

めだゆんブログ|キャンプギア&ガジェットのレビューブログ - にほんブログ村

 

 

 

-キャンプ, コラム