※当ブログはアフィリエイト広告を利用しています。

アーカイブ バックパック・アパレル

Mardingtopミリタリーバックパックレビュー

めだゆん

キャンプギアとコスパ系ガジェットをレビューしています。 SNS(X:旧Twitter,Instagram)ではキャンプ関連の投稿をしています。是非チェック&フォローお願いします♪ レビューのご依頼はお気軽に「お問い合わせ」またはSNSのDMへどうぞ!

どもども!

めだゆんブログ、めだゆんです!

 

今回は是非皆さんにご紹介したいハイコスパなミリタリーバックパックのお話です。

 

これからバックパックキャンプを挑戦してみたいアナタ!必見ですよ!

 

Mardingtop(マーディングトップ)ミリタリーバックパック レビュー

 

改めまして、おはこんばんちは!

 

「無骨スタイルにはミリタリーが良く似合う!!」

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

@medayoon_campがシェアした投稿

 

どもども、当ブログ管理人のめだゆんです。

 

皆さんはすでにバックパックキャンプをされていますか?

 

それともこれからバックパックキャンプを始めるところですか?

 

そのどちらにせよバックパックキャンプにご興味がアリアリなアナタに是非ともご紹介したいバックパックブランドがございます!

 

その名も

 

【Mardingtop(マーディングトップ)】

 

日本ではヒロシさんが愛用されている[サイバトロン]のタクティカルバックパックが非常に有名どころかと思いますが、

サイバトロン タクティカルバックパック3P レビュー

今回はハイコスパでカッコいいミリタリーデザインのバックパック、【サイバトロン タクティカルバックパック3P】のレビューです!   サイバトロン タクティカルバックパック3Pとは 今回は【サイ ...

続きを見る

 

そのサイバトロンにも引けを取らないくらいオススメしたいのが今回ご紹介する【Mardingtop(マーディングトップ)】のバックパックになります!

 

もしアナタがこれから初めてのバックパックキャンプに挑戦したいとお考えであれば、バック購入前にまずはコチラの記事でサイズの選び方をチェックしてみてくださいねぇ~♪

バックパックキャンプ サイズ(容量)選び方を解説!

どもども! めだゆんブログ、めだゆんです!   今回は   【バックパックのサイズ(容量)選び方】   について僕の所感を含めて解説していこうかと思います!   ...

続きを見る

 

Mardingtop(マーディングトップ)って?

Mardingtop Outdoor Equipment Co.,Ltd はラゲッジ メーカーであり、さまざまなタイプの内部フレーム バックパック、タクティカル バックパック、小型ツール ポーチ、タクティカル ギアなどに重点を置いており、ジャングル アドベンチャーの仲間や戦術愛好家にプロフェッショナルな製品を提供しています。

引用:mardingtop.com

 

【Mardingtop(マーディングトップ)】は中国に本籍のある会社で、ミリタリー関連のバックパックを中心に、そのほかアウトドア用品や登山・ハイキング製品などアウトドア関連のグッズを多数取り扱っています。

 

Mardingtop(マーディングトップ) は1986年に設立され、現在は主にEU諸国やアメリカでの販売実績を築いています。

 

もちろん日本での商標登録もされており、大手ECサイトのAmazon,楽天,Yahooショッピングでも取り扱いがあるので安心してご購入いただけるブランドさんです。

 

Mardingtop(マーディングトップ) ミリタリーバックパック

僕自身も最近【Mardingtop(マーディングトップ)】の製品を入手して、すでに実際にキャンプで使用しています。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

@medayoon_campがシェアした投稿

 

ちなみに僕が所有しているバックパックは計3つ。

めだゆん愛用中

  • Mardingtop75Lタクティカルバックパック
  • Varmland Rucksack(FJALLRAVEN)
  • Singi48(FJALLRAVEN)

 

Varmland Rucksack(Fjallraven)
 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

@medayoon_campがシェアした投稿

created by Rinker
FJALL RAVEN(フェールラーベン)
¥29,920 (2024/05/18 12:13:27時点 Amazon調べ-詳細)

▼Varmland対応のサイドポケット

 

Singi48(Fjallraven)
 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

@medayoon_campがシェアした投稿

▼Dark Olive

created by Rinker
FJALL RAVEN(フェールラーベン)
¥38,000 (2024/05/18 08:13:05時点 Amazon調べ-詳細)

▼Stone Grey

created by Rinker
FJALL RAVEN(フェールラーベン)
¥38,000 (2024/05/18 08:43:28時点 Amazon調べ-詳細)

 

Fjallraven(フェールラーベン)は皆さんも良くご存じのアウトドアウェアブランドかと思いますが、スウェーデンの会社で北極ギツネがアイコンのオシャレなブランド。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

@medayoon_campがシェアした投稿

アースカラーの柔らかな風合いとコットンに近いG-1000 というオリジナルの生地を使用した、アウトドアの過酷な環境でも安心して荷物を携行できる頑丈なつくりの製品が魅力です。

 

約50Lバックパックのサイズ感

その中でも【Singi】はキャンパーさんにも大人気のバックパックで、ブッシュクラフト系キャンパーから絶大なる支持を得ているバックパックになります。

 

僕が所有しているのは【Singi48】で48Lの容量になります。

 

ちなみに【Singi48】でのキャンプはコチラ。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

@medayoon_campがシェアした投稿

 

この日はデイキャンプだったためシュラフなどの寝具はなし

アメリカ軍のビンテージパップテントを持っていったのですが、【Singi48】でもパッキングはギリギリ…

 

泊りの場合はシュラフなども必要なため、このサイズのテントを携行する場合は50Lだけでは少し容量が足りないかな、というサイズ感です。

 

メインのテントを軽量のものにしたりタープ泊にすることで対応は可能になりますが、冬場のキャンプで寝具や防寒着・ブランケットなどのファブリックを持っていく場合は最低でもこれくらいのサイズ(50L前後)は必要かと思います。

 

Mardingtop75Lのサイズ感

 

僕が所有しているMardingtop75Lタクティカルバックパックはミリタリー感溢れるビジュアルの大型バックパックです。

 

このサイズになると「極端に制限しなくてもパッキングは楽に行える」かと思います。

 

ちなみにこのバックパックでキャンプした装備のイメージはこんな感じ。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

@medayoon_campがシェアした投稿

 

[ポーランド軍幕]というテントを使用しましたが、先ほどの[US PUPテント]よりはコンパクトなのでパッキングもスムーズに行えました。

ポーランド軍幕サイズ3レビュー【キャンプギア】

どもども! めだゆんブログめだゆんです!   今回はボクが最近購入した軍幕【ポーランドポンチョテント(サイズ3)】をレビューしていきます!   ポーランド軍幕サイズ3レビュー はじ ...

続きを見る

 

この日はOutdoorShopOrange別注の【NANGA Originalシュラフ750】も持って行ったので宿泊も対応可能な荷物量でしたが、Mardingtop75Lバックパックなら楽にパッキングが出来ました。

 

特に実際使用してみて思ったのが

 

「MOLLEシステムが搭載されているミリタリー系バックは外付けのポテンシャルが高い」

 

バッグ内に収まらない荷物は外付けのポーチを追加したりそのまま道具を括りつけたりできるので、スペックに表記されている容量以上に荷物が積載できます。

 

重量級のバックパックキャンパーの中には100L超えの猛者も沢山いらっしゃいますが、荷物が多いと当然背負った時の労力も増えますので、そこはご自身の体力とご相談ください。

 

めだゆん
マルチに対応するなら60L前後が使いやすいかなぁ~

 


それではここからが本日の本題。

【Mardingtop(マーディングトップ)】のミリタリーバックパックをサイズ別にご紹介していきます!

 

Mardingtop(マーディングトップ)ミリタリーバックパックの特徴

製品をご紹介する前に、【Mardingtop(マーディングトップ)】のミリタリーバックパックの主なスペック特徴についてご紹介しておきます。

 

  • 無骨な3色カラー展開
  • 多彩なコンパートメント
  • 拡張可能なMOLLEシステム
  • 600D防水ポリエステル素材
  • 信頼のYKKファスナー・バックル

 

無骨な3色カラー展開

【Mardingtop(マーディングトップ)】のミリタリーバックパックのメインカラーは3色。

展開カラーは

選べる無骨なカラー3色

  • [アーミーグリーン]
  • [カーキ]
  • [ブラック]
  • [マーディングトップ] 50L / 65L バックパック 大容量 登山 リュック タクティカル パック ミリタリー リュックサック キャンプ トレッキング 旅行 防災 レインカバー付き

どのカラーもミリタリー色としては定番でお好きな方も多いんじゃないかと思います。

アーミーグリーンに関してはSavottaのオリーブ色よりはやや明るめかと。

 

多彩なコンパートメント

【Mardingtop(マーディングトップ)】のミリタリーバックパックはコンパートメントごとに仕切られた仕様になっています。

ポケットの主な区画

  1. メインコンパートメント
  2. ボトムコンパートメント
  3. ハイドレーションコンパートメント
  4. フロントポケット
  5. セカンドポケット
  6. トップキャップジッパーポケット
  7. ヒップベルトポケット

各部のコンパートメントごとに区切られていることで荷物の仕分けがしやすくなっていて、収納しておく場所を決めておくとパッキングや取り出しの作業がスムーズに行えます。

 

常時携行するキャンプギアなど、ほぼ出し入れしないものに関しては入れっぱなしにしたまま収納が可能なので、キャンプからの帰宅後の荷物整理も楽です。

 

拡張可能なMOLLEシステム

【Mardingtop(マーディングトップ)】に限らずですが、ミリタリー系のバックパックにはMOLLEシステムというウェビングテープが格子状になったものが取り付けられている場合が多いです。

これは従来、軍隊の兵士が弾薬ポーチや水筒などのモジュールを容易につけ外し出来るように考案されたもので、現在でも多くのミリタリー製品にMOLLEシステムが採用されています。

 

これはキャンプ用のバックパックにもかなり有用な仕様で、荷物の量に応じて外付けのポーチやテープで容量を拡張することに役立ちます。

 

MOLLEシステムの格子状のウェビングテープの間隔は規格化(統一)されているため、MOLLEシステム対応の製品であればサードパーティ製の製品でも取り付け可能です。

 

ご自身の好みに応じてカスタム・拡張が可能なのは嬉しいですよね!

 

600D防水ポリエステル素材

【Mardingtop(マーディングトップ)】ミリタリーバックパックの生地には600D防水ポリエステルが採用されています。

 

4-5円クラスのバックパックには1000Dのコーデュラナイロン製生地を採用した製品もあり、そういった製品などと比較するとやや厚みの物足りなさは感じますが、

created by Rinker
SAVOTTA
¥33,000 (2024/05/18 05:41:23時点 Amazon調べ-詳細)

 

お手軽にキャンプで使用したい、なるべく価格を抑えたいという方には【Mardingtop(マーディングトップ)】がとてもオススメ!

 

どの製品も1万円前後で購入可能で、各部の縫製も問題なく使用できますよ!

 

信頼のYKKファスナー・バックル

ファスナーといえば「YKK」ってくらいあらゆる製品に採用されているファスナーが【Mardingtop(マーディングトップ)】の製品にも使われています。

 

どれくらいメジャーなファスナーなのかというと

国内市場の95%、世界でも45%のシェアを誇るファスナー

 

だそうですよ!

 

「YKK」というのは[吉田工業株式会社(Yoshida Kogyo Kabushikikaisha)]の略称です。

 

【Mardingtop(マーディングトップ)】は国内企業ではありませんが、国外企業の製品にも日本の技術が採用されているのは嬉しいですよね♪

 

YKKファスナーのシェアが高い理由は壊れにくさとファスナー自体の操作性の高さ、つまり高品質であることです。

 

かの有名な「NANGA(ナンガ)」のシュラフにもYKKと共同開発されたファスナーが採用されているなど、その実績は折り紙付きです。

 

 

それでは超絶前置きが長くなっちゃいましたが、【Mardingtop(マーディングトップ)】のミリタリーバックパックをサイズ別でご紹介していきたいと思います!

 

25L/40L Tactical Backpack

フロントポケットおよびサイドポケットにウェビング式のMOLLEシステムが設定されています。

ウレタン系マットやシュラフなどを吊り下げるのに便利なボトム部のウェビングも付いています。

コンパートメントの種類も多く、仕分けに便利な仕様です。

 

25Lならハイキングや日常使いに、40Lであればデイキャンプでもバッチリ対応できるサイズ感かと!

■25L

■40L

 

28L Tactical Backpack

コチラは28L容量のバックパックです。

本体前面のコード(伸縮式)には道具類を吊り下げたりとめておくのに便利です。

サイズはコンパクトでありながらもコンパートメントの種類の豊富さや拡張性など、このサイズ感でも活躍の幅は広いかと。

 

28L/35L Tactical Backpack

コチラは容量28/35Lのタクティカルバックパックです。

 

コチラの製品には前面パネルおよびサイドポケットにウェビングシステムが搭載されています。

バックル式のベルトも付いているのでコード式のタイプより固定性が高いのもポイントですね。

 

コンパクトな日帰りのデイキャンプや、普段使いにも最適なサイズです!

■28L

■35L

 

Mardingtop 50L Internal Frame Backpacks

ここからは少し大型のバックパックをご紹介していきます。

この製品は50L容量のタイプで、前面のフロントパネルがジッパーで大きく開くのでバッグ内の荷物の出し入れも簡単に行うことが可能です。

メインコンパートメントの他に、トップキャップにもポケットがあります。

またメインコンパートメント上部には5Lの容量を追加することが可能な収納スペースが設けられており、荷物のサイズや量によって調整もしやすい仕様ですね。

 

Mardingtop 60L Internal Frame Backpacks

コチラは60L容量のミリタリーバックパックです。

ポケットが多彩に設定されているタイプで、細かく分けてパッキングしたい方に最適な製品かと。

予めポケットが沢山あるので追加でポーチなどを購入しなくてもそのままでも十分機能します。

フロントパネルにはMOLLEシステムがあるのでもちろん外付けの拡張は可能。

あえて欠点をお伝えするならサイドポケットがあるので長物のギアは取り付けしにくい仕様ですね💦

 

Mardingtop 65L Internal Frame Backpacks

コチラは先ほどの製品に前面ポケットが追加された65Lのバックパックです。

全体のサイズも一回り大きくなり、ヒップベルトにもメッシュポケットが付いています。

このサイズくらいになると1泊のキャンプでも安心してご利用いただけるサイズ感かと。

日ごろから荷物の多い方ならMOLLEシステムを利用してポーチ類を拡張するのもオススメですね!

 

Mardingtop 75L Internal Frame Backpacks

この製品は僕自身も所有しているものになります。

一見すると先ほどの65Lのタイプとそれほどサイズに違いはないように見えますが、この製品は両サイドポケットにかなり大きな収納スペースが設定されています。

サイズも大容量なんですが、フロントジッパーによりメインコンパートメントもガバッと開くのもかなり使いやすいです。

コチラのサイズになるとショルダーストラップの高さを調整することが可能。

調整もベルクロ式で付け外しも簡単に行えるので、気軽に調整が出来るのもポイント高いです。

 

とにかく大きいですが、"大は小を兼ねる"です。

容量が余ってもフロントとサイドのベルトでコンプレッションすればいいので、荷物が多くなりそう…という方には是非オススメのサイズかと!

 

今回ご紹介した製品

25L/40L Tactical Backpack

■25L

■40L

28L Tactical Backpack
28L/35L Tactical Backpack

■28L

■35L

Mardingtop 50L Internal Frame Backpacks
Mardingtop 60L Internal Frame Backpacks
Mardingtop 65L Internal Frame Backpacks
Mardingtop 75L Internal Frame Backpacks

めだちる
SNSのフォローも是非お願いします♪

■めだゆんOfficialページ:コチラ

▶X(Twitter):めだゆん

▶Instagram:@medayoon_photocamper

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

@medayoon_campがシェアした投稿

 

おすすめ記事

▼バックパックキャンプのサイズを解説!

バックパックキャンプ サイズ(容量)選び方を解説!

どもども! めだゆんブログ、めだゆんです!   今回は   【バックパックのサイズ(容量)選び方】   について僕の所感を含めて解説していこうかと思います!   ...

続きを見る

 

▼バックパックキャンプにもオススメの焚火台

ソロストーブタイタン1年使った感想レビュー

  どもども! めだゆんブログ、めだゆんです!   今回は僕が愛用している   【ソロストーブタイタン】が購入してそろそろ1年が経過しようとしているので、   ...

続きを見る

 

▼バックパッカーにもオススメの火バサミ

ベルモントUL Hibasami火バサミ 軽量&コンパクト&使いやすい!【使用感レビュー】

  どもども! めだゆんブログ、めだゆんです!   今回は軽量&コンパクト&使いやすいベルモントの火バサミ【UL Hibasami】の実際の使用感についてレビューしていきます! & ...

続きを見る

 

▼軽量・メッシュ・低重心焚き火台

ウルトラライトファイヤースタンドの強度を高める設営方法!

  どもども! めだゆんブログ、めだゆんです!   今回はBushCraftInc.のフルサイズメッシュ焚き火台   【ウルトラライトファイヤースタンド】の設営レビューで ...

続きを見る

 

ブログ村ランキング参加中!

めだゆん
こちらもポチッとお願いします♪

 

めだゆんブログ|キャンプギア&ガジェットのレビューブログ - にほんブログ村PVアクセスランキング にほんブログ村

ブログ継続の励みになりますので、よろしくお願いします!

-アーカイブ, バックパック・アパレル